コミュニケーション

男性が「男らしさ」を実感できるのはどんな時でしょうか? DANTESは女性の存在が不可欠だと考えます。恋愛やセックスの関係とは別に、周りのすべての女性に「男らしい」と感じてもらえる大人の男の魅力を追求します。

あなたのLINE、女の子をイラ立たせる「おじさん構文」になっていませんか?

コミュニケーション
コミュニケーション

あなたのLINE、女の子をイラ立たせる「おじさん構文」になっていませんか?

「おじさん構文」という言葉をご存じでしょうか。中高年の男性がメッセンジャーやLINEなどで、円滑なコミュニケーションを意識しすぎて逆に痛い人だと思われてしまう文章のことを言います。

55歳から「人生の主役」に返り咲くたったひとつの方法とは?

コミュニケーション
コミュニケーション

55歳から「人生の主役」に返り咲くたったひとつの方法とは?

「元部下に従うだけの日々に耐えられない…」。役職定年を迎えた大手企業の元部長(58)が噛み締めるようにこぼした。彼らにとって役職定年は大きなストレスのようだ。今回は「55歳から“人生の主役”に返り咲く、たった一つの方法」について紹介したい。

中高年の性生活の実態調査公表

コミュニケーション
コミュニケーション

中高年の性生活の実態調査公表

「徐々に性欲がなくなってきた」「全然濡れなくなっちゃった」…年齢に応じ性の悩みが出てくる方も多いと思います。 ミドルエイジ以降の性生活の実態や意識の調査(35〜79歳の男女500人、TENGA調べ)の結果に基づいて、男女の性が年齢に応じてどう変わるのか見てみましょう。

会社や家庭で肩身の狭い中高年が「居場所」を見つけるたったひとつの考え方

コミュニケーション
コミュニケーション

会社や家庭で肩身の狭い中高年が「居場所」を見つけるたったひとつの考え方

最近、「居場所」に困っている40〜50代男性が目につく。コロナで会社には行けず、行けたとしてもコロナ直撃による業績低迷で会社の雰囲気は悪い。在宅勤務にも慣れず、家にも居づらい…。

ネット上に蔓延するプライベート流出動画、いったん拡散したら消えない

コミュニケーション
コミュニケーション

ネット上に蔓延するプライベート流出動画、いったん拡散したら消えない

アダルト動画をよく見ている女友達から「最近はTwitter上で流れたSEX動画を見ている」という話を聞きました。気になってTwitterで検索してみたところ、いくつか動画がヒット。年齢制限を設けることなく、動画が拡散されていました。

収入は安定、なのに「生きがい喪失」の50代男性が続発中

コミュニケーション
コミュニケーション

収入は安定、なのに「生きがい喪失」の50代男性が続発中

最近、50代の知人・友人からこんな愚痴をよく聞く。「生活は安定してるんだけど、何のために生きてるか分からない」「早期退職で数千万円のお金をもらった。子供も大きくなったし、何とか暮らしていける。でも、やる気が出ない」「役職定年で年収は半分になった。暮らしてはいけるが、生き甲斐がなくなった」。

おじさんの感覚と大きく違う「Z世代の性知識」、その中身は?

コミュニケーション
コミュニケーション

おじさんの感覚と大きく違う「Z世代の性知識」、その中身は?

生まれた頃からインターネットが身近にあるデジタルネイティブの中でも28-24歳の「Z世代」は、少しだけ恋愛や性について価値観が違うように思います。

50歳で枯れた男にならないための「居場所」をつくりました

コミュニケーション
コミュニケーション

50歳で枯れた男にならないための「居場所」をつくりました

50歳を超えて同世代の仲間と会うと、あることに気づく。「イキイキとしている人」と「枯れている人」がはっきり分かれるということだ。 私なりに分析した結果、イキイキしている人は「好きで得意なことをしている」「友愛のある良好な人間関係の中で生きている」「最低限のお金に困っていない」の3つの要素を兼ね備えている。 イキイキと活動している人と枯れた生活をしている人。あなたはどちらの人だろうか?

妊娠や卵子凍結について若いうちに知らないと大変なことに…

コミュニケーション
コミュニケーション

妊娠や卵子凍結について若いうちに知らないと大変なことに…

30歳手前になったからか、未婚の女性同士で集まるとき、仕事の話をしつつも最終的には「婦人科検診行った?」「私、いつまで子供産めるんだろう…」といった話題で持ちきりになります。

AV購入代金が直接、女優本人に還元されるサイトがオープン

コミュニケーション
コミュニケーション

AV購入代金が直接、女優本人に還元されるサイトがオープン

購入代金がAV女優本人に還元され、感謝の気持ちが伝わるAVサイト「HerHers(ハーハーズ)」(β版)が8月30日、オープンしました。 本サイトでは、気に入った作品を購入するだけで、自動的に出演女優に売り上げの一部が還元され、「ありがとう」という気持ちを伝えることができるそうです。

妻を説得するための「早期退職事業計画書」の作り方

コミュニケーション
コミュニケーション

妻を説得するための「早期退職事業計画書」の作り方

最近、周囲が「早期退職」の話題で騒がしい。長引くテレワークで会社への帰属意識が薄れていることも“会社離れ”が進んでいる理由かもしれない。我に返った40-50代の会社員が「嫌な仕事を辞め、退職金を元手に好きで得意な仕事をする」という夢を描くのも自然なことだ。しかし、彼らは同時に「食っていけるのだろうか?」という、今まで味わったことのない不安を抱くことにもなる。

彼女と一緒にセクシャルアイテムが選べる店オープン

コミュニケーション
コミュニケーション

彼女と一緒にセクシャルアイテムが選べる店オープン

「彼女と一緒に使ってみたいけれど、女性向けセクシュアルアイテムをどこで購入すれば良いかわからない」 そんな方へ朗報です。 8月20日から9月5日まで、東京・ラフォーレ原宿B0・5階で、セルフプレジャーブランド「iroha(イロハ)」のポップアップストア(期間限定店舗)が開かれるそうです。

ビジネスマンが明日から「誇りを持って生きる」ための3つの方法

コミュニケーション
コミュニケーション

ビジネスマンが明日から「誇りを持って生きる」ための3つの方法

業務を遂行し、社会的責任を果たすこと。それは大人の立派な務めだ。しかし、その過程で自分自身の誇りが踏みにじられることがある。 取引先からの見下すような態度、上司からの不条理な言葉…。さまざまな理不尽がプライドを打ち砕く。それを耐え忍び、お金を稼ぎ続けなければいけないことは、私たちビジネスマンの宿命でもある。

金メダルかじり騒動で起きた「笑い」に潜む“空気”

コミュニケーション
コミュニケーション

金メダルかじり騒動で起きた「笑い」に潜む“空気”

東京五輪で金メダルを獲得した選手が表敬訪問した際、市長がメダルを噛んだ件について、ネット上やテレビで猛批判がありましたね。 現場の様子をテレビで見ながらとても印象的だったのが、噛んだ瞬間に報道陣や関係者らしき周りの人たちから起きた愛想笑いや苦笑いのような「笑い声」。

1年後の今日、あなたは幸せだろうか?

コミュニケーション
コミュニケーション

1年後の今日、あなたは幸せだろうか?

1年後の今日、あなたはどんな暮らしをしてるだろうか? できれば「今よりも幸せに、楽しく暮らしている姿」を想像してみてほしい。その「1秒の妄想」から、幸せな未来への扉が開かれる。

あなたは「大人は楽しいぞ!」と子供に胸を張って言えますか?

コミュニケーション
コミュニケーション

あなたは「大人は楽しいぞ!」と子供に胸を張って言えますか?

あなたは今、幸せを感じているだろうか? 米ダートマス大学のデービッド・ブランチフラワー教授が調査した「人生の幸福度と年齢の関係」によると、日本人の「最も幸福度が低い年齢」は49歳だという。この“アラフィフ・クライシス”を乗り越え、「子供の頃に夢見た『幸せな大人生活』」を取り戻す方法を考えてみたい。

「触っても減るもんじゃない」というセクハラ行為の深い罪

コミュニケーション
コミュニケーション

「触っても減るもんじゃない」というセクハラ行為の深い罪

セクハラ騒動が起きた際に、お尻や胸を触られたという被害者に対して、まれに「減るものじゃないからいいでしょう」という方がいます。 私も10代後半から20代前半の頃、胸やお尻を触られると、嫌な気持ちになりながらも「怒っても仕方がないし、場の空気が変になるし、まぁ仕方がないか」と諦めてしまったことが。

ショボくれたおっさんにならないために—50代になったら、もう誰かに遠慮するのはやめなさい

コミュニケーション
コミュニケーション

ショボくれたおっさんにならないために—50代になったら、もう誰かに遠慮するのはやめなさい

会社の上司や高圧的な取引先などと日々接していると、どうしても「本当の自分を押し殺す習慣」が身についてしまう。幸いなことにそうした環境にない人でも、年齢を重ねると世間体や年相応などを意識して物腰が遠慮しがちになる。

「出産後も働きやすい職場」の“弊害”とは?

コミュニケーション
コミュニケーション

「出産後も働きやすい職場」の“弊害”とは?

30歳手前になって、子育てしながら働いている友人が周りに増えてきました。就活をしていた20代前半の頃は、出産後の自分がイメージができず、企業が発信する「出産後も働きやすい職場です」という文脈にまったく魅力を感じませんでした。

会社人生に限界を感じたときの「割り切り方」と将来の「切り開き方」

コミュニケーション
コミュニケーション

会社人生に限界を感じたときの「割り切り方」と将来の「切り開き方」

「役職定年を迎えた」「戦力外告知され、窓際になった」「努力しても結果が出ない」「上司や取引先に激しく叱責された」など、仕事中に傷つく人々は、日々、何万人と日本中に発生している。