自分では気づきにくいワキガ。どうしたら改善できる!?

ワキガの改善方法

脇のニオイがキツイ、服の脇部分が黄ばんでいる。ということはありませんか?それはワキガ体質の特徴です。ニオイや服の黄ばみを取る方法をご紹介していきます。ぜひ参考にされてください!

ワキガの原因とは

ワキガの原因

そもそもワキガは、なにが原因で発症するのでしょうか。誰にでも起こりうることなのかを調べてみました。

ワキガは遺伝する

ワキガ原因の1つは「遺伝」です。両親又はそのどちらかがワキガだと子どももワキガになる可能性があり、両親ともワキガであった場合子どものワキガ発症率がより高くなります。

アポクリン腺が多い

そして、もう1つの原因が「汗腺」です。汗腺には「エクリン腺」「アポクリン腺」の2種類あるのですが、その汗腺の1つアポクリン汗腺の数と汗の量が多い場合がワキガ体質に見られる症状になるので、それに当てはまる人はワキガ体質の可能性があります。

アポクリン腺から出る汗が、皮膚の表面にある常在菌と混ざり合ってしまうことにより、ワキガ特有のニオイを発し、さらに皮脂と混ざるとニオイがさらに強くなるのです。

そして、もう1つの汗腺であるエクリン腺から出る汗と一緒に蒸発されることで、周りの人にもニオイが届いてしまいます

ワキガの原因
  • ・両親またはどちらかがワキガだと子どもに遺伝する
  • ・アポクリン腺の数と汗の量が多い
  • ・皮膚表面の常在菌と混ざることでニオイを発する
  • ・皮脂と混ざるとニオイがさらに強くなる

ニオイが強くなる原因:生活習慣の乱れ

生活習慣とワキガ

皮脂や常在菌に汗が混ざることによりニオイは強くなります。ワキガのニオイがきつくなったかも。そう思ったら、まず自分の生活を見直してみましょう。生活習慣の乱れが、ワキガのニオイをさらに強くしている原因になっている可能性があります。

肥満体型

例えば「肥満体型」の場合、本来自然に放出される身体の熱を脂肪が邪魔をしてしまうため、上手く放出することができません。その熱は汗で放出されます。肥満体型の人が汗っかきというのはそういった理由があるからです。

汗が染みた衣服は、雑菌が繁殖しやすくそれが原因となりニオイをキツくしてしまいます。汗はそのままにせず、すぐに拭き取り服もその日に洗ってしまいましょう。内臓脂肪が多い人にも当てはまります。

食生活

お肉ばかりの「食生活」になってはいませんか?動物性タンパク質が中心の食事はアポクリン腺を刺激し、ワキガのニオイがキツくなる原因になるのです。

脂っこく高カロリーな食事もですが、先程話していた肥満体型にも繋がるので、野菜や魚料理もバランスよく摂ることをおすすめします。食生活が改善されたら、肥満もワキガのニオイもダブルで改善されるかもしれません。

生活習慣の乱れがワキガのニオイの原因に
  • ・肥満体型、内臓脂肪の人も注意
  • ・肉、脂っこい食事や高カロリーな食生活

すぐにできるワキガ対策!

ワキガ対策

ワキガ対策でもっとも始めやすいのは食生活などの見直しです。しかし、それだけの対策だと限界があります。他にもできるワキガ対策を調べてみました。

正しい脇のケア方法

ニオイを消そうと脇を強く洗ってしまうのは効果がありません。以下の方法を試してみてください。

脇のケア方法
  • 1.洗う前に湯船によく浸かる
  • 2.脇の下をシャワーで温め、毛穴を開く
  • 3.石鹸をしっかり泡立て、脇の下に優しく塗る(こすらないように!)
  • 4.数分置いて、シャワーで洗い流してください。

石鹸は重曹が含まれたものか、ミョウバン石鹸(水)などがワキガの改善に良いそうです。食生活の見直しの後は、洗い方を変えて様子を見てみましょう。

脇毛の処理

脇毛の処理は女性だと多いと思いますが、男性はなかなか処理しない場所ですよね。ですが、ワキガで悩んでいる場合は処理した方がいいでしょう。脇毛をそのままにしていると、汗を蒸らし、雑菌を繁殖させワキガの原因になってしまいます。

脇毛が生えたらその都度、剃るか定期的な処理が面倒な場合は脱毛した方がいいでしょう。

常に脇を清潔にしておくことで、ニオイの改善になると思います。それでも完全にニオイが消えないという人は、治療でワキガを治すことも考えてみてはどうでしょうか。

ワキガの治療方法

ワキガの治療

ワキガの治療方法には、メスを使わない「ミラドライ」「ボトックス注射」そして、切開してワキガを治療する「反転剪除法」などがあります。

メスを使わない治療、そしてメスを使って切開する治療について見てみましょう。

ミラドライ

マイクロ波エネルギーを利用し、ワキガの原因となる汗腺を破壊していく治療方法です。破壊してしまうので壊れた汗腺は再生することができません。よって、半永久的な効果があり切らない治療なので傷跡が残ることがないのです。

治療時間が1時間ほどで終わるのでその日のうちに帰宅ができます。しかし、入浴や運動など汗をかく行為は控えましょう。

ボトックス注射

ボトックス注射はシワを改善するために使用されますが、ワキガや多汗症にも効果があります。脇に使用すると、汗を減らすことができるのでニオイが減少されるのです。こちらの治療方法も傷跡が残らず、さらに治療時間が10分程度で終わるので仕事帰りなど忙しい人でも受けやすい治療となっています。

しかし、個人差によって異なりますが、効果は約6ヶ月~1年くらいなので、再度受ける必要があるでしょう。

反転剪除法

メスを使用し、直接目で汗腺を見ながら切除する治療方法です。汗腺除去率が最も高く効果がある治療と言われています。脇の下をシワに沿って数センチ切開し、そして反転させ皮下組織内にある汗腺を専用のハサミで1つ1つ丁寧に切除していくので、手術時間が長いです。

ですが、入院するものではないので日帰りすることができます。切開の後は縫合するので術後は検診や抜糸など通院が必要です。シワに沿って切開されるので、傷跡はあまり目立たないと思います。

自分自身のケアでは、ワキガが改善されないと悩んでいる人は一度、ワキガ治療をしているクリニックにカウンセリングを受診しに行ってみて下さい。人によっては治療方法も変わってくるかもしれませんので、医師に相談しましょう。

  • はてなブックマークに追加