ウェルネス

人生100年の時代。40-50代はまだ半分の年齢です。今後の人生を活力豊かに過ごすためにも健康や体力は欠かせません。40代以上の男性が元気を保つためのトレーニング法やダイエット法、元気の素となるサプリの情報などをお届けします。

「良いストレス」を促進し、季節の変わり目の不調を撃退する筋トレとは

ウェルネス
ウェルネス

「良いストレス」を促進し、季節の変わり目の不調を撃退する筋トレとは

3月半ばから4月初旬にかけては仕事や生活環境の変化、季節の変わり目などでメンタル面の調子が崩れやすく、鬱や適応障害などのリスクが高まりやすい時期です。一時的な気分の落ち込みに、さまざまな要因が複雑に絡み合い、脳のエネルギーが低下することで鬱になります。また、意欲が低下するなどの精神症状のほか、眠れない、だるいといった症状が続くこともあります。

1日の寒暖差のストレスを吹き飛ばす「首のストレッチ」

ウェルネス
ウェルネス

1日の寒暖差のストレスを吹き飛ばす「首のストレッチ」

1年の中でも寒暖差が起こりやすい春の季節は、日ごとの気温差はもちろんのこと、1日の中でも昼と夜の寒暖差が大きくなります。この寒暖差の繰り返しが体へのストレスとなって体温調節がうまくできず、自律神経のバランスが乱れてしまうことがあります。

季節の変わり目の不調を正す栄養素と食事、そして筋トレ

ウェルネス
ウェルネス

季節の変わり目の不調を正す栄養素と食事、そして筋トレ

今回は季節の変わり目で体調不調になった際に、改善してくれる栄養素や食事について紹介します。まずは、その前に自分がどのような状態にあるかをチェックしてみましょう。1つでもあったら要注意で、3つ以上ある人はすでに不調を起こしている可能性があります。

季節の変わり目の不調、自律神経の乱れを改善する筋肉トレーニング

ウェルネス
ウェルネス

季節の変わり目の不調、自律神経の乱れを改善する筋肉トレーニング

冬から春へと季節が移行する3月は、気温の寒暖差や気圧の変動が大きい時期です。そんな時期に限ってなぜか「偏頭痛がする」「眠くなる」「体がだるくなる」といった経験をしたことはありませんか。

コロナ禍の感染症リスクを避け免疫力を上げる「食材」公開

ウェルネス
ウェルネス

コロナ禍の感染症リスクを避け免疫力を上げる「食材」公開

前回は免疫力を下げない方法の1つとして、「バランスの良い食事」を紹介しました。今回は、感染症のリスクを下げるうえでの食事の注意点について具体的に紹介します。

免疫力強化とコロナ禍の運動不足解消、一石二鳥のトレーニング

ウェルネス
ウェルネス

免疫力強化とコロナ禍の運動不足解消、一石二鳥のトレーニング

今回は免疫力について紹介します。「健康ニーズ基本調査2020」によると、2019年から20年にかけて最も関心が増したワードは「免疫力」でした。では、どうすれば免疫力を高められるのでしょうか?

コロナ禍で「健康二次被害」懸念、運動不足解消の筋トレとは?

ウェルネス
ウェルネス

コロナ禍で「健康二次被害」懸念、運動不足解消の筋トレとは?

コロナ禍で「新しい生活様式」が求められている中、スポーツ庁から「身体的及び精神的な健康を脅かす健康2次被害が懸念される」と報告がありました。「健康2次被害」とは、どのようなものでしょうか?

コロナで運動不足になった人は「スロースクワット」をやろう!

ウェルネス
ウェルネス

コロナで運動不足になった人は「スロースクワット」をやろう!

コロナ禍で人との接触機会を減らすという流れが全国に広がり、多くの企業がテレワークや在宅勤務を導入したことで、運動不足に伴う健康や精神面が問題となっています。

体内をリセットする水と食材で年末年始太り解消

ウェルネス
ウェルネス

体内をリセットする水と食材で年末年始太り解消

今回は体内をリセットするための食材をいくつか紹介します。 まずは白湯について。お湯を沸かして10分ほど火にかけた後、常温で体温近くまで冷ましたものが白湯です。

年末年始太りを解消する筋トレの適切な「回数」と「セット数」はこれだ

ウェルネス
ウェルネス

年末年始太りを解消する筋トレの適切な「回数」と「セット数」はこれだ

太った体形が当たり前になると、元に戻すためのダイエットや運動はどんどんおっくうになってしまいますよね。「体が重くなったな」という違和感があるうちに行動することが大切です。

年末年始太り解消のために「空腹を抑えるコツ」

ウェルネス
ウェルネス

年末年始太り解消のために「空腹を抑えるコツ」

コロナ自粛もあり、「年末年始太り」をした人が急増しているようです。「年末年始太り解消のダイエット方法」について調べると、「食事制限」が87%と最多で、「筋トレ」の43%や「有酸素運動」の36%を大きく上回りました。

【年末年始太り解消】5キロ太った体を元に戻そう

ウェルネス
ウェルネス

【年末年始太り解消】5キロ太った体を元に戻そう

年末年始は旅行に出かけたり、帰省したりと楽しい期間なのですが、今回はコロナ禍もあり、自宅で過ごされた人が多いと思います。この時期はおいしい料理を食べて過ごす機会が増えるので、どうしても太りやすくなりますよね。

ストレッチで疲労回復と血圧安定、腸腰筋ストレッチのやり方

ウェルネス
ウェルネス

ストレッチで疲労回復と血圧安定、腸腰筋ストレッチのやり方

体を鍛えるだけでなく整えることがいかに大切か。これまで3回にわたりストレッチの良さを紹介してきました。単に体を伸ばすだけの動作ですが種類も多く、それぞれに目的があります。

年末年始休みの不調を解消!最適なストレッチのやり方

ウェルネス
ウェルネス

年末年始休みの不調を解消!最適なストレッチのやり方

今回はストレッチのポイントについて紹介します。硬くなっている体を不用意に伸ばすと、腱や靭帯を傷めることがあります。ストレッチは体が温かい状態の運動後や、お風呂上がりなどに十分温めてから行ってください。筋肉の緊張をほぐして血流を戻すことで、精神的なリラックス効果も期待できます。

1回で効果を実感できるストレッチの種類とポイント

ウェルネス
ウェルネス

1回で効果を実感できるストレッチの種類とポイント

ストレッチは体を柔らかくするうえで、とても身近で比較的安全な運動です。ストレッチを目的に合った方法で行うと、さらに効果を発揮します。そこで今回は、さまざまなストレッチの種類とポイントについて紹介します。

ご用心!硬い体は老化を早める

ウェルネス
ウェルネス

ご用心!硬い体は老化を早める

年齢を重ねてくると、「前屈動作がしにくい」「腰をそりにくい」「腕が上がらない」「肩がカチカチに硬くなってしまった」など、ちょっとした体の不調を感じる人が増えてきます。

体のメンテナンスに絶対欠かせない「ストレッチ」

ウェルネス
ウェルネス

体のメンテナンスに絶対欠かせない「ストレッチ」

今回からの「艶男(ツヤダン)式ストレッチ編」では、運動メニュー以外に「体を調整する」ことにも触れていきます。そこで、まずはいま話題の「筋膜リリース」を通じてセルフメンテナンスを専門に広く活動している「IMPHY(インフィー)」の講習会に参加した様子を紹介します。

50代以上が「ぽっこりお腹」になる理由と「防ぐダイエット」

ウェルネス
ウェルネス

50代以上が「ぽっこりお腹」になる理由と「防ぐダイエット」

自分らしさが輝く、素敵な50代。しかし、ぽっこりとお腹が出ていては何を着ても格好悪いですよね。お腹周りは見た目にも大切だと分かっているのに、なぜかぽっこりお腹になってしまうのが50代です。

【50代からの若返りダイエット】痩せるためにはまず「計算」が大事

ウェルネス
ウェルネス

【50代からの若返りダイエット】痩せるためにはまず「計算」が大事

夏と違って脂肪がたまりやすい本格的な冬がやってきます。例年なら飲み会や外食などが増え、お酒や食事量も増える時期です。ただし、今年はコロナ禍で例年通りとはいかないですよね。そこで今回は、運動以外での体脂肪の減らし方について紹介します。

【50代からの若返りダイエット】持続可能で効果的なトレーニング法とは?

ウェルネス
ウェルネス

【50代からの若返りダイエット】持続可能で効果的なトレーニング法とは?

前回は運動を始めるうえでのモチベーションの重要性について紹介しました。自分なりにきっかけを作って、しばらく運動を継続していると、少しずつ体に変化が出てきて気持ちが前向きになり運動をより楽しめるようになります。そうなれば、あとは趣味や生活の一部にうまく取り入れて、無理のないメニューで継続することです。

【50代からの若返りダイエット】普段の生活に少しだけでも取り入れられる筋トレ

ウェルネス
ウェルネス

【50代からの若返りダイエット】普段の生活に少しだけでも取り入れられる筋トレ

今回から4回にわたり「50代からの若返りダイエット編」を紹介していきます。昨今の50代は体力的にパワフルで、仕事はもちろん余暇も積極的に行動しています。

今より10分体を動かすだけで生活習慣病の危険度は下がる

ウェルネス
ウェルネス

今より10分体を動かすだけで生活習慣病の危険度は下がる

今週は普段から運動習慣がない人に向けて「生活習慣病予防対策の始め方」を紹介します。

高血圧の発症リスクを減らす方法と筋トレ「オーバースクワット」のやり方

ウェルネス
ウェルネス

高血圧の発症リスクを減らす方法と筋トレ「オーバースクワット」のやり方

今週は3大生活習慣病の一つである、高血圧について解説します。高血圧は過食や過剰な塩分摂取、運動不足などが主な原因。まずは適切に予防することが何よりも大切です。

代表的な生活習慣病改善に役立つ筋トレ「グッドモーニング」のやり方

ウェルネス
ウェルネス

代表的な生活習慣病改善に役立つ筋トレ「グッドモーニング」のやり方

今週は、生活習慣病にはどのような代表的な病気があるかを紹介します。

生活習慣病予防の心得と筋トレ「ニー ハイ」のやり方

ウェルネス
ウェルネス

生活習慣病予防の心得と筋トレ「ニー ハイ」のやり方

今回から4回にわたり、「生活習慣病予防対策編」をお送りします。 食事の習慣や日頃の運動不足、会社でのストレス、喫煙や過度の飲酒といった悪い習慣の積み重ねによって起きる病気が、生活習慣病です。これをどう予防対策すればいいでしょうか。

悪い姿勢が体に何をもたらすか?〜改善筋トレ「スコーピオン」のやり方

ウェルネス
ウェルネス

悪い姿勢が体に何をもたらすか?〜改善筋トレ「スコーピオン」のやり方

姿勢改善編の最終回は、「猫背などの不良姿勢は、なぜ体に悪いのか」について解説します。

思考も乱す「疲労」を簡単に解消するアイテム

ウェルネス
ウェルネス

思考も乱す「疲労」を簡単に解消するアイテム

月曜日になると憂鬱な気持ちになり、体の不調を訴えるお客さまが当ジムにも多くいらっしゃいます。週の始めはスクワットの挙上重量が平均して5キロほど落ち、筋持久力も同時に低下するという傾向も見られます。

疲労回復し明日の活力上げる「ネックホルダー」のやり方

ウェルネス
ウェルネス

疲労回復し明日の活力上げる「ネックホルダー」のやり方

コロナ禍の中、慣れない環境での仕事が続き、疲れがたまっていませんか。疲れはその日のうちに解消し、できれば翌日に残したくないですよね。疲れにくい体をつくる運動があります。それは「ストレッチ」です。疲労回復=ストレッチと言われるほど、日々の疲れをリセットしてくれます。

姿勢改善筋トレ「ナインティハーフ」で仕事疲れを解消しよう

ウェルネス
ウェルネス

姿勢改善筋トレ「ナインティハーフ」で仕事疲れを解消しよう

いくら筋肉を鍛えても、姿勢が悪ければカッコイイ男とは言えません。そこで今回から「仕事疲れ解消!姿勢改善編」と題し、姿勢を正すためのストレッチを中心としたトレーニングを4回にわたり紹介していきます。

コロナでも痩せた人たちの生活習慣と食習慣とは?

ウェルネス
ウェルネス

コロナでも痩せた人たちの生活習慣と食習慣とは?

今回は「コロナ太り」とは逆に、外出自粛期間中に「コロナ痩せ」に成功した人たちの事例を紹介します。

コロナ太り3キロ分を減らすための筋トレ「ドロップランジ」

ウェルネス
ウェルネス

コロナ太り3キロ分を減らすための筋トレ「ドロップランジ」

外出自粛によるコロナ太りは、平均で3キロ増だったという調査結果を以前紹介しました。では、この3キロを落とすにはどうすればいいのでしょうか。

コロナで注目の免疫力を高める筋トレ「ドロップ スクワット」

ウェルネス
ウェルネス

コロナで注目の免疫力を高める筋トレ「ドロップ スクワット」

今回はコロナ禍で改めて注目されている「免疫力」について、運動とどのように関連するのかを説明し、さらに外出自粛太り解消の2つめのトレーニング「ドロップ スクワット」を紹介します。

コロナ太りを解消し免疫力アップの筋力をつけるトレーニング

ウェルネス
ウェルネス

コロナ太りを解消し免疫力アップの筋力をつけるトレーニング

今回から4回にわたり「外出自粛太り解消」のトレーニングを紹介していきます。本日のトレーニング名は「ボックス ダイアゴナル リーチ」です。

お腹まわりをスッキリさせる食材と食べ方、筋トレ法

ウェルネス
ウェルネス

お腹まわりをスッキリさせる食材と食べ方、筋トレ法

お腹まわりをスッキリさせるには、トレーニングのほかに食事も重要です。「食べなければ何とかなる」と思っている人がいますが、ストレスがたまるので、そんな無駄なことをする必要はありません。今回は基本的な減量方法について紹介します。

BMIを適正値に戻したい人のための筋トレ法はこれだ

ウェルネス
ウェルネス

BMIを適正値に戻したい人のための筋トレ法はこれだ

脂肪は「なければいいもの」ではなく、必要な面もあります。その必要性を述べつつも「体脂肪」は適正範囲内を目指しましょうとこちらで提案しました。今回は体組成計などで測定した際に表示される「BMI(Body Mass Index)」について説明します。

肥満を元から絶つ!内臓脂肪を減らす筋トレ「ロシアンツイスト」のやり方

ウェルネス
ウェルネス

肥満を元から絶つ!内臓脂肪を減らす筋トレ「ロシアンツイスト」のやり方

今回は【お腹まわりすっきり編】2つ目として、前にも横にも乗っかったお腹まわりのぜい肉を撃退するトレーニング、「ロシアンツイスト」を紹介します。

ベルトに乗ったお腹を消すトレーニング開始!

ウェルネス
ウェルネス

ベルトに乗ったお腹を消すトレーニング開始!

今回から「のっかりお腹からすっきりお腹へ」を目指す【お腹まわりすっきり編】を紹介していきます。

あと15年働き続ける体をつくる体幹トレーニング「マウンテンクライマー」

ウェルネス
ウェルネス

あと15年働き続ける体をつくる体幹トレーニング「マウンテンクライマー」

運動することは病気や死亡率にどのような影響を与えるのでしょうか。結論から言いますと、運動不足は生活習慣病のリスクを高め、心筋梗塞や脳卒中などで死にいたる危険性が極めて高くなることが報告されています。肥満によって引き起こされる脂質異常や高血圧、耐糖能異常といった病気も怖いですよね。

動画追加! 強靱な肉体を手に入れるためのコアトレーニング「アップダウンプランク」

ウェルネス
ウェルネス

動画追加! 強靱な肉体を手に入れるためのコアトレーニング「アップダウンプランク」

「健康な体」になるために、なぜ「コアトレーニング」が有効的なのでしょうか。実は最近は一般向けとしてはもちろん、腰痛や膝痛など慢性的な痛みのある人や、高齢者のリハビリ的な運動としても取り入れられ、老若男女問わず、さまざまな目的に適応可能なトレーニングの一つとなっているのです。

あと15年働く体をつくる体幹トレーニング【クロスプランク】

ウェルネス
ウェルネス

あと15年働く体をつくる体幹トレーニング【クロスプランク】

運動を習慣化させることは難しい、と感じている人は多いと思います。運動で目的を達成するために大事なことの一つは、運動を生活の一部としていかに習慣化させられるか、にあります。あと15年働き抜くためにも体の基本である体幹を鍛えましょう。今回はクロスプランクを紹介します。

あと15年働く体をつくる体幹トレーニング【レッグリフト】

ウェルネス
ウェルネス

あと15年働く体をつくる体幹トレーニング【レッグリフト】

DANTESをご覧のみなさんの中には50-60代でもまだまだ元気で、働き盛りの人が多いと思います。もはや60歳で定年退職を迎える時代ではありません。しかも、コロナ禍で経済はどんどん厳しくなっています。混沌とした社会を生き抜くには、特に50-60代の人の豊富な経験が求められます。あと10年、いや15年間をしっかり働き抜くためのコアトレーニングを紹介しましょう。今回は「レッグリフト」です。

体幹を安定させ脂肪燃焼率を上げるミドルキックトレーニング

ウェルネス
ウェルネス

体幹を安定させ脂肪燃焼率を上げるミドルキックトレーニング

今回は【男磨きトレーニング編】最後の「ミドルキック」を紹介します。これまで「HIIT(ヒット)」トレーニングを3種目行ってきましたが、どれも思った以上にハードだったのではないでしょうか。今回はアクティブに、より楽しく錆びない体を身に付けるために、またキレイを目指す女性にも向けて、はやりのキックエクササイズを紹介します。

短時間で筋肉をつけたい人に超オススメのスクワットジャンプ

ウェルネス
ウェルネス

短時間で筋肉をつけたい人に超オススメのスクワットジャンプ

【男磨きトレーニング編】3種目は「スクワットジャンプ」です。爆発的に力を発揮するスクワットジャンプは、パワー向上を目的としたアスリートだけでなく、通常のスクワットとは異なった負荷を与えたい初心者にもお勧めのトレーニングです。スクワットジャンプは足のむくみに悩んでいる女性にも適しています。このようなトレーニングをすると、逆に脚が太くなってしまうのではないかと不安がる女性もいますが、安心してください。そう簡単に筋肉は太くなりません。むしろ多少の筋肉がつくことで、脚は引き締まり細く見えます。

KinKi Kidsも大人になりアイドル人生は長くなった【織田哲郎 あれからこれから】

ウェルネス
ウェルネス

KinKi Kidsも大人になりアイドル人生は長くなった【織田哲郎 あれからこれから】

夕刊フジ紙面で毎週金曜日にコラム「織田哲郎 あれからこれから」を連載しているシンガーソングライター、作曲家の織田哲郎さんが6月5日発行の紙面で「若々しさ」について綴っています。長く生きることや若さだけに意味があるとは思えない。けれど、人が「向上」するための「期間が延長された」ことはありがたい、という言葉に共感を覚える人は多いのではないでしょうか。以下、織田さんのコラム全文です。

短時間で体脂肪を落とすHIITトレーニング「バーピー」の効果とやり方

ウェルネス
ウェルネス

短時間で体脂肪を落とすHIITトレーニング「バーピー」の効果とやり方

短時間で体脂肪を落とす効果が期待できるHIIT(ヒット)というトレーニング。1日約4分程度で効率よく脂肪を燃焼できるので忙しい中高年にはおすすめのトレーニングです。本記事ではHIITトレーニングメニューでも全身を鍛えれるバーピーのやり方をご紹介いたします。

体幹を強化し股関節の可動域を向上させるスパイダーマンというトレーニング法

ウェルネス
ウェルネス

体幹を強化し股関節の可動域を向上させるスパイダーマンというトレーニング法

新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛で体がなまっている人が急増しています。体力の衰えは体の酸化=老化を早めてしまいます。酸化で錆びない体を身につけるための「男磨きトレーニング」方法の4種目をご紹介。まずは、体幹強化+股関節の可動域を向上させるスパイダーマンというトレーニング法です。

1日10分、週2回の筋トレでテストステロンをUPする方法

ウェルネス
ウェルネス

1日10分、週2回の筋トレでテストステロンをUPする方法

効果的な筋トレを行えば、1日10分、週2回でも色気のある「モテる体」が作れます。その方法を連載形式でご紹介します。

チューブを使って胸の筋肉をつけるチューブフライのやり方

ウェルネス
ウェルネス

チューブを使って胸の筋肉をつけるチューブフライのやり方

今回はチューブを使って胸の筋肉をつける「チューブフライ」というトレーニングを紹介します。分厚い胸は「モテる体」の最大のポイント。しっかり継続して素敵な体を手に入れましょう。

チューブを使って胸に筋肉をつけるチェストプレス

ウェルネス
ウェルネス

チューブを使って胸に筋肉をつけるチェストプレス

筋トレには様々な方法がありますが、この連載では基本的に自宅で簡単にできるものを紹介します。その方法としては、自重によるトレーニングのほか、アイテムを用いたトレーニングもあります。ここではチューブを用いて胸の筋肉をつけるトレーニングを紹介しましょう。

筋トレはすぐには始めない

ウェルネス
ウェルネス

筋トレはすぐには始めない

中高年になって体の締まりがなくなってきた人は多いでしょう。本格的に筋トレしようと決意している人も多いのでは? そこで、これから筋トレを始めようと思っている人に、注意点やメリットなどをお伝えします。

体を絞って筋肉をつけるにはカロリーとタンパク質を意識する【モテる体をつくる】

ウェルネス
ウェルネス

体を絞って筋肉をつけるにはカロリーとタンパク質を意識する【モテる体をつくる】

「締めるところは引き締めて、出すところは出す。色気のある魅力的な体」。これを当連載では「艶男(ツヤダン)ボディ」と定義しています。今回はその艶男ボディをつくるうえで意識してほしいカロリーとタンパク質の摂取量について説明します。

体の土台をつくる筋トレ用ファスティング(断食)の方法

ウェルネス
ウェルネス

体の土台をつくる筋トレ用ファスティング(断食)の方法

モテる体形になろうと、いきなり筋トレを始めるのはちょっと待った!まずは土台となる体をつくるため、栄養・ファスティングについてご紹介します。

SNSフォロー

ダンテス人気記事