コミュニケーション

男性が「男らしさ」を実感できるのはどんな時でしょうか? DANTESは女性の存在が不可欠だと考えます。恋愛やセックスの関係とは別に、周りのすべての女性に「男らしい」と感じてもらえる大人の男の魅力を追求します。

人間関係で傷つかないための「割り切りの技術」とは?

コミュニケーション
コミュニケーション

人間関係で傷つかないための「割り切りの技術」とは?

生きていると、数々のショックに遭遇する。「一生懸命やったのに得意先からクレームを言われた」「会社のために頑張っているのに悪い噂を流された」「家族のために頑張ってるのに妻からの心ない言葉を受けた」など、挙げればきりがない。 こんなことが続くと、生きる希望が見えなくなる。今回は、予想外のショックから心を守る「割り切りの技術」を紹介したい。

男女で「秘め事」を話す時に守るべき鉄則とは?

コミュニケーション
コミュニケーション

男女で「秘め事」を話す時に守るべき鉄則とは?

「性の話をフラットに話したいけれど、あまりうまくいかなかった」 久しぶりにお茶をした女友達が肩を落としながら嘆いています。

【男の生き方、人生の楽しみ方】第4回「平田豪成さん(まなばんば葉山代表)」

コミュニケーション
コミュニケーション

【男の生き方、人生の楽しみ方】第4回「平田豪成さん(まなばんば葉山代表)」

いつまでも魅力的な男であり続けたい——。【男の生き方、人生の楽しみ方】と銘打った本連載はそんなテーマで取材している。これまで書いてきて思うのは、その燃焼した生き方が(自ら望むと望まないにかかわらず)「男の魅力」となって醸し出されるということだ。

【ABS流令和Newバブルのすすめ】平成バブルのマインドを生かして新時代を切り開け

コミュニケーション
コミュニケーション

【ABS流令和Newバブルのすすめ】平成バブルのマインドを生かして新時代を切り開け

「ABS世代」とは「アクティブ・バブル・シニア世代」の略です。この言葉は、筆者(鈴木)が40代から再び通い始めた復活ディスコで、無邪気に躍っている同世代の人たちを見て、「この人たちは、いつまでバブルな気分なんだろう? おそらく何歳になっても、こんな気分なんだろうな…」と感じて思いついたものです。

在宅ワークのイライラを吹き飛ばす5つの方法とは?

コミュニケーション
コミュニケーション

在宅ワークのイライラを吹き飛ばす5つの方法とは?

在宅生活によるストレスが病気の原因を作り、寿命を縮めることは明白。心身が病んでしまう前に、小刻みにストレスを発散したい。 私は執筆家という職業上、デスク半径1メートル以内でのストレス解消を余儀なくされている。この環境の中で、自分のご機嫌を上手にとらないといけない。そこで今回は長年の工夫で培った、在宅のまま簡単にできるストレス解消法を紹介しよう。

きれいな先輩の「しているよ」で気持ちが解放〜マスターベーションの罪悪感をなくしてあげたい

コミュニケーション
コミュニケーション

きれいな先輩の「しているよ」で気持ちが解放〜マスターベーションの罪悪感をなくしてあげたい

私は幼い頃、マスターベーションをしていることに対して親から怒られた記憶があります。布団をまくられ「ダメ」と注意され、意味がわからなかったのですがダメな行為であるということは理解しました。

仕事における様々なパワハラを乗り切る3つの方法

コミュニケーション
コミュニケーション

仕事における様々なパワハラを乗り切る3つの方法

上司や取引先からの執拗ないびりや暴言は社会から消えることはない。今回は「パワハラ・モラハラを我慢で乗り切る方法」を紹介しよう。今この瞬間、パワハラ・モラハラに苦しんでいるあなたにはぜひ読んでいただきたい。

性について発信している私が吉原遊郭跡を訪ねて思ったこと

コミュニケーション
コミュニケーション

性について発信している私が吉原遊郭跡を訪ねて思ったこと

人生で初めて吉原遊郭跡に行きました。 19歳で吉原に売られた花魁の森光子さん(女優とは別人)による著書『春駒日記 吉原花魁の日々』(朝日文庫)を1年ほど前に読みました。性について発信している身として、回ってみたかったのです。偶然近くで予定があり「この機会を逃すまい!」と散策することにしました。

「誰かのせい」にする人が結局うまくいく

コミュニケーション
コミュニケーション

「誰かのせい」にする人が結局うまくいく

最近、ビジネス上のトラブルやクレームを「全部、自分自身のせいにする人」と出会った。彼はまじめで聡明で責任感の強い人だった。しかし彼は、その気概を支える「精神力」と「ガス抜きの場所」を持ちえなかった。彼は壊れ、職場から疾走してしまった。「責任感」は人を成長させると同時に、人を壊すこともある。

女性も楽しめる「恵比寿マスカッツ」オンラインライブ

コミュニケーション
コミュニケーション

女性も楽しめる「恵比寿マスカッツ」オンラインライブ

「エロく、正しく、美しく。」をモットーに活動する「恵比寿マスカッツ」の無観客オンラインライブ(5月16日)に参戦してきました。セクシー女優やグラビアアイドル、モデルなどの様々な業種のタレントで構成された女性アイドルグループです=写真は公式ホームページから。

本は誰でも書ける!仕事、副業、趣味に活かし「自分の生きた証」にも

コミュニケーション
コミュニケーション

本は誰でも書ける!仕事、副業、趣味に活かし「自分の生きた証」にも

私は職業柄、「本を書いてみたら?」と、よく人に勧める。なぜそんなことをするのか? それは本を書くことで人生の充実度がまったく違ってくるからだ。

VR(オキュラス クエスト2)で「アダルト体験」してみました

コミュニケーション
コミュニケーション

VR(オキュラス クエスト2)で「アダルト体験」してみました

おうち時間を充実させるため、ついにVRヘッドセット「オキュラス クエスト2」を購入しました。買おうか迷っていることを以前、このコラムで書きました。約3万7000円はお財布に響いたものの、「どうせ旅行に行けないし」と自分を納得させた結果、VRが私の時間を楽しく彩ってくれています。

カップルでも楽しめる「バーレスク」にハマった

コミュニケーション
コミュニケーション

カップルでも楽しめる「バーレスク」にハマった

東京・六本木にある「バーレスク トーキョー」に行かれたことはありますか? 「新感覚エンターテインメント」をコンセプトとしたショークラブです。 ここでは、美しい衣装を着た女性ダンサーのパフォーマンスを男女関係なく楽しめます。私はショーパブには何回か行ったことがありますが、それとは違う魅力があると思います。

心が10倍前向きになる朝1時間の「神時間」のつくり方

コミュニケーション
コミュニケーション

心が10倍前向きになる朝1時間の「神時間」のつくり方

リモートワークで孤独を感じたり、集中力が途切れたりと誰もが大小さまざまなストレスを感じている。「もっと効率的に仕事をしたい」「孤独感を追い出したい」「満足感、達成感を感じたい」。誰もが一度は、そう感じたことがあるはずだ。今回はそのすべてをかなえ、心が10倍前向きになる「神時間」のつくり方をお教えしたい。

SNSで「誕生日おめでとう」とメッセージをもらった時が「人生を変えるチャンス」

コミュニケーション
コミュニケーション

SNSで「誕生日おめでとう」とメッセージをもらった時が「人生を変えるチャンス」

SNSのなかでも、フェイスブックは比較的年齢の高い人が使っているという。フェイスブックには「誕生日お知らせ機能」があり、友人や知人の誕生日が近づくと「もうすぐ○○さんの誕生日です」というお知らせが表示される。今回はこの機能を活用し、ゼロ円で幸福度指数を何十倍にも高める方法をお伝えしたい。

誰もが「セクハラ加害者」になってしまう時代、男性が心得ておくこととは?

コミュニケーション
コミュニケーション

誰もが「セクハラ加害者」になってしまう時代、男性が心得ておくこととは?

ツイッター、インスタグラムなど個人の発信力が強くなっていく中で、セクハラや枕営業強要の話がとても公になりやすくなりましたね。私も昔、取引先の相手から手をつながれそうになったり、キスされそうになったりしたことがあります。

文章を「書く」だけで心を整える方法、大公開!

コミュニケーション
コミュニケーション

文章を「書く」だけで心を整える方法、大公開!

私(潮凪)は今までに73冊の本を書いているが、執筆のたびに「瞑想」のような心境になる。高揚感を伴いながらも、心はしっかりと落ち着き、満足感に満ちあふれる。

理不尽で不機嫌な顧客・取引先に遭遇した時の5つの対処法

コミュニケーション
コミュニケーション

理不尽で不機嫌な顧客・取引先に遭遇した時の5つの対処法

時に「理不尽に不機嫌」な顧客と出会うことがある。一回接客するだけで二度と会わないならまだいい。しかし、継続的に関係を続けるとなると、ストレスは甚大だ。そこで今回は「理不尽に不機嫌な取引先に遭遇した時」の心の整え方・身の処し方についてお伝えしたい。

女性も惚れ惚れするロック座のストリップ

コミュニケーション
コミュニケーション

女性も惚れ惚れするロック座のストリップ

先日、久しぶりにストリップ劇場へ足を運んでみました。みなさんは行ったことありますか? 言うまでもないかもしれませんが、踊り子さんが舞台上で音楽に合わせながら着衣を脱いでいく、戦後に誕生した大衆娯楽です。

20代女子が未読スルーしたくなるオジサンLINEのダメダメフレーズはこれだ!

コミュニケーション
コミュニケーション

20代女子が未読スルーしたくなるオジサンLINEのダメダメフレーズはこれだ!

久々に20代女性と「大人男の魅力度」について談義をした。今回は「20代女子が未読スルーしたくなるダメダメLINEフレーズ」についてご紹介したい。