コミュニケーション

男性が「男らしさ」を実感できるのはどんな時でしょうか? DANTESは女性の存在が不可欠だと考えます。恋愛やセックスの関係とは別に、周りのすべての女性に「男らしい」と感じてもらえる大人の男の魅力を追求します。

「幸せホルモン」を出すパートナーとの相互マッサージ

コミュニケーション
コミュニケーション

「幸せホルモン」を出すパートナーとの相互マッサージ

「妻は女性というよりも家族としてみている」 既婚男性からよくこんな話を聞きます。パートナーとの生活が長くなって、家族の絆が強まれば強まるほど、かえって性的なスキンシップが減る方は多いようです。

なぜ「幹事」をすると10歳若返るのか?

コミュニケーション
コミュニケーション

なぜ「幹事」をすると10歳若返るのか?

改めて説明すると、「俺活」とは「僕や私ではなく俺を主語にした主体的な行動を始める」ことを言う。趣味で俺活を表現する人もいれば、ビジネスで俺活を発揮する人もいる。

HPVワクチンで子宮頸がんが救えることを知らない世代がいます

コミュニケーション
コミュニケーション

HPVワクチンで子宮頸がんが救えることを知らない世代がいます

桜の咲く頃に、ヒトパピローマウイルス(HPV)やHPVワクチンに関する知識を伝える広告が、東京のJR渋谷駅や原宿駅などに出現して人の目を惹き付けました。

中高年男性が「本当の自分」で生きたいなら「俺」を主語で動こう

コミュニケーション
コミュニケーション

中高年男性が「本当の自分」で生きたいなら「俺」を主語で動こう

「オレが将来やりたい“俺活計画”を聞いてくれ! 30分くらい時間ないか?」 旧友が突然ズーム会議を申し込んできた。彼はいま活躍中の政治家だが、「やっぱり俺活だよな。俺活しないといけない」と熱く語った。

不妊治療の保険適用範囲拡大でも課題は山積

コミュニケーション
コミュニケーション

不妊治療の保険適用範囲拡大でも課題は山積

4月から、不妊治療の保険適用の範囲が拡大されました。それにより、「体外受精」「人工授精」「顕微授精」などの治療が原則3割負担で受けられるようになります。30歳の私にとって他人事ではありません。同世代の友人たちはすでに産んでいたり、計画を立てたりしていて、この件は話題になりました。

つらい役職定年、ワクワクの役職定年、あなたはどっち?

コミュニケーション
コミュニケーション

つらい役職定年、ワクワクの役職定年、あなたはどっち?

「ああ、もうすぐ役職定年か〜」。"役定カウントダウン”が始まった途端に、やる気を失う人は多い。「今までのキャリアは何だったんだ?と自問自答してモヤモヤする」という話もよく聞く。そこで今回は「つらい役定カウントダウン」を「ワクワクの役定準備期間」に変える方法について紹介したい。

女性の大きな悩み「PMC(月経前症候群)」の諸症状とは?

コミュニケーション
コミュニケーション

女性の大きな悩み「PMC(月経前症候群)」の諸症状とは?

私はパートナーと生理日を共有しています。「生理は隠すべきだ」という風潮もあるので、びっくりする人もいるかもしれません。しかし、私にとって、いやすべての女性にとって「生理」は毎月必ず起こる体調変化です。

50歳過ぎたら深刻になる「何のために生きているのか」問題を解決する方法

コミュニケーション
コミュニケーション

50歳過ぎたら深刻になる「何のために生きているのか」問題を解決する方法

「何のために生きてるんだろう問題、最近よく感じるよ!」と自虐的に笑ったのは、某大手企業のエリート管理職。きれいな奥さんに利発な息子さん、そして立派な家を持つ人物だ。

夫婦不仲の最大要因、「産後クライシス」の実態

コミュニケーション
コミュニケーション

夫婦不仲の最大要因、「産後クライシス」の実態

「夫婦仲があまり良くない」という女性に、いつごろから距離ができたか聞くと、「産後くらいから」という答えが、とても多いです。出産後の数年間に夫婦仲が悪化する現象のことを「産後クライシス」といいます。

出世した女性は自分が「詐欺師」に見える!?

コミュニケーション
コミュニケーション

出世した女性は自分が「詐欺師」に見える!?

3月8日は、「女性の政治的自由と平等のためにたたかう」記念の日である「国際女性デー」でした。今年のテーマは、「持続可能な明日に向けて、ジェンダー平等をいま」。

「自分軸」があれば小さな影響力を生み、社会も変えられる

コミュニケーション
コミュニケーション

「自分軸」があれば小さな影響力を生み、社会も変えられる

ウクライナ情勢が「明日は我が身」を考えると、「俺活どころではない…」という心境にもなる。“その時”に自分はどうするのか? 戦争反対を訴えて逃げるのか? 自分なりに戦うのか? その判断は普段の生活からあまりにもかけ離れすぎていて、答えが見つからない。

男女の肌と肌の触れあいで心をつなぐためのアイテム新発売

コミュニケーション
コミュニケーション

男女の肌と肌の触れあいで心をつなぐためのアイテム新発売

セクシャル・ウェルネス企業TENGAが2022年2月22日、「TENGA」「iroha」に続く新ブランド「CARESSA(カレッサ)」を立ち上げました。

自分の好きなことを定年後の商売にして楽しく第二の人生を送る方法

コミュニケーション
コミュニケーション

自分の好きなことを定年後の商売にして楽しく第二の人生を送る方法

最近、テレワークの普及もあり、「副業」に挑戦する人たちが増えている。しかし、ただお金のためだけの副業はつまらない。お金のことだけ考えていると心身を病んでしまいかねない。私も会社員時代、お金のためだけの副業をして疲れ切った記憶がある。

30歳女性の心の内を知ってほしい

コミュニケーション
コミュニケーション

30歳女性の心の内を知ってほしい

最近30歳になったからなのか、ABEMAで配信中のドラマ「30までにとうるさくて」にドハマりしています。29歳の女性たちが、仕事、恋愛、妊娠、セクシャリティーなどの悩みにぶつかりながらも前に進んでいく姿が描かれています。

中高年男性が生きがいを得られる「サードプレイス」の時代がやってくる

コミュニケーション
コミュニケーション

中高年男性が生きがいを得られる「サードプレイス」の時代がやってくる

「私」「僕」ではなく「俺」を取り戻して生きる! それが「俺活(おれかつ)」のイズムである。私たちの多くは、よく分からないまま就職活動し、採用された会社でなんとなく働いてきた。

女性が「未婚の30歳」になって思うこと

コミュニケーション
コミュニケーション

女性が「未婚の30歳」になって思うこと

30歳になりました。多くの女性にとって、ひとつの節目の年齢です。 結婚相談所に行くと「20代のうちに婚活しなければ、需要なくなるわよ」と言われますし、妊娠や出産は「30歳までに」とせかされます。

定年で「卒業」した人が本当の自分にたどり着く方法とは

コミュニケーション
コミュニケーション

定年で「卒業」した人が本当の自分にたどり着く方法とは

「あと何度、自分自身卒業すれば、本当の自分にたどり着けるだろう」と故・尾崎豊は歌った。存命なら、まさに役職定年に差しかかる世代だ。この『卒業』の歌詞のように私たちは学校を卒業し、キャリアも何度か卒業し、人生の階段を昇ってきた。

「澄み切った心」になるための方法

コミュニケーション
コミュニケーション

「澄み切った心」になるための方法

「どうですか? 今の景色、そして充実感は?」 この問いに、某一流企業の50代の部長は語気を強めて返した。 「心が晴れる時は1秒もないですよ。つらいです」

配偶者をどう呼ぶか? アンケート結果1位は?

コミュニケーション
コミュニケーション

配偶者をどう呼ぶか? アンケート結果1位は?

 配偶者を人に紹介する際、どう呼びますか?  リクルートブライダル総研の「夫婦関係調査」(2021年8月3日発表)によると、夫側の1位は

【男の生き方、人生の楽しみ方】第5回「加藤哲也さん(カーグラフィック代表)」

コミュニケーション
コミュニケーション

【男の生き方、人生の楽しみ方】第5回「加藤哲也さん(カーグラフィック代表)」

この連載は2020年9月にスタートしたが、依然としてコロナウイルス感染症は収束しない。「ウィズコロナ」の様相を呈している。 だが、悲観するより、楽観だ。今の環境を嘆いても何も変わらない。どんな場面でも、自分自身の考え方ひとつで人生は変えられる。 今回も、当連載のテーマを体現している人にご登場いただく。天性のポジティブさで、人生の悪路もひるまずにハンドルを握り続けてきたカーグラフィック代表の加藤哲也さんだ。