コミュニケーション

男性が「男らしさ」を実感できるのはどんな時でしょうか? DANTESは女性の存在が不可欠だと考えます。恋愛やセックスの関係とは別に、周りのすべての女性に「男らしい」と感じてもらえる大人の男の魅力を追求します。

「会社に行きたくない」どうしたらいい?

コミュニケーション
コミュニケーション

「会社に行きたくない」どうしたらいい?

先日、「行きたくない場所には行かなくていい」と書いたところ、これも大きな反響をいただいた。「行きたくない場所に行かない」だけで“みじめさ”が消え、幸福度が上がる。これは事実。

ライブ配信の投げ銭、ハマりすぎると…

コミュニケーション
コミュニケーション

ライブ配信の投げ銭、ハマりすぎると…

少しずつリアルで人に会う回数も増えてきましたが、お家で過ごす習慣はなかなか元に戻りません。この夏は猛暑も手伝って、外食よりも自宅でご飯を作る機会が増えています。

「みじめ」になることは、いけないことなのか?

コミュニケーション
コミュニケーション

「みじめ」になることは、いけないことなのか?

前回、「50歳を超えて“みじめさ”を感じない9つの方法」について書いたところ、夕刊フジの公式サイト「zakzak」やヤフーニュースなどで大きな反響をいただいた。万人が感じる「みじめさ」の景色が垣間見れて、読者の心が聞こえた気がした。

「VIO脱毛」完了! 介護への備えでデリケートゾーン処理者急増

コミュニケーション
コミュニケーション

「VIO脱毛」完了! 介護への備えでデリケートゾーン処理者急増

5年間通い続けたVIO脱毛がようやく終了しました。 「VIO」とは、Vライン(ビキニライン)、Iライン(陰部の両わき)、Oライン(肛門まわり)のことで、そのアンダーヘアの脱毛をVIO脱毛といいます。

50歳過ぎて「みじめさ」を感じない9つの方法

コミュニケーション
コミュニケーション

50歳過ぎて「みじめさ」を感じない9つの方法

「こんなことをするために、今まで頑張ってきたのではない…」。50歳を超えて感じる“みじめさ”には独特の苦さがある。しかし、私たちはその瞬間、本当にみじめなのだろうか? みじめかどうかは、自分の感じ方、受け止め方次第だ。今回は、揺れ動く心を安定させるための「“みじめさ”を感じない5つの方法」を紹介したい。

「レズ風俗」を選択する女性の気持ちとは?

コミュニケーション
コミュニケーション

「レズ風俗」を選択する女性の気持ちとは?

「レズ風俗」というサービスをご存じでしょうか。女性向けの風俗について、以前紹介しましたが、「レズ風俗」というものもあるのです。女性キャストが女性のお客さまに対して、デートや性的な行為などを行うのがサービス内容です。

妻やパートナーを人に紹介するとき、「褒めるか、けなすか」問題

コミュニケーション
コミュニケーション

妻やパートナーを人に紹介するとき、「褒めるか、けなすか」問題

人前で自身のパートナーをけなしたり、悪く言う男性がたまにいます。 以前、飲み会の席で女友達からパートナーを紹介されたとき、その男性が「こいつはなんもできない」「こいつはバカだから」と笑いながら話しているのを聞いて、嫌な思いをしました。

中高年男性が「楽しい未来」を想像するための「技術」とは?

コミュニケーション
コミュニケーション

中高年男性が「楽しい未来」を想像するための「技術」とは?

「もっと楽しく生きたい!」。それは万人の願いだ。だが実際は「来月の遊びの計画」すら立てられない人が多い。不安、焦りなどの心の雑音に邪魔され、楽しい未来が描けないのだ。そこで今回は「楽しい近未来」を想像し、ワクワクしながら計画をたてる方法をお伝えしたい。

【調査結果】新成人はセックスとLGBTをどう考えているのか

コミュニケーション
コミュニケーション

【調査結果】新成人はセックスとLGBTをどう考えているのか

4月から、成年年齢(成人年齢)が20歳から18歳に引き下げられました。近く18-19歳に達する新成人予備群の男女(以下、新成人)と、その親世代を対象に「恋愛・結婚・性」をテーマにしたアンケート(TENGA調べ)をご紹介します。

おじさんでも「感じのいい人」になれる方法

コミュニケーション
コミュニケーション

おじさんでも「感じのいい人」になれる方法

昨年とは打って変わって、リアルの会合や交流会の催しが増えてきた。もちろん、すべてに参加する必要はない。プライベートならば「心地よくなれる会合」だけ参加するのが「俺活流」だ。そんな会合で、「感じのいい人」と思われる方法を今回はお届けしたい。筆者がこれまでに開催したり参加した会合の中で「感じが良かった50代以上の男性」の特徴をもとに紹介する。

「セックス」の本当の意味を伝えられなかった私の過去

コミュニケーション
コミュニケーション

「セックス」の本当の意味を伝えられなかった私の過去

「性欲」は、人間の3大欲求の一つ。にもかかわらず、表に出しづらいテーマであるが故に、悩みを心の奥深くにしまっている人が多いと思います。特にセックスレスで苦しんでいる方はすごく多いと感じます。

大人の男が「つらさ」を打ち明けるための3つの方法とは?

コミュニケーション
コミュニケーション

大人の男が「つらさ」を打ち明けるための3つの方法とは?

「つらいとか苦しいとか、打ち明けづらい…」 こんな気持ちに心当たりはないだろうか? 人はそれぞれ、他人からは想像もつかない意外な「負の感情」を抱えているものだ。その感情を蓄積したままでは、いつか「底なしの連鎖」に見舞われるかもしれない。

「浮気を妻に堂々と告知する」という生き方に賛否両論

コミュニケーション
コミュニケーション

「浮気を妻に堂々と告知する」という生き方に賛否両論

ポリアモリー(複数恋愛)の男性が、妻の了承を得た上で浮気をしているという話を小欄で書いたところ、さまざまなご意見をいただきました。「うらやましい」「人としてあり得ない」「理性が働かない子供のようだ」…。

男性が「俺」らしく生きるため、妻を味方につける方法

コミュニケーション
コミュニケーション

男性が「俺」らしく生きるため、妻を味方につける方法

「俺活する前に家事をやってほしい!」。これは当欄の「俺活連載」スタート直後、女性読者からネット上に書き込まれたコメントだ。このコメントには多数の女性の同意が集まった。「俺活」の成功には、妻やパートナーの理解と協力が不可欠だ。今回は、妻を味方につける「俺活成功術」について紹介したい。

企業を崩壊させる「間違ったSNS対策」とは?

コミュニケーション
コミュニケーション

企業を崩壊させる「間違ったSNS対策」とは?

ツイッター、インスタグラム、ユーチューブなどSNSが幅広い年齢層に浸透してきました。 私の場合、情報収集はツイッター、素敵なカフェを調べるときはインスタグラム、休日の暇つぶしにはユーチューブ、仕事の連絡はフェイスブックなど使い分けています。

おじさんが「昔はよかった」と話すのはいけないことか?

コミュニケーション
コミュニケーション

おじさんが「昔はよかった」と話すのはいけないことか?

「昔はよかった」とため息をつき、今を嘆くだけの人は老いるのが早い。しかし「昔話」のすべてが悪いわけではない。昔話を上手に活用することで、未来を生きる知恵やエネルギーを得ることもできる。今回は「あの頃は良かった」を「未来へのエネルギー」に変える方法を紹介したい。

自分で自分をジジイにしていませんか?

コミュニケーション
コミュニケーション

自分で自分をジジイにしていませんか?

「いつまでも若々しくいたい!」は万人の願い。しかし、無意識の言動で、自らを「ジジイ」に追いやってしまう人がいる。一体どんな言動なのか、紹介しよう。

合意の上で複数のパートナーと“関係” 「ポリアモリー」という考え方とは?

コミュニケーション
コミュニケーション

合意の上で複数のパートナーと“関係” 「ポリアモリー」という考え方とは?

先日、「自分はポリアモリーで、妻のほかに彼女が数人いるんだ」という既婚男性に出会いました。ポリアモリーとは、相手との合意の上で複数のパートナーと関係を築く“複数恋愛主義”の恋愛スタイルを指します。

「50歳からのコンプレックス」を吹き飛ばす方法

コミュニケーション
コミュニケーション

「50歳からのコンプレックス」を吹き飛ばす方法

コンプレックスに心を悩ますのは若者だけではない。50歳を超えたオジサンにもコンプレックスはたくさんある。今回は「50歳からのコンプレックスを吹き飛ばす方法」をお送りしたい。長年のコンプレックスを払拭し、「50歳からの俺活」を加速しよう。

50歳からの「自己肯定感」の高め方!5つの方法をご紹介

コミュニケーション
コミュニケーション

50歳からの「自己肯定感」の高め方!5つの方法をご紹介

最近、「自己肯定感」という言葉をよく耳にする。自己肯定感の低下に悩む人が増えているためのようだ。それは50歳以上の人たちも例外ではない。役職定年や健康上の不安など、50歳以上ならではの理由で自己肯定感の低下に悩む人も少なくない。そこで今回は「50歳からの自己肯定感の高め方」について考えてみたい。