免疫力

新型コロナウイルスのパンデミックで大きな注目を集めている「免疫力」。ここでは特に、40代以上の男性にとっての免疫力の大切さと、適切な免疫力をつけるための方法を紹介します。(※免疫力という言葉は医学用語ではありませんが、当サイトでは便宜的に使用します)

免疫力、骨と神経の保護、そして男性機能も向上させる「ビタミンD」の安価・効果的な摂り方

免疫力
免疫力

免疫力、骨と神経の保護、そして男性機能も向上させる「ビタミンD」の安価・効果的な摂り方

テストステロン、食、幹細胞、そしてビタミンD。男の底力を上げるさまざまな方法を紹介してきたこの連載。最終回は、最も安価なビタミンDを効果的に摂取する方法を、東京都渋谷区にある満尾クリニック院長の満尾正医師に解説してもらう。

コロナ禍で急増!?男性更年期障害の予防にビタミンD

免疫力
免疫力

コロナ禍で急増!?男性更年期障害の予防にビタミンD

中高年男性を悩ませる症状のひとつに「男性更年期(LОH症候群)」がある。男性ホルモンの減少によるホルモンバランスの崩れが原因だが、その改善にビタミンDが役立つことはあまり知られていない。東京都渋谷区にある満尾クリニック院長の満尾正医師に、その仕組みを話してもらった。

“万能”の栄養素、ビタミンDは動脈硬化、心臓病、脳卒中にも効果を発揮

免疫力
免疫力

“万能”の栄養素、ビタミンDは動脈硬化、心臓病、脳卒中にも効果を発揮

これまで、がん、糖尿病、そして新型コロナウイルス感染症などの予防にビタミンDが有効であることを紹介してきた。今回は心臓病や脳卒中など、「動脈硬化」に起因する重大疾患に対してもビタミンDが重要な働きを示すことを、東京都渋谷区にある満尾クリニック院長の満尾正医師=顔写真=に解説してもらう。

糖尿病の予防と治療にビタミンDが有効なワケ

免疫力
免疫力

糖尿病の予防と治療にビタミンDが有効なワケ

糖尿病の国内患者数はおよそ330万人。予備群を入れれば2000万人を超えるともいわれる。この脅威に対し、ビタミンDは大きな役割を担っている。東京都渋谷区にある満尾クリニック院長の満尾正医師=顔写真=が、そのメカニズムを解説する。

ビタミンD不足が、大腸がんの原因に

免疫力
免疫力

ビタミンD不足が、大腸がんの原因に

日本人がかかるがんの中で最も多いのは「大腸がん」。1年間に生まれる新しい患者数はおよそ15万8000人だ。大腸がんはこれまで、食生活の洋風化が原因とされてきたが、ここにきてもう一つ、根本的な原因が指摘されている。「ビタミンD不足」だ。東京都渋谷区にある満尾クリニック院長の満尾正医師に解説してもらう。

がん対策とビタミンDの関係、摂取は全身の対策に有効か

免疫力
免疫力

がん対策とビタミンDの関係、摂取は全身の対策に有効か

医学が進化した現代においてなお、がんは人類共通の最大の脅威だ。その対策には「栄養」が大きく関わっている。ビタミンDを用いたアンチエイジング医療の第一人者で、東京都渋谷区にある満尾クリニック院長の満尾正医師=顔写真=は、「栄養学とがんの関係についての正しい知識を持つことから、がん対策を始めるべきだ」と警鐘を鳴らす。キーワードは「体質づくり」だ。

新型コロナウイルスとビタミンDの深い関係

免疫力
免疫力

新型コロナウイルスとビタミンDの深い関係

現代人の生活はビタミンD不足に陥りやすい。では、積極的にビタミンDを摂取するにはどうすればいいのか、をアンチエイジング専門医院・満尾クリニック(東京都渋谷区)院長の満尾正医師=顔写真=に解説してもらっている。今回は、いま最も知っておきたい「新型コロナウイルスとビタミンDの関係」について語ってもらう。

免疫力上げるビタミンD、中高年が1日に必要な量は?

免疫力
免疫力

免疫力上げるビタミンD、中高年が1日に必要な量は?

現代人は慢性的なビタミンD不足に陥っている。食生活のアンバランスや日を浴びる時間の短さなどが原因だ。これを補う一番の近道がサプリメントだが、どれくらいの量を取ればいいのだろう。アンチエイジング専門医院・満尾クリニック(東京都渋谷区)院長の満尾正医師に解説してもらった。

日本人に必須の栄養素なのにビタミンDのサプリが不人気なワケは?

免疫力
免疫力

日本人に必須の栄養素なのにビタミンDのサプリが不人気なワケは?

アンチエイジング医療の第一人者、満尾クリニック(東京都渋谷区)院長の満尾正医師=顔写真=が注目するビタミンDは、本来は紫外線を浴びることで皮膚で生成される。しかし、日に当たる時間の短い現代人は不足しがちだ。不足分はサプリメントなどで摂取するしかないのだが、そこにも知識不足による誤解があるという。満尾医師に理想的なビタミンDの取り方を解説してもらう。

ビタミンDへの医師たちの無知・誤解を解く〜紫外線と皮膚がん、処方薬とサプリの驚くべき真実

免疫力
免疫力

ビタミンDへの医師たちの無知・誤解を解く〜紫外線と皮膚がん、処方薬とサプリの驚くべき真実

「本来“お日様さまの下”で生活してきた人間が、現代は“建物の中”で暮らしている。それだけでも日を浴びる時間は短くなり、紫外線を浴びることで生成されるビタミンDは不足する」 アンチエイジング医療の第一人者でビタミンDの効用を説く満尾クリニック院長の満尾正医師はこう語る。では、ビタミンD不足は、現代人にどんな影響をもたらすのか。

コロナ鬱患者は「ビタミンD“欠乏症”」だった

免疫力
免疫力

コロナ鬱患者は「ビタミンD“欠乏症”」だった

日本を代表するアンチエイジング・ドクターである満尾正医師(満尾クリニック院長)は、救急医学のサブスペシャリティとして栄養学を身に付けた。米ハーバード大学でも学んだ栄養学をいま、日本のメンズヘルスに役立てている。その柱となるのが「ビタミンD」だ。

第一人者が語る「救急医療とアンチエイジング医療の共通点」

免疫力
免疫力

第一人者が語る「救急医療とアンチエイジング医療の共通点」

「飽食の時代」と言われて久しい日本だが、そのわりには摂取できている栄養素の偏りが指摘されている。そこで今回から、日本におけるアンチエイジング医療の第一人者である「満尾クリニック」の満尾正医師に、メンズヘルスと栄養管理、中でも「ビタミンD」の重要性について解説してもらう。

ED、AGAの“根本治療”として期待されるSGF治療法とは?

免疫力
免疫力

ED、AGAの“根本治療”として期待されるSGF治療法とは?

中年以降の男性にとって最大の悩みであるED(勃起不全)とAGA(男性型脱毛症)。その根本治療として期待される「SGF」という幹細胞治療について、銀座ソラリアクリニック特別顧問で泌尿器科医の古賀祥嗣医師が解説する。

幹細胞治療をED、AGAに応用する「修復医療」

免疫力
免疫力

幹細胞治療をED、AGAに応用する「修復医療」

再生医療の柱として期待される「幹細胞治療」。すでに虚血性心筋症などの治療への導入が検討されているが、この新技術をED(勃起不全)やAGA(男性型脱毛症)の治療に応用する試みが始まっている。その先駆者である銀座ソラリアクリニック特別顧問で泌尿器科医の古賀祥嗣医師が解説する。

EDとAGA両方に光明!根本解決目指す最新治療

免疫力
免疫力

EDとAGA両方に光明!根本解決目指す最新治療

前回まで、ED(勃起不全)とAGA(男性型脱毛症)という中高年男性が抱える2つの身体的悩みを、医学的な視点から分析してきた。今回は、これらの“疾患”に対する最新の治療法について、銀座ソラリアクリニック特別顧問で泌尿器科医の古賀祥嗣医師に解説してもらう。

AGA治療薬の効果と限界、そして最新の治療法とは?

免疫力
免疫力

AGA治療薬の効果と限界、そして最新の治療法とは?

中高年男性を悩ます2つの悩みについて、銀座ソラリアクリニック特別顧問で泌尿器科医の古賀祥嗣医師に、アンチエイジングの観点から検証してもらっている。前回のED(勃起障害)に続いて、今回はAGA(男性型脱毛症)がテーマだ。

病気の根本的な解決を目指す新しい医学とは?

免疫力
免疫力

病気の根本的な解決を目指す新しい医学とは?

牧草で育った牛の肉「牧草牛」を積極的に食べて健康を維持する食生活を提唱する日本機能性医学研究所所長の斎藤糧三医師。その解説の締めくくりとして、同医師が取り組む「機能性医学」について紹介する。

ストレスやアレルギーの予防も期待できる牧草牛肉の力

免疫力
免疫力

ストレスやアレルギーの予防も期待できる牧草牛肉の力

牧草を食べて育った「牧草牛」が人間の健康に与える効果について日本機能性医学研究所所長の斎藤糧三医師に解説してもらっている。しかし、もちろん肉だけでは得られない栄養素もある。そこで今回は肉と一緒に取るべき栄養素と、そのために必要な食材について検証する。

筋トレだけじゃない!カッコいい体をつくるのに欠かせない食材とは?

免疫力
免疫力

筋トレだけじゃない!カッコいい体をつくるのに欠かせない食材とは?

牧草を食べて育った牛の肉は免疫力を維持するうえで非常に有効な成分を豊富に含んでいる。その有効性は、アスリートの体づくりにも役立つことが分かっている。今回は、「体づくり」の視点で見た牧草牛肉の有用性を、日本機能性医学研究所所長の斎藤糧三医師に解説してもらう。

日本にコロナ重症者が少ない裏に免疫“誤認逮捕”の可能性

免疫力
免疫力

日本にコロナ重症者が少ない裏に免疫“誤認逮捕”の可能性

前回は、牛肉、とくに牧草牛を摂取することで免疫、特に「自然免疫」が強化される仕組みを説明した。今回はもう一つの免疫システムである「獲得免疫」と牧草牛の関係性について、日本機能性医学研究所所長の斎藤糧三医師が解説する。

コロナで注目の自然免疫を強化する「牧草牛肉」

免疫力
免疫力

コロナで注目の自然免疫を強化する「牧草牛肉」

これまで、理想的な糖質制限を行うための栄養源として、オメガ3脂肪酸を豊富に含む「牧草牛」の肉を積極的に摂取することの重要性を紹介してきた。実はこの牧草牛、別の面での機能性も持ち合わせているという。日本機能性医学研究所所長の斎藤糧三医師が解説する。

コロナ第三波と「性の変化」5〜「しまった」と思った時の性感染症チェックリスト

免疫力
免疫力

コロナ第三波と「性の変化」5〜「しまった」と思った時の性感染症チェックリスト

ビフォーコロナでは、性感染症の梅毒急増が注目され、原因は外国人旅行者の夜の爆買いではないかとささやかれた。しかし、訪日外国人数が激減した現在も感染者数はほぼ横ばいである。生きて活動している限り、人間同士の接触はさけられない。感染症も性感染症と同様で、常に感染リスクがあると心して、予防のために正しい知識を持つことが大事だ。

コロナ第三波と「性の変化」4〜性感染症の患者が戻ってきた

免疫力
免疫力

コロナ第三波と「性の変化」4〜性感染症の患者が戻ってきた

新型コロナウイルス感染症の国内での死亡率は下がっている。国立国際医療研究センターの調査では50代、60代では、6月5日以前の重症者の死亡割合は10.9%だったのが、6月6日以降は1.4%に。70歳以上では31.2%から20.8%に低下。40代以下では6月6日以降に入院し亡くなった人は、この調査では1人もいなかった。こうした中、若者はつい“安心モード”となり、性感染症も減っていないことが取材で見えてきた。

コロナ第三波と「性の変化」3〜性感染症は減ったのか?

免疫力
免疫力

コロナ第三波と「性の変化」3〜性感染症は減ったのか?

新型コロナウイルスは唾液中に大量に含まれているので、咳やくしゃみでの飛沫で拡散する上、近距離での会話で唾液が相手の顔にかかってしまうと感染リスクが高まる。

コロナ第三波と「性の変化」2〜風俗店勤務の女性からの相談

免疫力
免疫力

コロナ第三波と「性の変化」2〜風俗店勤務の女性からの相談

新型コロナウイルス感染予防対策として、政府は今年4月16日に全国都道府県に緊急事態宣言を発令。5月25日は解除されたが、夜の街、とりわけ都心の性風俗業界から客足は急速に遠のき、廃業に追い込まれた飲食店や風俗店が多数あった。

コロナ第三波と「性の変化」1〜性交渉で感染するのか?

免疫力
免疫力

コロナ第三波と「性の変化」1〜性交渉で感染するのか?

寒波とともに新型コロナウイルス感染症の感染者が再び増加している。第3波は、このまま本格化するのだろうか。誰もが気になっているところだろう。

糖質制限できて抗酸化能力も上げる「魔法の牛肉」

免疫力
免疫力

糖質制限できて抗酸化能力も上げる「魔法の牛肉」

東日本大震災をきっかけに、放射線対策として「抗酸化力向上」の必要性を感じた日本機能性医学研究所所長の斎藤糧三医師。その具体策として食肉、中でも「牛肉」を活用することを思いついた。ただ、そこに使われるのは、ただの牛肉ではないという。

抗酸化能力を高める糖質制限に最適な「牛肉」を探す

免疫力
免疫力

抗酸化能力を高める糖質制限に最適な「牛肉」を探す

東日本大震災から来年で10年。この時の原発事故をきっかけに、「日本人の抗酸化能力を高める必要性」を唱え、「機能性医学」という新しい医学領域を開拓してきた医師がいる。日本機能性医学研究所所長の斎藤糧三医師だ。今回から、男の底力を高めるために知っておきたい「食の心得」を解説してもらう。第1回は、「日本人と抗酸化能力」について。

最強野菜!生のマカ「ベジマカ」の味とパワーを堪能できるお店35店舗一挙紹介

免疫力
免疫力

最強野菜!生のマカ「ベジマカ」の味とパワーを堪能できるお店35店舗一挙紹介

「マカ」は2000年前のインカ帝国の時代から滋養食材として珍重されてきた。だが、原産国ペルーは現在、乾燥粉末しか輸出しておらず、野菜としてのマカの実物を見た人は世界でも数少ない。そんなマカの国産品「ベジマカ」を使ったメニューが2020年10月5日から東京都内をはじめとする飲食店に登場した。世界的にも希少な生(なま)のマカの味とパワーとはどんなものか?生マカを初体験できるお店35店舗を一挙紹介する。

徹底解説!正しい目で見る食品選び

免疫力
免疫力

徹底解説!正しい目で見る食品選び

これまで5回にわたって、同志社大学生命医科学部の市川寛教授に「食と免疫」の視点から、健康維持と男の底力の向上を解説してもらってきた。今回はその最終回。「正しい目で見る食品選び」について。

最強野菜ベジマカ登場5〜「生涯現役」時代に大注目のスーパー食材

免疫力
免疫力

最強野菜ベジマカ登場5〜「生涯現役」時代に大注目のスーパー食材

ダイナック(東京都新宿区)、千吉(同中央区)、ビーエム(同品川区)の3社が期間限定で展開している特別メニューを通じて、サラリーマンの活力をサポートしているスーパー野菜、ベジマカ(日本産マカ)。一般社団法人ベジマカ協会の代表理事、萩原章史氏は「ベジマカが食生活やライフスタイルを見直すきっかけになれればうれしいです」と話す。

最強野菜ベジマカ登場4〜ステーキとの相性抜群、活力アップ間違いなし

免疫力
免疫力

最強野菜ベジマカ登場4〜ステーキとの相性抜群、活力アップ間違いなし

東京・JR大井町駅から徒歩3分ほどの距離にあるレストラン「ステーキハウスB&M 151A店」(東京都品川区)で、「ベジマカ」と呼ばれる日本産マカを活用したメニュー3品が展開されている。どれも上質な肉をふんだんに使い、高い栄養価を誇るベジマカと抜群の相性を見せている逸品だ。

最強野菜ベジマカ登場3〜カレーうどんにもトッピングで活力補給!

免疫力
免疫力

最強野菜ベジマカ登場3〜カレーうどんにもトッピングで活力補給!

手早く食べられることからサラリーマンのランチメニューとしても人気のうどんが、パワフルフードに進化した。「カレーうどん専門店 千吉」の全国展開を進めている千吉(東京都中央区)は、5日から期間限定で「ベジマカ」と呼ばれる日本産マカを活用した特別メニューを全16店舗で提供中だ。

男性の「自信」にも深く関係する「抗酸化」食品とは?

免疫力
免疫力

男性の「自信」にも深く関係する「抗酸化」食品とは?

あらゆる病気や老化の原因となるのは「活性酸素」だ。その活動を抑え込み、排除する「抗酸化作用」を持つ食品を積極的に摂ることは、健康維持の上で重要だ。効果的に活性酸素を除去するための食生活について、同志社大学生命医科学部教授の市川寛医師(消化器内科医)に解説してもらう。

最強野菜ベジマカ登場2〜初体験!マカの寿司、ステーキが食べられるお店一覧

免疫力
免疫力

最強野菜ベジマカ登場2〜初体験!マカの寿司、ステーキが食べられるお店一覧

2020年10月、東京都内で「ベジマカ」と呼ばれる日本産マカを活用した飲食メニューが登場した。古くから滋養強壮の食材として珍重されてきたマカは、“天然のサプリメント”といえるほど高い栄養価を誇る野菜。「ローズ&クラウン」「ワイン倶楽部」「魚盛」などを展開するダイナック(東京都新宿区)は、ベジマカを使ってバラエティー豊かな5品を生み出した。

最強野菜ベジマカ登場1〜妊活にも効果!日本産“生のマカ”が飲食店で食べられる

免疫力
免疫力

最強野菜ベジマカ登場1〜妊活にも効果!日本産“生のマカ”が飲食店で食べられる

栄養ドリンクやサプリメントなどでおなじみの「マカ」。栄養価が高く古くから南米ペルーで愛用されてきた食材なのだが、実は日本でも栽培されており、今月から東京都内の飲食店で日本産マカを活用した飲食メニューが登場しているのをご存じだろうか。食欲の秋に、疲れ切ったサラリーマンの活力をアップさせる「最強の野菜」が登場しているのだ。

実は「毒のようなもの」のカテキンが体に効果的なワケ

免疫力
免疫力

実は「毒のようなもの」のカテキンが体に効果的なワケ

機能性食品や機能性成分というと、それ自体が体にいいもの―というイメージがある。しかし、よく調べてみると、単なる栄養成分ではなく、生体を鍛えることで健康に近づける、という作用の成分もある。今回はそんな「訓練系機能性成分」の代表格、「カテキン」について、同志社大学生命医科学部教授の市川寛医師(消化器内科医)が解説する。

感染症やがん予防、男性機能向上にもつながる“最強食品”

免疫力
免疫力

感染症やがん予防、男性機能向上にもつながる“最強食品”

現在、免疫力を高める作用のある食品と、その機能性解明の研究が進んでいる。そこで、どんな食品をどのように摂取すれば私たちの健康維持に役立つのかについて、同志社大学生命医科学部の市川寛教授に解説してもらう。

日本でコロナ感染率が抑えられた謎解くカギは「食」か

免疫力
免疫力

日本でコロナ感染率が抑えられた謎解くカギは「食」か

特定の食品に免疫を調整する機能があることを証明する研究が進んでいる。消化器内科医で同志社大学生命医科学部の市川寛教授は、免疫力を高める働きを持つ具体的な食品素材に言及。日本人の食生活が、免疫力の維持に役立っていることが見えてくる。

【連載:コロナとセックスレス5】テレワーク、経済不安で少子化加速の可能性も

免疫力
免疫力

【連載:コロナとセックスレス5】テレワーク、経済不安で少子化加速の可能性も

コロナは飛沫感染、接触感染のリスクが高く、閉鎖した空間の近距離でのコミュニケーションは避けるべきで、濃厚接触の最たるものであるセックスのマイナスイメージは強くなった。しかし、感染リスクのないオンラインセックスが世界的に流行し、さまざまなスタイルのセクシュアル・コミュニケーションが誕生。トラブルに巻き込まれないように注意して活用すれば、コロナストレス解消やうつ予防につながると気軽に始める若者が増加している。

【連載:コロナとセックスレス4】若者は「オンラインセックス」に興味津々

免疫力
免疫力

【連載:コロナとセックスレス4】若者は「オンラインセックス」に興味津々

新型コロナ感染予防で、何もかもが急速にオンライン化した。仕事、学校、飲み会、旅行、墓参りから脱毛まで勢ぞろい。「やっぱりリアルじゃなきゃ…」と嘆く暇もないほどの猛烈な勢いだ。恋愛の始まりもマッチングアプリやオンライン婚活がきっかけで、そのままオンラインでセクシュアルなコミュニケーションまでを楽しむのが、ウィズコロナ時代のデフォルトになっていくのだろうか。

【連載:コロナとセックスレス3】あの“古典的手法”でレス解決も

免疫力
免疫力

【連載:コロナとセックスレス3】あの“古典的手法”でレス解決も

日本人夫婦の2人に1人はセックスレスであること、コロナ禍で関係が深まった夫婦がいる半面、中高年世代ではまだ少数派であること、などをお伝えしてきた。では、ウィズコロナの時代にどんな“新性活”様式を取り入れればいいのだろうか。

【連載:コロナとセックスレス2】「したくない」けど「いるとうれしい」複雑な女ゴコロ

免疫力
免疫力

【連載:コロナとセックスレス2】「したくない」けど「いるとうれしい」複雑な女ゴコロ

「ジャパンセックスサーベイ2020」の調査結果で、日本の夫婦の51.9%はセックスレスという現状を前回お伝えした。その理由を20年以上にわたり、夫婦間や恋人同士の不仲の相談にのってきたセックスレス改善の専門家、三松真由美氏にぶつけてみた。

【連載:コロナとセックスレス1】全国5000人の「セックス調査」結果は?

免疫力
免疫力

【連載:コロナとセックスレス1】全国5000人の「セックス調査」結果は?

コロナ禍のいま、3密はもちろん濃厚接触はご法度。ただでさえセックスレス大国の日本で、いったい世のカップルはどんな性生活を送っているのか。そんな素朴な疑問を連載で探っていく。

コロナで大注目!食品に期待される4つの免疫調整機能とは

免疫力
免疫力

コロナで大注目!食品に期待される4つの免疫調整機能とは

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、「免疫」への関心は高まるばかりだ。そこで今回から、食品を上手に選んで摂取することで得られる「免疫力の向上作用」について、消化器内科医で同志社大学生命医科学部の市川寛教授に解説してもらう。1回目は、「食品に期待される4つの免疫調整作用」について。

コロナ禍で大注目!男性ホルモンと女性ホルモンの違いとは?

免疫力
免疫力

コロナ禍で大注目!男性ホルモンと女性ホルモンの違いとは?

男性医療の第一人者である順天堂大学医学部の堀江重郎教授は、新型コロナウイルスによる自粛生活で多くの男性の活力ホルモン、テストステロンが出なくなっている、と懸念している。では、女性の状態はどうなのか。今回はホルモンと「幸せ」について堀江氏に考察してもらう。

コロナ撃退の免疫力アップにウオーキングは最高のワクチン

免疫力
免疫力

コロナ撃退の免疫力アップにウオーキングは最高のワクチン

新型コロナウイルスの感染拡大は「人間、最後にものをいうのは抵抗力」であることを認識させてくれた。そんな今「歩くことで免疫力アップが期待できる」という。その方法とは?

コロナ禍を強く生きる「無意識に幸福になる方法」

免疫力
免疫力

コロナ禍を強く生きる「無意識に幸福になる方法」

新型コロナウイルスの感染は東京を筆頭にまだ収まる気配はない。だが、多くの会社では徐々にテレワークや在宅勤務から通常勤務に戻りつつあり、通勤電車も込み合い始めている。男性医療の第一人者である順天堂大学医学部の堀江重郎教授は、この「新しい生活様式」の中で男性がどのようにパワーを発揮し、幸福度を高めていけるのかを考察する。

肥満の原因はコロナで落ちたテストステロンのせいかも

免疫力
免疫力

肥満の原因はコロナで落ちたテストステロンのせいかも

新型コロナウイルスの感染者数は減らず、終息はまだ見通せない。男性医療の第一人者である順天堂大学医学部の堀江重郎教授は、長引く自粛生活で男性の活力の源ともいえるホルモン「テストステロン」の低下に警鐘を鳴らす。

コロナ時代を生き抜く免疫力キーワード「セルフ・コンパッション」

免疫力
免疫力

コロナ時代を生き抜く免疫力キーワード「セルフ・コンパッション」

新型コロナウイルスはまだ不気味な動きを止めていない。少しずつ日常は戻ってきてはいるが、「新しい生活様式」と「新しい働き方」に戸惑う人も少なくない。男性医療の第一人者である順天堂大学医学部の堀江重郎教授は、ウィズ・コロナの時代を生き抜くキーワードとして「セルフ・コンパッション」を提唱する。

免疫力を高めるのに最低限必要な「抗体」の知識

免疫力
免疫力

免疫力を高めるのに最低限必要な「抗体」の知識

新型コロナウイルスの「抗体検査」が話題だ。さまざまな感染症から身を守る免疫力を高める方法を学ぶ前提として、今回は「抗体とは何か」について、男性医療の第一人者である順天堂大学医学部の堀江重郎教授=顔写真=に解説してもらう。

コロナ第2波に備える食薬習慣5〜食材に迷った時にどちらを選ぶか?

免疫力
免疫力

コロナ第2波に備える食薬習慣5〜食材に迷った時にどちらを選ぶか?

コロナ第2波に備える食薬講座の5回目は、まとめと食薬活用法です。これまで食事の基本、控えたほうが良い食材、免疫アップに役立つ栄養素と免疫力を強化する方法、そして対症療法的に起きてしまった炎症を抑える食材について紹介してきました。そこで、これまでご紹介した食材をどんなふうに取り入れたら効果的か整理しながら解説していきます。

コロナ第2波に備える食薬講座4〜からだの不調にはファイトケミカルを

免疫力
免疫力

コロナ第2波に備える食薬講座4〜からだの不調にはファイトケミカルを

4回目の食薬講座は、「あれ? ちょっとカラダがおかしいな…」と感じたときのための対策をお伝えします。不調を感じるとき、対症療法的にも使うことができる食薬です。

コロナ第2波に備える食薬講座3〜免疫力アップに役立つ食材一覧

免疫力
免疫力

コロナ第2波に備える食薬講座3〜免疫力アップに役立つ食材一覧

健康的な食事の基本と悪い習慣をやめることの大切さをお伝えしています。今回は、免疫力アップのために意識的に、とるとよい栄養素、具体的にはビタミンDやA、亜鉛、セレンについてお伝えしたいと思います。

コロナ第2波に備える食薬講座2〜免疫力を低下させる食べ物とは?

免疫力
免疫力

コロナ第2波に備える食薬講座2〜免疫力を低下させる食べ物とは?

新型コロナウイルスの第2波、第3波に備える健康体づくりのための食薬講座。1回目は食事の基本についてお伝えしましたが、胃腸の働きを整える食事以外にも大切なことが3つあります。

コロナ第2波に備える食薬講座1、簡単免疫力チェックリスト

免疫力
免疫力

コロナ第2波に備える食薬講座1、簡単免疫力チェックリスト

今年の上半期は、免疫の重要性を強く感じる半年となりましたね。今後、新型コロナウイルスに対する治療薬やワクチンができたとしても、またいつ違う病原菌やウイルスが出現するかわかりません。そこで、日々のカラダをつくっている食事のとりかたを一度見直してみましょう。「コロナ第2波、第3波に備える食薬講座」として、5回にわたり、体を整えるための効果的な食事の取り方について紹介していきます。

男の底力支えてきた「3密」に代わるものは?【男の底力上げる免疫力・体力強化術Vol.6】

免疫力
免疫力

男の底力支えてきた「3密」に代わるものは?【男の底力上げる免疫力・体力強化術Vol.6】

東京アラートは解除されましたが、コロナ以前の日常が戻ってくるわけではありません。世の中は「新しい生活様式」に向かって進んでいるのです。順天堂大学医学部の堀江重郎教授が3密から引き起こされる影響ついてご紹介。

免疫力アップで抑えておきたい"3つ"の食品成分【男の底力上げる免疫力・体力強化術Vol.5】

免疫力
免疫力

免疫力アップで抑えておきたい"3つ"の食品成分【男の底力上げる免疫力・体力強化術Vol.5】

新型コロナウイルスに打ち克つ切り札のひとつである「免疫力」。免疫力アップの3つのポイント「笑うこと」、「日にあたること」、「いろいろなものを食べること」のうち、今回は3つめの「食の多様性」について順天堂大学医学部教授【堀江重郎氏】に解説してもらいます。

日光にあたりビタミンDを活性化する【男の底力上げる免疫力・体力強化術Vol.4】

免疫力
免疫力

日光にあたりビタミンDを活性化する【男の底力上げる免疫力・体力強化術Vol.4】

緊急事態が解除されましたが、これからは自分のからだを自分で守ることが、よりいっそう大切になります。特に「基礎疾患」持っている方はコロナウイルスにかかった際に重症化しやすい。「基礎疾患」がお持ちの方はからだがサビやすい状態です。順天堂大学医学部教授「堀江重郎氏」が体がサビる原因と防ぐ方法をお届けします。

免疫力を高め、男性ホルモンも上げる「笑う事」の重要性について【男の底力上げる免疫力・体力強化術Vol.3】

免疫力
免疫力

免疫力を高め、男性ホルモンも上げる「笑う事」の重要性について【男の底力上げる免疫力・体力強化術Vol.3】

新型コロナウイルスのパンデミックで一躍注目されている「免疫力」。実は”笑う”ことが免疫力を高め、男性ホルモンも上げる作用があります。更によく笑うことは、よく運動することと同じような作用があるのです。そんな「笑い」について患者さんの実体験も含め「免疫力」との因果関係を順天堂大学医学部教授・堀江重郎氏がご紹介します。

免疫力を上げるために生活習慣を見直そう【男の底力上げる免疫力・体力強化術Vol.2】

免疫力
免疫力

免疫力を上げるために生活習慣を見直そう【男の底力上げる免疫力・体力強化術Vol.2】

新型コロナウイルス感染拡大を機に、「免疫」が重視されています。コロナウイルスに実際かかっていても、まったく症状がなく済んでしまった人は、基本的には免疫力が高い人と考えられます。今後も付き合っていかないといけないコロナ感染脅威。今こそ自分の"免疫力"を上げるために、まずは生活習慣を見直してみましょう。

免疫力高める中高年男性におすすめのコンビニ食と料理

免疫力
免疫力

免疫力高める中高年男性におすすめのコンビニ食と料理

夕刊フジで毎週水曜日「きょうから実践 外食・コンビニ健康法」を連載している管理栄養士の浅野まみこ氏が、近所のコンビニで手軽に購入できて、自宅でリモートワーク中のサラリーマンでも簡単に作れる栄養満点メニューをレシピ付きでご紹介します。

コロナ疲れを解消し免疫力を高める食事と運動方法

免疫力
免疫力

コロナ疲れを解消し免疫力を高める食事と運動方法

新型コロナウイルスの第2波・第3波を恐れ外出を控える方も多く、不安を募らせる毎日でコロナ疲れもピークになっているのではないでしょうか。氣仙長生治療院(千葉市)の氣仙英郎院長が家族みんなが、心身ともにリラックスでき、しかも健康になるコロナ疲れ解消術をご紹介します

免疫力の仕組みとは【男の底力上げる免疫力・体力強化術Vol.1】

免疫力
免疫力

免疫力の仕組みとは【男の底力上げる免疫力・体力強化術Vol.1】

緊急事態宣言は解除がされましたが、引く自粛でストレスをためこんでいる人も多かった事でしょう。今後は自身の健康は自分で守る意識を高めなければなりません。また、特効薬ない現状は免疫力がカギです。本記事で免疫力の仕組みをしっかり理解してコロナとともに生きていく準備を整えましょう。

食べずにダイエットすると頑固な肥満に…薄毛や免疫力低下も【モテる体をつくる】

免疫力
免疫力

食べずにダイエットすると頑固な肥満に…薄毛や免疫力低下も【モテる体をつくる】

ダイエットのために「食べない」という人がいますが、タンパク質が摂取できないと筋力が落ち、余計な脂肪だけが残ってしまいます。自分の体の状態を知るために「基礎代謝量」の計算を学びましょう。

SNSフォロー

YouTubeライブセミナー開催

ダンテス人気記事