疲れてないのに疲れて見える顔は大問題!?改善方法は?

2019/03/19 二重整形
疲れ顔

家や学校、職場で元気であるにも関わらず「疲れている」と言われる方は、顔の印象が周りから良い方面に捉えられていない傾向にあります。

改善は必須ではありませんが、頻繁に言われる方は注意をした方が良いいでしょう。

疲れ顔から出るデメリット

疲れ顔のデメリット

本人にその気が無くても周りからそう見えていれば同じ事であり、疲れ顔には様々なデメリットが存在しています

少なくとも印象が良くなる事はありません。

初対面の印象が悪い

疲れた顔は「話しかけづらい」「機嫌が悪そう」なイメージを与えてしまい、ましてや初対面の相手には良い印象を与える事はありません

話しかけづらい雰囲気を与える為、社内の雰囲気も悪くなり、取引先等には自己管理が出来ない人間といった印象を与える可能性があります。

特にビジネス上では致命的で早急な対応策が必要となります。

疲れの印象は目と肌から

疲れた顔は主に目と肌の変化から見て取れます。

いわゆる目のクマや目付き、充血などから言われる事や肌の乾燥、肌荒れ、色などでも印象がガラリと変わります。

精神的・肉体的にダメージを受ける

自覚がない事で合っても周りから疲れを指摘される事で「疲れているかも」と考え、身体に異常を与える可能性があります

正に病は気から状態ではありますが、自分で気付いていないだけと思いもあり、気のせいのハズが精神的にも肉体的にも影響を及ぼすという悪循環を生む危険性があります。

目元がたるむ原因とは

スマホを操作

実は目元整形はオジサン世代にも人気があります。その理由は目元のたるみ改善のためです。

たるんだ目元は疲れを際立たせてしまい、目元のたるみの原因は老化と言われていますが、実は若い人にも多い症状なのです。

スマホやパソコンの長時間使用

スマホが普及によって、画面を見る時間が増えてきませんでしたか?また仕事でパソコンを使う人も多いでしょう。
その2つの長時間使用が目のたるみの原因
と考えられています。 

画面を集中して見ている時、まばたきの回数が減少し、あまり眼球も動いてません。

よって、眼輪筋もあまり使われていないため、目の周りの血流が滞ってしまうのです。目は疲れ、目の筋肉も動いてないので衰えてしまう一方と言えるでしょう。


とくに若い人はスマホを見ている時間が長いので、老化が原因ではなくスマホやパソコンによって目がたるんでしまうのです。

化粧品による目のたるみ

二重を作るためにアイプチを使用しますがそのアイプチも目のたるみの原因の1つです。

日常的に使用することでまぶたに負担がかかり、アイプチを外す時に引っ張る為、これが目のたるみの1番の原因になってしまうのです。

最も疲れ顔の印象が強いのは目元から

目元の疲れ

目元は顔のバランスを取る重要な部位でもあり、目を見て話す人が多い関係上、最も疲れているという印象を与えやすい箇所となります。

目元の改善は重要であり、日々の手入れでも影響が出ます。

疲れ顔はここに注意!
  • 目元のクマ
  • 一重まぶた
  • 目の充血
  • 涙目と乾燥

目元のクマ

目の下に薄っすらと黒い影が出来る症状で、睡眠不足のシンボルとも言えます。暗く重い雰囲気を与えやすいので疲れ(睡眠不足)のイメージを与えやすい症状です。

ただ、常にクマの様な症状がある事は稀ですので、本当に疲れている場合に出やすいでしょう。

目元のクマは疲れだけじゃない?スマホやパソコンの使いすぎに注意!」に目元のクマの原因から改善方法の詳しい内容を記載しているので、興味がある方は参考にしてください。

一重まぶた

顔全体のイメージをも変えるまぶたは一重である事から重苦しい雰囲気や細い目、小さい目の印象を与え疲れているイメージを与えやすくなっています。

大抵の疲れ顔の原因は一重まぶたである事が多く、美容としての影響が大きいのも一重の特徴です。

目の充血

主に目を酷使した場合や一部花粉症などの外的要因にてみられる症状で、ただの疲れというよりも寝不足から来る疲れをイメージさせやすくなります。

基本的には一時的な症状である事が殆どなので、常時充血している場合は外的要因が原因の可能性が高く、一刻も早く診療を受ける事をオススメします。

涙目

涙目は主に「疲れ」「乾燥」が原因とされる事が多く、疲れているイメージとしての印象があります。

充血と同様に目を酷使した際に涙が出やすくなる事もあり、十分な睡眠や目薬でのフォローが必要です。

目にその他の異常も考えられますので症状次第では眼科での検査が必要でしょう。

一重まぶたを解消し疲れ顔を治す


二重男性

一重まぶたは疲れ顔解消の中でも美容との関連性が最も高い箇所であり、疲れ顔の解消=美容に結びつく事となり、疲れ顔を治す事とパッチリな二重まぶたの目元を作りだす事が出来る一石二鳥の治療となります。

一重まぶたから二重まぶたを目指す

一重から二重にするには様々な方法があり胡散臭い物からプチ整形まで人によって選択肢は様々であり男女問わず二重まぶたは人気となっています。

二重まぶたにする方法
  • アイプチで一時的に対策
  • ヘアピンで癖をつける
  • リンパマッサージでたるみ予防
  • 目のエクササイズも予防になる?
  • 医療クリニックで二重まぶたを作る

アイプチは一時的効果しかない

男性の使用経験は少ないかと思いますが、手軽で有名な物としてアイプチが存在します。

単純にまぶたを糊付けし二重まぶたを作り出す方法となります。手軽ではありますが、当然効果は一時的でバランス良く二重を作るにはテクニックも必要です。

毎日二重にするのは正直面倒なので、あまりオススメできる方法ではありません。

ヘアピンでの癖付けは危険

ヘアピンをまぶたに挟み二重の癖をつける方法となります。

無理やり二重の形を作り出す物となりますので、跡が残ったり傷つける可能性もありますので危険な方法の一つです。

まぶたの厚さにも影響されリスクがありますので、完全に自己責任となります。

リンパマッサージでたるみ予防

リンパマッサージは指先を使って顔の中心から首筋、鎖骨へとリンパをほぐすことにより老廃物を流します。

リンパマッサージは、血行をよくするので顔のむくみマッサージにもなり、たるみ予防に繋がるようです。

目のエクササイズも予防になる?

私達は普段、スマホを見る機会が多いです。先程もお話したようにスマホやパソコンを使っている時はほとんど目の筋肉が動いていません。またまばたきも少ないです。そこで行う目のエクササイズは、眼輪筋を動かすことになり目元の張りと弾力をキープすることができます。

目をぎゅっと閉じ、3~5秒その状態をキープ、今度は目を大きく見開きここも3~5秒キープし元の状態に戻る。たったこれだけなので、気軽にできる簡単なエクササイズです。

もちろんすぐに目元の張りや弾力に影響があるわけではないので、日々のエクササイズが改善に向かっていくでしょう。

医療クリニックで二重まぶたを作る

最も料金が掛かる方法となりますが、一番確実な手法となります。

医療クリニックで専門の医師により手術となりますが、最近ではメスを使わず切らない手術が主流となっています。

数年間~永続的に二重をキープ出来るのが魅力で一重に悩ませられる事が無くなります。

医療クリニックで二重まぶたを作る方法

二重まぶたの作り方

医療クリニックではいわゆるプチ整形にて二重まぶたを自由に作る事が可能です。

整形と聞くと抵抗がありますが、近年ではメスを使わず切らない二重まぶたの作成が主流で、最短で15分ほどで施術が終了する事もあります。

格安二重プラン 通常二重プラン
価格 ¥29,800~ ¥90,000~
施術時間 15分 15分
ダウンタイム 1週間 3日
腫れ 少し有 少し有
傷跡 極小針跡 極小針跡
通院 無し 無し
抜糸 無し 無し
麻酔 笑気麻酔 笑気麻酔
デザイン 可能 可能
バレにくさ ★★★☆☆ ★★★★☆

2種の大きな違いは施術後のダウンタイムとバレにくさです。ダウンタイムはまぶた腫れや安静にしておく期間であり、短い程良いものとされています。

通常プランは施術に使う糸が極限まで細くなっていますので、身体の負担も軽くなり目立ちにくくなっています

痛みが少なく切らないので安心

手術で怖いのはメスで切る事と傷跡です。せっかくの二重もバレたら意味がありません。

現在は埋没法という手法で針と糸を使用するだけなので痛みも最低限で、時間も短く通院も必要ないお手軽な物になっています。

ただ欠点として個人差はありますが、まぶたが一時腫れる可能性があり細い糸を使用するほど可能性は低くなります

最大で約1週間程となりますので、その間は注意が必要となります。

施術後に一重に戻る可能性は?

メスを使わない二重手術の場合は二重施術後は極細の糸により二重が保たれています。

基本的には自然に一重に戻る可能性は少ないですが、目を過度に擦ったり長年経過する事により元に戻ったり糸が緩んだりする可能性があります

目元手術の種類

男性顔写真

以上のように目のたるみの改善をするなら目元手術です。

目元の手術は二重を作るだけでなく目の横幅を大きくする施術や、きつい印象を与えてしまうツリ目を垂れ目にする施術もありますので、どんな施術方法なのか確認してみましょう。

たるんだ目元を若返らせる!眉下リフト

眉下リフト(眉下切開)は年齢と共にスマホやパソコンの使いすぎによって、下がってきたまぶたのたるみを若々しい目元へと改善する施術です。

主に眉毛下のラインに沿って切開し、縫合する際にまぶたが眉毛の方へと上に引っ張られる為ぱっちりとした目になるのです。

たるんだまぶたによって狭かった視界も広がる効果にも期待が持てます。

眉下リフトのダウンタイム
  • 抜糸まで約1週間
  • 腫れの可能性があり
  • 内出血の可能あり
  • 目元を激しくこすらない
  • 当日の入浴は不可

目の横幅を大きくする、目頭切開

目頭切開とは、目頭を覆い上まぶたの皮膚を引き下げている蒙古襞(もうこひだ)を切開し横幅を広げる施術です。

切開することにより隠れていた目の内側が見えるようになり、目が大きくなります。また、目と目の間がひきしまるという効果もあるのです。

切開の方法は様々あり、例えばアルファベットのZ字に切る「Z形成法」や、W字に切る「W形成法」などがメインな手法となります。

どんな方法で切り込むのかは自分のなりたい目、そして元々の目の形によって異なり医師と相談した上で決まります。

きつい印象を改善、垂れ目形成

垂れ目形成は下まぶたの縁を下げることで白目、黒目の露出を大きくし、その効果により目が大きく見えます。

また垂れ目になるので、きつく見えてしまうつり目の改善にもなります。

垂れ目にするために余分な皮膚を切除してしますので、術後の腫れ、内出血、そして切開部分の赤みが出来てしまいます。

特に赤みは目立たなくなるまでに時間がかかることがあるので、整形したことがバレたくない人は、メガネで誤魔化すなどした方がいいでしょう。 

高いプランほど目立たず長持ち

同じ切らない二重の場合でも料金プランは様々存在していますが、基本的には高額なプランほどまぶたを固定する糸が細く丈夫な物が選ばれ、後の保証期間も長くなります

保証も3年~一生と大きく差がありますので、予算に合わせ調整をすると良いでしょう。

疲れ顔を治したとしても注意が必要

疲れ顔を再発させない為に
  • 睡眠を十分に取る
  • 化粧水で肌の乾燥を防ぐ
  • 目薬で目の乾燥を保護
  • 集中して一点を見つめない
  • クマはファンデーションでカバー

どの様な方法であれ、疲れ顔を治したとしても本当に疲れている時は同じ症状が再発するとも限りません

特に顔の症状は変化しやすいので、日々のケアや疲れを溜めない生活を心がける必要があります。

  • はてなブックマークに追加