硬さが失われるリスクあり!ペニスを太くする陰茎増大手術は賛否両論

2019/04/15 陰茎増大
陰茎増大術のリスク

ペニスにお困りの男性は数多く、男のコンプレックスの代表的とも言えます。包茎を治したり竿や亀頭を大きくしたりと、現状に満足をしていない人ほど手術に頼りペニスを改造する方が多くなっております。

ペニスを太くすることは手術により可能

ペニスは増大可能

短小と呼ばれるペニスには様々な症状があり、その症状と部位により手術方法が異なります。どの箇所でも増大は可能であり、唯一玉だけはどうする事もできません。

  • 亀頭増大:亀頭を太くする方法
  • 陰茎増大:陰茎(竿部分)を太くする
  • 長茎:主に竿部分を長くする方法

増大手術でコンプレックスの解消は可能

いずれの箇所でも手術により太くしたり長くしたりする事が可能なので、見ため的には立派なペニスに整形する事が可能であり、女性に満足させれなかったり馬鹿にされてきたコンプレックスを解消する事が可能です。

増大すれば良いものではない

ペニスの短小を治すためには増大手術が一番効果があるのは当然ではありますが、手術である以上は多少のリスクが存在します。ましてやペニスという大切な場所である以上は失敗が許されません。気軽に決定するのではなく、必ずリスクを承知の上で手術を行いましょう。

陰茎増大手術の方法

陰茎増大手術の方法

陰核増大手術はペニスの竿の部分を太くする為の方法であり、数通りの手術によって一回り以上は太くなった事が実感できるようになります。

  • フィラー注入法:ヒアルロン酸を注射にて注入
  • 脂肪注入法:脂肪を注射にて注入
  • パワーポール法:特殊素材を埋め込む

切開と注射

陰茎増大手術は大きく分けて切開が必要な方法と注射をする方法の2つとなります。切開をし、皮膚下に特殊素材を埋め込む方法と注射により脂肪等を注入する方法です。どちらも麻酔を行いますのでほぼ無痛状態です。

パワーポール法は数少ない

パワーボール法は特殊な手法となり対応しているクリニックは少なめとなっています。ペニス(陰茎)の皮を切開しパワーボールと呼ばれるジェル状の物体を埋め込む事でペニスが太くなります。ジェルの形通り全体的にバランス良く太くなるのが特徴的です。

注射は早くて簡単

ヒアルロン酸や脂肪を注入する方法は注射器にてペニスに注入する事でペニスを太くします。メスが必要なく注射器のみなので30分ほどで手術が終了しますが、バランスよく全体に注入する必要があるので医師のテクニック次第ではデコボコになる恐れも存在します。

陰茎増大術のリスクとデメリット

陰茎増大手術のデメリット

陰茎増大は短小の人から見ると魅力的な物に見えますが、手術である以上はリスクが存在します。ペニスは男性にとって大事な箇所にもなりますので、リスクとデメリットを理解して、慎重な判断を下しましょう。

料金が高い

ペニス増大の手術は総じて高い費用が掛かります。下記は一例となりますが、最も安いフィラー注入法でも最低10万円からでパワーボールは40万円からと手軽の払える金額ではありません。

フィラー注入法 脂肪注入法 パワーポール法
料金 約¥100,000~ 約¥200,000~ 約¥400,000~

陰茎増大は強度不足の恐れ

陰茎への脂肪注入は確かに太さを得る事は可能ではありますが、逆に勃起時の強度不足の恐れがあります。意図的に脂肪をプラスしていますので、脂肪は固くなりません。要はブヨブヨの状態になる事が危惧されますので、注入量には気をつける必要があります。

最悪の場合は壊死の可能性も

過去に実例としてフィラー注入法後にペニスが合併症などを発症し壊死を起こすという事件が起こっています。あくまでも最悪の自体ではありますが、異物を注入する以上は多少のリスクは存在します。無くなる恐れがあるなら短小でも良いという考え方もありますので、注意が必要です。

陰茎増大後のダウンタイムの注意点

陰茎増大手術後のダウンタイム

短小を解消するために手術を受けた後は様々な注意事項が存在します。万が一の自体を回避する為にも医師の指示に従った対応を行いましょう

脂肪注入後の注意点

  • 刺激・衝撃は厳禁
  • アルコールや運動を控える
  • 性行為は一ヶ月以上後
  • 違和感や変色・痛みが出る場合は即病院に

脂肪注入後は注入した後の固定と包帯が巻かれています。ペニスにむやみに刺激や衝撃を与えると注入した脂肪がズレる可能性があり、結果デコボコになってしまう恐れがあります。包帯の交換も必要なので、約4日を目安に包帯の交換をクリニックにて行いましょう。

副作用や症状に注意

ペニスに異物を注入する以上は感染症やアレルギー反応が出る恐れがあります。腫れや違和感、痛みなどペニスに違和感が出た場合は速やかに医者に相談をしましょう。症状に問題がなくともペニスがデコボコになったり、しこりができる可能性もあります。暫くの間は絶対安静で経過を気をつけて観察しましょう。

  • はてなブックマークに追加