コミュニケーション

男性が「男らしさ」を実感できるのはどんな時でしょうか? DANTESは女性の存在が不可欠だと考えます。恋愛やセックスの関係とは別に、周りのすべての女性に「男らしい」と感じてもらえる大人の男の魅力を追求します。

出世競争や役職定年で「翼をもがれる」前に男がやっておくこと、とは?

コミュニケーション
コミュニケーション

出世競争や役職定年で「翼をもがれる」前に男がやっておくこと、とは?

40代後半からの男性は「自分の翼を持つ人」と「翼をもがれた人」に分かれる。自分の翼を持つ男とは、役職定年や定年退職を迎えても自分が生き生きワクワクできる対象を持つ人のこと。その逆に、翼をもがれた人は定年後にやりたい仕事や活動がない人をいう。

パートナーと「性」の会話をする方法は?

コミュニケーション
コミュニケーション

パートナーと「性」の会話をする方法は?

同棲しているパートナーと、性についての話をした経験はありますか? 性の話は、カップル間であってもうまく伝えられない人が多いと思います。

男性メイクが簡単にできるアイテムが続々登場

コミュニケーション
コミュニケーション

男性メイクが簡単にできるアイテムが続々登場

化粧品のショップには男性用化粧水から、男性向けファンデーション、メンズに特化した化粧品がとても多く、女性の私も感激しました。あまりメイク慣れをしていない男性向けに、簡単にできるようなアイテムが非常に多かったです。

命を何に使うか? もう一度考えてみる

コミュニケーション
コミュニケーション

命を何に使うか? もう一度考えてみる

命は儚い。今、そのことを改めて実感している人も多いはずだ。生まれた瞬間から人間の時間は有限。残りの人生をいかに生きるか? 何を残すか? どう自分が納得するか? 今回は、「命を何に使うか」について考えてみたい。

「忍耐労働」はオヤジの勲章だ

コミュニケーション
コミュニケーション

「忍耐労働」はオヤジの勲章だ

この連載は「僕」や「私」ではなく「俺」を主語にした生き方を取り戻そう、との思いでスタートした。その反響は大きく、前回の記事掲載後も、配信先のヤフーニュースで読者の意見が飛び交った。その中で筆者の心をえぐったのが「家族を養うために10年間、会社で文句を言わず奴隷になっている」という書き込みだった。

月経カップ、性交痛緩和・腟トレーニングアイテム…フェムテックブームは本物か?

コミュニケーション
コミュニケーション

月経カップ、性交痛緩和・腟トレーニングアイテム…フェムテックブームは本物か?

東京の伊勢丹新宿店本館1階で2022年7月20日から8月2日まで大規模なフェムテックイベントが開かれました。「センシュアル・ライフ〜自分らしさにつながるフェムテック produced by WOMB LABO」では、60ブランド、アイテム数約200点が一堂に会し、過去最大級だったそうです。

自己肯定感は「書く」だけで高まる!

コミュニケーション
コミュニケーション

自己肯定感は「書く」だけで高まる!

「自尊心が傷ついた」「軽く扱われているみたいで、みじめだ」。降格や左遷、役職定年などで、このような感情を抱く会社員も少なくない。そんな時こそ、「書いて発信」がおすすめだ。書いて発信することで自己肯定感は確実に高まる。それを継続することで、自分が完全に支配できる「夢の世界」をつくることも可能だ。

「会社に行きたくない」どうしたらいい?

コミュニケーション
コミュニケーション

「会社に行きたくない」どうしたらいい?

先日、「行きたくない場所には行かなくていい」と書いたところ、これも大きな反響をいただいた。「行きたくない場所に行かない」だけで“みじめさ”が消え、幸福度が上がる。これは事実。

ライブ配信の投げ銭、ハマりすぎると…

コミュニケーション
コミュニケーション

ライブ配信の投げ銭、ハマりすぎると…

少しずつリアルで人に会う回数も増えてきましたが、お家で過ごす習慣はなかなか元に戻りません。この夏は猛暑も手伝って、外食よりも自宅でご飯を作る機会が増えています。

「みじめ」になることは、いけないことなのか?

コミュニケーション
コミュニケーション

「みじめ」になることは、いけないことなのか?

前回、「50歳を超えて“みじめさ”を感じない9つの方法」について書いたところ、夕刊フジの公式サイト「zakzak」やヤフーニュースなどで大きな反響をいただいた。万人が感じる「みじめさ」の景色が垣間見れて、読者の心が聞こえた気がした。

「VIO脱毛」完了! 介護への備えでデリケートゾーン処理者急増

コミュニケーション
コミュニケーション

「VIO脱毛」完了! 介護への備えでデリケートゾーン処理者急増

5年間通い続けたVIO脱毛がようやく終了しました。 「VIO」とは、Vライン(ビキニライン)、Iライン(陰部の両わき)、Oライン(肛門まわり)のことで、そのアンダーヘアの脱毛をVIO脱毛といいます。

50歳過ぎて「みじめさ」を感じない9つの方法

コミュニケーション
コミュニケーション

50歳過ぎて「みじめさ」を感じない9つの方法

「こんなことをするために、今まで頑張ってきたのではない…」。50歳を超えて感じる“みじめさ”には独特の苦さがある。しかし、私たちはその瞬間、本当にみじめなのだろうか? みじめかどうかは、自分の感じ方、受け止め方次第だ。今回は、揺れ動く心を安定させるための「“みじめさ”を感じない5つの方法」を紹介したい。

「レズ風俗」を選択する女性の気持ちとは?

コミュニケーション
コミュニケーション

「レズ風俗」を選択する女性の気持ちとは?

「レズ風俗」というサービスをご存じでしょうか。女性向けの風俗について、以前紹介しましたが、「レズ風俗」というものもあるのです。女性キャストが女性のお客さまに対して、デートや性的な行為などを行うのがサービス内容です。

妻やパートナーを人に紹介するとき、「褒めるか、けなすか」問題

コミュニケーション
コミュニケーション

妻やパートナーを人に紹介するとき、「褒めるか、けなすか」問題

人前で自身のパートナーをけなしたり、悪く言う男性がたまにいます。 以前、飲み会の席で女友達からパートナーを紹介されたとき、その男性が「こいつはなんもできない」「こいつはバカだから」と笑いながら話しているのを聞いて、嫌な思いをしました。

中高年男性が「楽しい未来」を想像するための「技術」とは?

コミュニケーション
コミュニケーション

中高年男性が「楽しい未来」を想像するための「技術」とは?

「もっと楽しく生きたい!」。それは万人の願いだ。だが実際は「来月の遊びの計画」すら立てられない人が多い。不安、焦りなどの心の雑音に邪魔され、楽しい未来が描けないのだ。そこで今回は「楽しい近未来」を想像し、ワクワクしながら計画をたてる方法をお伝えしたい。

【調査結果】新成人はセックスとLGBTをどう考えているのか

コミュニケーション
コミュニケーション

【調査結果】新成人はセックスとLGBTをどう考えているのか

4月から、成年年齢(成人年齢)が20歳から18歳に引き下げられました。近く18-19歳に達する新成人予備群の男女(以下、新成人)と、その親世代を対象に「恋愛・結婚・性」をテーマにしたアンケート(TENGA調べ)をご紹介します。

おじさんでも「感じのいい人」になれる方法

コミュニケーション
コミュニケーション

おじさんでも「感じのいい人」になれる方法

昨年とは打って変わって、リアルの会合や交流会の催しが増えてきた。もちろん、すべてに参加する必要はない。プライベートならば「心地よくなれる会合」だけ参加するのが「俺活流」だ。そんな会合で、「感じのいい人」と思われる方法を今回はお届けしたい。筆者がこれまでに開催したり参加した会合の中で「感じが良かった50代以上の男性」の特徴をもとに紹介する。

「セックス」の本当の意味を伝えられなかった私の過去

コミュニケーション
コミュニケーション

「セックス」の本当の意味を伝えられなかった私の過去

「性欲」は、人間の3大欲求の一つ。にもかかわらず、表に出しづらいテーマであるが故に、悩みを心の奥深くにしまっている人が多いと思います。特にセックスレスで苦しんでいる方はすごく多いと感じます。

大人の男が「つらさ」を打ち明けるための3つの方法とは?

コミュニケーション
コミュニケーション

大人の男が「つらさ」を打ち明けるための3つの方法とは?

「つらいとか苦しいとか、打ち明けづらい…」 こんな気持ちに心当たりはないだろうか? 人はそれぞれ、他人からは想像もつかない意外な「負の感情」を抱えているものだ。その感情を蓄積したままでは、いつか「底なしの連鎖」に見舞われるかもしれない。

「浮気を妻に堂々と告知する」という生き方に賛否両論

コミュニケーション
コミュニケーション

「浮気を妻に堂々と告知する」という生き方に賛否両論

ポリアモリー(複数恋愛)の男性が、妻の了承を得た上で浮気をしているという話を小欄で書いたところ、さまざまなご意見をいただきました。「うらやましい」「人としてあり得ない」「理性が働かない子供のようだ」…。