免疫力

新型コロナウイルスのパンデミックで大きな注目を集めている「免疫力」。ここでは特に、40代以上の男性にとっての免疫力の大切さと、適切な免疫力をつけるための方法を紹介します。(※免疫力という言葉は医学用語ではありませんが、当サイトでは便宜的に使用します)

実は「毒のようなもの」のカテキンが体に効果的なワケ

免疫力
免疫力

実は「毒のようなもの」のカテキンが体に効果的なワケ

機能性食品や機能性成分というと、それ自体が体にいいもの―というイメージがある。しかし、よく調べてみると、単なる栄養成分ではなく、生体を鍛えることで健康に近づける、という作用の成分もある。今回はそんな「訓練系機能性成分」の代表格、「カテキン」について、同志社大学生命医科学部教授の市川寛医師(消化器内科医)が解説する。

感染症やがん予防、男性機能向上にもつながる“最強食品”

免疫力
免疫力

感染症やがん予防、男性機能向上にもつながる“最強食品”

現在、免疫力を高める作用のある食品と、その機能性解明の研究が進んでいる。そこで、どんな食品をどのように摂取すれば私たちの健康維持に役立つのかについて、同志社大学生命医科学部の市川寛教授に解説してもらう。

日本でコロナ感染率が抑えられた謎解くカギは「食」か

免疫力
免疫力

日本でコロナ感染率が抑えられた謎解くカギは「食」か

特定の食品に免疫を調整する機能があることを証明する研究が進んでいる。消化器内科医で同志社大学生命医科学部の市川寛教授は、免疫力を高める働きを持つ具体的な食品素材に言及。日本人の食生活が、免疫力の維持に役立っていることが見えてくる。

【連載:コロナとセックスレス5】テレワーク、経済不安で少子化加速の可能性も

免疫力
免疫力

【連載:コロナとセックスレス5】テレワーク、経済不安で少子化加速の可能性も

コロナは飛沫感染、接触感染のリスクが高く、閉鎖した空間の近距離でのコミュニケーションは避けるべきで、濃厚接触の最たるものであるセックスのマイナスイメージは強くなった。しかし、感染リスクのないオンラインセックスが世界的に流行し、さまざまなスタイルのセクシュアル・コミュニケーションが誕生。トラブルに巻き込まれないように注意して活用すれば、コロナストレス解消やうつ予防につながると気軽に始める若者が増加している。

【連載:コロナとセックスレス4】若者は「オンラインセックス」に興味津々

免疫力
免疫力

【連載:コロナとセックスレス4】若者は「オンラインセックス」に興味津々

新型コロナ感染予防で、何もかもが急速にオンライン化した。仕事、学校、飲み会、旅行、墓参りから脱毛まで勢ぞろい。「やっぱりリアルじゃなきゃ…」と嘆く暇もないほどの猛烈な勢いだ。恋愛の始まりもマッチングアプリやオンライン婚活がきっかけで、そのままオンラインでセクシュアルなコミュニケーションまでを楽しむのが、ウィズコロナ時代のデフォルトになっていくのだろうか。

【連載:コロナとセックスレス3】あの“古典的手法”でレス解決も

免疫力
免疫力

【連載:コロナとセックスレス3】あの“古典的手法”でレス解決も

日本人夫婦の2人に1人はセックスレスであること、コロナ禍で関係が深まった夫婦がいる半面、中高年世代ではまだ少数派であること、などをお伝えしてきた。では、ウィズコロナの時代にどんな“新性活”様式を取り入れればいいのだろうか。

【連載:コロナとセックスレス2】「したくない」けど「いるとうれしい」複雑な女ゴコロ

免疫力
免疫力

【連載:コロナとセックスレス2】「したくない」けど「いるとうれしい」複雑な女ゴコロ

「ジャパンセックスサーベイ2020」の調査結果で、日本の夫婦の51.9%はセックスレスという現状を前回お伝えした。その理由を20年以上にわたり、夫婦間や恋人同士の不仲の相談にのってきたセックスレス改善の専門家、三松真由美氏にぶつけてみた。

【連載:コロナとセックスレス1】全国5000人の「セックス調査」結果は?

免疫力
免疫力

【連載:コロナとセックスレス1】全国5000人の「セックス調査」結果は?

コロナ禍のいま、3密はもちろん濃厚接触はご法度。ただでさえセックスレス大国の日本で、いったい世のカップルはどんな性生活を送っているのか。そんな素朴な疑問を連載で探っていく。

コロナで大注目!食品に期待される4つの免疫調整機能とは

免疫力
免疫力

コロナで大注目!食品に期待される4つの免疫調整機能とは

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、「免疫」への関心は高まるばかりだ。そこで今回から、食品を上手に選んで摂取することで得られる「免疫力の向上作用」について、消化器内科医で同志社大学生命医科学部の市川寛教授に解説してもらう。1回目は、「食品に期待される4つの免疫調整作用」について。

コロナ禍で大注目!男性ホルモンと女性ホルモンの違いとは?

免疫力
免疫力

コロナ禍で大注目!男性ホルモンと女性ホルモンの違いとは?

男性医療の第一人者である順天堂大学医学部の堀江重郎教授は、新型コロナウイルスによる自粛生活で多くの男性の活力ホルモン、テストステロンが出なくなっている、と懸念している。では、女性の状態はどうなのか。今回はホルモンと「幸せ」について堀江氏に考察してもらう。

コロナ撃退の免疫力アップにウオーキングは最高のワクチン

免疫力
免疫力

コロナ撃退の免疫力アップにウオーキングは最高のワクチン

新型コロナウイルスの感染拡大は「人間、最後にものをいうのは抵抗力」であることを認識させてくれた。そんな今「歩くことで免疫力アップが期待できる」という。その方法とは?

コロナ禍を強く生きる「無意識に幸福になる方法」

免疫力
免疫力

コロナ禍を強く生きる「無意識に幸福になる方法」

新型コロナウイルスの感染は東京を筆頭にまだ収まる気配はない。だが、多くの会社では徐々にテレワークや在宅勤務から通常勤務に戻りつつあり、通勤電車も込み合い始めている。男性医療の第一人者である順天堂大学医学部の堀江重郎教授は、この「新しい生活様式」の中で男性がどのようにパワーを発揮し、幸福度を高めていけるのかを考察する。

肥満の原因はコロナで落ちたテストステロンのせいかも

免疫力
免疫力

肥満の原因はコロナで落ちたテストステロンのせいかも

新型コロナウイルスの感染者数は減らず、終息はまだ見通せない。男性医療の第一人者である順天堂大学医学部の堀江重郎教授は、長引く自粛生活で男性の活力の源ともいえるホルモン「テストステロン」の低下に警鐘を鳴らす。

コロナ時代を生き抜く免疫力キーワード「セルフ・コンパッション」

免疫力
免疫力

コロナ時代を生き抜く免疫力キーワード「セルフ・コンパッション」

新型コロナウイルスはまだ不気味な動きを止めていない。少しずつ日常は戻ってきてはいるが、「新しい生活様式」と「新しい働き方」に戸惑う人も少なくない。男性医療の第一人者である順天堂大学医学部の堀江重郎教授は、ウィズ・コロナの時代を生き抜くキーワードとして「セルフ・コンパッション」を提唱する。

免疫力を高めるのに最低限必要な「抗体」の知識

免疫力
免疫力

免疫力を高めるのに最低限必要な「抗体」の知識

新型コロナウイルスの「抗体検査」が話題だ。さまざまな感染症から身を守る免疫力を高める方法を学ぶ前提として、今回は「抗体とは何か」について、男性医療の第一人者である順天堂大学医学部の堀江重郎教授=顔写真=に解説してもらう。

コロナ第2波に備える食薬習慣5〜食材に迷った時にどちらを選ぶか?

免疫力
免疫力

コロナ第2波に備える食薬習慣5〜食材に迷った時にどちらを選ぶか?

コロナ第2波に備える食薬講座の5回目は、まとめと食薬活用法です。これまで食事の基本、控えたほうが良い食材、免疫アップに役立つ栄養素と免疫力を強化する方法、そして対症療法的に起きてしまった炎症を抑える食材について紹介してきました。そこで、これまでご紹介した食材をどんなふうに取り入れたら効果的か整理しながら解説していきます。

コロナ第2波に備える食薬講座4〜からだの不調にはファイトケミカルを

免疫力
免疫力

コロナ第2波に備える食薬講座4〜からだの不調にはファイトケミカルを

4回目の食薬講座は、「あれ? ちょっとカラダがおかしいな…」と感じたときのための対策をお伝えします。不調を感じるとき、対症療法的にも使うことができる食薬です。

コロナ第2波に備える食薬講座3〜免疫力アップに役立つ食材一覧

免疫力
免疫力

コロナ第2波に備える食薬講座3〜免疫力アップに役立つ食材一覧

健康的な食事の基本と悪い習慣をやめることの大切さをお伝えしています。今回は、免疫力アップのために意識的に、とるとよい栄養素、具体的にはビタミンDやA、亜鉛、セレンについてお伝えしたいと思います。

コロナ第2波に備える食薬講座2〜免疫力を低下させる食べ物とは?

免疫力
免疫力

コロナ第2波に備える食薬講座2〜免疫力を低下させる食べ物とは?

新型コロナウイルスの第2波、第3波に備える健康体づくりのための食薬講座。1回目は食事の基本についてお伝えしましたが、胃腸の働きを整える食事以外にも大切なことが3つあります。

コロナ第2波に備える食薬講座1、簡単免疫力チェックリスト

免疫力
免疫力

コロナ第2波に備える食薬講座1、簡単免疫力チェックリスト

今年の上半期は、免疫の重要性を強く感じる半年となりましたね。今後、新型コロナウイルスに対する治療薬やワクチンができたとしても、またいつ違う病原菌やウイルスが出現するかわかりません。そこで、日々のカラダをつくっている食事のとりかたを一度見直してみましょう。「コロナ第2波、第3波に備える食薬講座」として、5回にわたり、体を整えるための効果的な食事の取り方について紹介していきます。

男の底力支えてきた「3密」に代わるものは?【男の底力上げる免疫力・体力強化術Vol.6】

免疫力
免疫力

男の底力支えてきた「3密」に代わるものは?【男の底力上げる免疫力・体力強化術Vol.6】

東京アラートは解除されましたが、コロナ以前の日常が戻ってくるわけではありません。世の中は「新しい生活様式」に向かって進んでいるのです。順天堂大学医学部の堀江重郎教授が3密から引き起こされる影響ついてご紹介。

免疫力アップで抑えておきたい"3つ"の食品成分【男の底力上げる免疫力・体力強化術Vol.5】

免疫力
免疫力

免疫力アップで抑えておきたい"3つ"の食品成分【男の底力上げる免疫力・体力強化術Vol.5】

新型コロナウイルスに打ち克つ切り札のひとつである「免疫力」。免疫力アップの3つのポイント「笑うこと」、「日にあたること」、「いろいろなものを食べること」のうち、今回は3つめの「食の多様性」について順天堂大学医学部教授【堀江重郎氏】に解説してもらいます。

日光にあたりビタミンDを活性化する【男の底力上げる免疫力・体力強化術Vol.4】

免疫力
免疫力

日光にあたりビタミンDを活性化する【男の底力上げる免疫力・体力強化術Vol.4】

緊急事態が解除されましたが、これからは自分のからだを自分で守ることが、よりいっそう大切になります。特に「基礎疾患」持っている方はコロナウイルスにかかった際に重症化しやすい。「基礎疾患」がお持ちの方はからだがサビやすい状態です。順天堂大学医学部教授「堀江重郎氏」が体がサビる原因と防ぐ方法をお届けします。

免疫力を高め、男性ホルモンも上げる「笑う事」の重要性について【男の底力上げる免疫力・体力強化術Vol.3】

免疫力
免疫力

免疫力を高め、男性ホルモンも上げる「笑う事」の重要性について【男の底力上げる免疫力・体力強化術Vol.3】

新型コロナウイルスのパンデミックで一躍注目されている「免疫力」。実は”笑う”ことが免疫力を高め、男性ホルモンも上げる作用があります。更によく笑うことは、よく運動することと同じような作用があるのです。そんな「笑い」について患者さんの実体験も含め「免疫力」との因果関係を順天堂大学医学部教授・堀江重郎氏がご紹介します。

免疫力を上げるために生活習慣を見直そう【男の底力上げる免疫力・体力強化術Vol.2】

免疫力
免疫力

免疫力を上げるために生活習慣を見直そう【男の底力上げる免疫力・体力強化術Vol.2】

新型コロナウイルス感染拡大を機に、「免疫」が重視されています。コロナウイルスに実際かかっていても、まったく症状がなく済んでしまった人は、基本的には免疫力が高い人と考えられます。今後も付き合っていかないといけないコロナ感染脅威。今こそ自分の"免疫力"を上げるために、まずは生活習慣を見直してみましょう。

免疫力高める中高年男性におすすめのコンビニ食と料理

免疫力
免疫力

免疫力高める中高年男性におすすめのコンビニ食と料理

夕刊フジで毎週水曜日「きょうから実践 外食・コンビニ健康法」を連載している管理栄養士の浅野まみこ氏が、近所のコンビニで手軽に購入できて、自宅でリモートワーク中のサラリーマンでも簡単に作れる栄養満点メニューをレシピ付きでご紹介します。

コロナ疲れを解消し免疫力を高める食事と運動方法

免疫力
免疫力

コロナ疲れを解消し免疫力を高める食事と運動方法

新型コロナウイルスの第2波・第3波を恐れ外出を控える方も多く、不安を募らせる毎日でコロナ疲れもピークになっているのではないでしょうか。氣仙長生治療院(千葉市)の氣仙英郎院長が家族みんなが、心身ともにリラックスでき、しかも健康になるコロナ疲れ解消術をご紹介します

免疫力の仕組みとは【男の底力上げる免疫力・体力強化術Vol.1】

免疫力
免疫力

免疫力の仕組みとは【男の底力上げる免疫力・体力強化術Vol.1】

緊急事態宣言は解除がされましたが、引く自粛でストレスをためこんでいる人も多かった事でしょう。今後は自身の健康は自分で守る意識を高めなければなりません。また、特効薬ない現状は免疫力がカギです。本記事で免疫力の仕組みをしっかり理解してコロナとともに生きていく準備を整えましょう。

食べずにダイエットすると頑固な肥満に…薄毛や免疫力低下も【モテる体をつくる】

免疫力
免疫力

食べずにダイエットすると頑固な肥満に…薄毛や免疫力低下も【モテる体をつくる】

ダイエットのために「食べない」という人がいますが、タンパク質が摂取できないと筋力が落ち、余計な脂肪だけが残ってしまいます。自分の体の状態を知るために「基礎代謝量」の計算を学びましょう。