コミュニケーション

男性が「男らしさ」を実感できるのはどんな時でしょうか? DANTESは女性の存在が不可欠だと考えます。恋愛やセックスの関係とは別に、周りのすべての女性に「男らしい」と感じてもらえる大人の男の魅力を追求します。

バーチャルデートもできる「VR」は来年から必須のツールに

コミュニケーション
コミュニケーション

バーチャルデートもできる「VR」は来年から必須のツールに

新型コロナ第8波の突入で、忘年会・新年会が怪しくなってきました。まだしばらくはオンライン上での交流が必要になるかもしれませんね。 私は以前、外出自粛をしていた頃に、VRヘッドセット「Oculus Quest 2」を入手してバーチャル上で友人との交流を開始しました。

「書く生活」で人生は豊かになる

コミュニケーション
コミュニケーション

「書く生活」で人生は豊かになる

人生は書くだけで豊かになる。私はそう信じている。書くことは「自分の魂」と向き合い、心を整える「内面磨き」につながる。それを外部発信すれば、共感者との出会いも実現する。

パワハラ、セクハラでSNSで炎上しないための心構えとは?

コミュニケーション
コミュニケーション

パワハラ、セクハラでSNSで炎上しないための心構えとは?

内輪ノリのテンションで話したことが、ネット上で話題になり、瞬く間にSNSで広がり議論が交わされるこのご時世。 少し前になりますが、大学の社会人向け講座で自社のマーケティングを語る中で「生娘をシャブ漬け戦略」という言葉を使いSNS上で炎上したのは大手飲食チェーン店の取締役。

恋人、結婚の定番になった「マッチングアプリ」の功罪

コミュニケーション
コミュニケーション

恋人、結婚の定番になった「マッチングアプリ」の功罪

先日、友人の結婚式に参列した際、近い席にいた方から「マッチングアプリでの出会いなんだって」とコソッと教えてもらいました。耳打ちということは、その方にとっては、いい印象がないのかもしれませんね。

なぜ「何をしても楽しくない」50代が増えたのか?

コミュニケーション
コミュニケーション

なぜ「何をしても楽しくない」50代が増えたのか?

最近、50歳を超えた人から「何をしていても楽しくない」という声をよく聞く。なかには「何のために生きているのかわからない」という人さえいる。今回は「何をしていても楽しくない問題」について考えたい。筆者自身、同世代の立場から推測してみる。

おじさんも「推し活」するべし! 生きがいと若さを手に入れられる

コミュニケーション
コミュニケーション

おじさんも「推し活」するべし! 生きがいと若さを手に入れられる

「推し」がいて良かったと思うことを聞いたところ、「人生に楽しみができた」(91.8%)、「元気をもらえる」(89.4%)、「人生が豊かになった」(87.4%)、「人生に充足感を感じるようになった」(83.4%)という回答が上位となりました。

本当の生き方を見つける5つの方法

コミュニケーション
コミュニケーション

本当の生き方を見つける5つの方法

残された人生を有意義に過ごしたい! これは万人の願いだ。誰もが「本当の生き方」と出会いたいと願っている。そこで今回は、イキイキと「俺らしく」生きている50歳以上の男性が過去にどんな手を打ってきたのかについて紹介したい。

学校の性教育はいまだに「寝た子を起こすな」

コミュニケーション
コミュニケーション

学校の性教育はいまだに「寝た子を起こすな」

現在、日本の学習指導要領には「妊娠の経過は取り扱わないものとする」という「はどめ規定」があり、学校では妊娠や出産について教えることはできても、妊娠までの過程は取り扱わないことになっています。

「何をしても楽しくない」状態から抜け出す方法

コミュニケーション
コミュニケーション

「何をしても楽しくない」状態から抜け出す方法

先週、50代の男性が集まった会合の2次会で、男性2人が「最近、何をしていても楽しくない」とこぼした。彼らによると、「そういう50代は多い」という。そういえば、私自身にもそういう時があった。今回は「“何をしても楽しくない”から抜け出す方法」についてお届けしたい。

妊娠、生理、更年期…フェムテック・トーキョーは大盛況

コミュニケーション
コミュニケーション

妊娠、生理、更年期…フェムテック・トーキョーは大盛況

この秋、注目のイベント「Femtech Tokyo(フェムテック・トーキョー)」が10月21-22日、東京ビッグサイトで開かれ、覗いてきました。大盛況でした。

50歳を過ぎた大人が友達をつくる方法

コミュニケーション
コミュニケーション

50歳を過ぎた大人が友達をつくる方法

孤独は寿命を縮めるという説もある。そこで今回は、なかなか難しいとされる「大人の友達のつくり方」についてお届けしたい。

更年期障害の解決・改善市場規模は世界で65兆円!

コミュニケーション
コミュニケーション

更年期障害の解決・改善市場規模は世界で65兆円!

女性の更年期や閉経期を意味するメノポーズ(Menopause)とテクノロジーをかけあわせた造語で、40代後半~50代の女性の身体に起きる、さまざまな不調や健康問題をテクノロジーによって解決する商品・サービスを指します。なんと、世界の市場規模が65兆円超えといわれるビッグビジネスで、この額は2021年度の日本の税収に匹敵します。

「俺らしさ」を蘇らせるための3つの方法

コミュニケーション
コミュニケーション

「俺らしさ」を蘇らせるための3つの方法

仕事や日常生活で生じる数々の障壁により、「俺らしさ」が消滅することがある。一度失った自分らしさは、なかなか回復しない。皆さんも経験があるはずだ。今回は、そんな「俺らしさ」を取り戻す方法について考えてみたい。

「産後パパ育休」新制度の変更点と特徴を解説

コミュニケーション
コミュニケーション

「産後パパ育休」新制度の変更点と特徴を解説

産後パパ育休(出生時育児休業)が10月1日からスタートしました。男性が育休をとりやすくなったこの制度、これまでの育休とどう違うかご存じでしょうか。

中高年男性、「1人で過ごす?」「みんなで過ごす?」

コミュニケーション
コミュニケーション

中高年男性、「1人で過ごす?」「みんなで過ごす?」

年齢を重ねると「1人時間」が楽になる。だからといって1人でばかり過ごしていると、そのうち本当に孤独になってしまう。「孤独上等」なら、それでいい。しかし、「孤独が恐い」あるいは「人の輪を維持し、楽しく過ごしたい」という人は1人の気楽さに依存しないほうがいい。今回は「1人で過ごすか? みんなで過ごすか?」について考えたい。

再婚やパートナー探しを目指すオヤジたちに伝授「モテるための5つの心得」

コミュニケーション
コミュニケーション

再婚やパートナー探しを目指すオヤジたちに伝授「モテるための5つの心得」

「50歳を過ぎて独り身だけど、再婚したい」「パートナーが欲しい」。そう思う「俺活世代」もいる。しかし、モテようとすればするほど空回りしてしまう人も多い。50歳からモテるためのポイントは「いじられ上手になる」ことだ。今回はその方法を伝授したい。

50歳からの「恋愛入門」

コミュニケーション
コミュニケーション

50歳からの「恋愛入門」

「もう1度結婚したい」「恋人やパートナーと出会いたい」。50歳を超えても、そんな「セカンドロマンス」を求める人は少なくない。今回は、私の周囲で20代〜50代の女性からモテている男性たちを分析するとともに、女性の意見も聞いてみた。「50歳からの“俺活恋愛”」の極意を紹介する。

ダイバーシティ(多様性)の本当の理解とは?

コミュニケーション
コミュニケーション

ダイバーシティ(多様性)の本当の理解とは?

多様性(ダイバーシティ)という言葉を新聞、テレビやウェブ上で、ずいぶん見るようになってきましたね。「多様性」とは、さまざまな社会、性別、性的指向などそれぞれの人たちが持つバックグラウンドのこと。

定年退職後、自分らしい人生を取り戻すための「キャリ活」方法

コミュニケーション
コミュニケーション

定年退職後、自分らしい人生を取り戻すための「キャリ活」方法

「俺活」の主要なテーマは「50歳からの居場所のつくり方」だが、単なる“居場所探し”ではなく、「退職後のキャリ活」でもある。キャリ活とは「自分にぴったり合うキャリア」と出会う活動。今回は、そのヒントをお届けする。

定年退職前に「自分の城」を築く5つの方法

コミュニケーション
コミュニケーション

定年退職前に「自分の城」を築く5つの方法

「役職定年直後の58歳で会社を辞めようと思っている」などと語る人は少なくない。そこで話題になるのが「辞めたあと、何をするのか?」「今からどんな準備をすればいいか?」ということ。そこで今回は「自分の城を持つための5つの準備」について紹介しよう。