コミュニケーション

男性が「男らしさ」を実感できるのはどんな時でしょうか? DANTESは女性の存在が不可欠だと考えます。恋愛やセックスの関係とは別に、周りのすべての女性に「男らしい」と感じてもらえる大人の男の魅力を追求します。

50歳からの「恋愛入門」

コミュニケーション
コミュニケーション

50歳からの「恋愛入門」

「もう1度結婚したい」「恋人やパートナーと出会いたい」。50歳を超えても、そんな「セカンドロマンス」を求める人は少なくない。今回は、私の周囲で20代〜50代の女性からモテている男性たちを分析するとともに、女性の意見も聞いてみた。「50歳からの“俺活恋愛”」の極意を紹介する。

ダイバーシティ(多様性)の本当の理解とは?

コミュニケーション
コミュニケーション

ダイバーシティ(多様性)の本当の理解とは?

多様性(ダイバーシティ)という言葉を新聞、テレビやウェブ上で、ずいぶん見るようになってきましたね。「多様性」とは、さまざまな社会、性別、性的指向などそれぞれの人たちが持つバックグラウンドのこと。

定年退職後、自分らしい人生を取り戻すための「キャリ活」方法

コミュニケーション
コミュニケーション

定年退職後、自分らしい人生を取り戻すための「キャリ活」方法

「俺活」の主要なテーマは「50歳からの居場所のつくり方」だが、単なる“居場所探し”ではなく、「退職後のキャリ活」でもある。キャリ活とは「自分にぴったり合うキャリア」と出会う活動。今回は、そのヒントをお届けする。

定年退職前に「自分の城」を築く5つの方法

コミュニケーション
コミュニケーション

定年退職前に「自分の城」を築く5つの方法

「役職定年直後の58歳で会社を辞めようと思っている」などと語る人は少なくない。そこで話題になるのが「辞めたあと、何をするのか?」「今からどんな準備をすればいいか?」ということ。そこで今回は「自分の城を持つための5つの準備」について紹介しよう。

「性」についての子供の罪悪感や疑問にどう答える?

コミュニケーション
コミュニケーション

「性」についての子供の罪悪感や疑問にどう答える?

子供のころ、性について悩んだことはありますか? 私は物心ついたころから、性について触れることに罪悪感がありました。悩みがあっても、なかなか人に相談できませんでした。

生き方に迷ったとき、「良かったこと日記」を書くべき7つの理由

コミュニケーション
コミュニケーション

生き方に迷ったとき、「良かったこと日記」を書くべき7つの理由

「最近なんかパッとしないなぁ」と感じているなら「良かったこと日記」をお勧めしたい。ここ最近の「良かったこと」を書き出す習慣をつければ、自己肯定感や自尊心、そして「よりよく生きるための方程式」が明確になり、「幸福度」「達成度」が一瞬で上がる。その理由を説明しよう。

クラブ、キャバクラ、風俗…男は目を覚ましたほうがいい

コミュニケーション
コミュニケーション

クラブ、キャバクラ、風俗…男は目を覚ましたほうがいい

日本は男性にとって恵まれていることに、飲食店や風俗業には多種多様なニーズにそったサービスの店があります。探せばきっと、要望しているサービスと提供できるサービスが一致するお店が見つかるはずです。

心が自由になる「8つの小さな習慣」とは?

コミュニケーション
コミュニケーション

心が自由になる「8つの小さな習慣」とは?

「自由になりたい!」。それは万人の願いだ。お金から、人間関係から、労働から…自由になりたい! 誰もがそう思っている。だが、一瞬ですべてから自由になることは難しい。今回は「心がほんの少しだけ自由になる小さな習慣」についてお届けしたい。

一体どこからが「浮気」か? 調査結果発表

コミュニケーション
コミュニケーション

一体どこからが「浮気」か? 調査結果発表

あなたが思う「浮気の線引き」はどこからですか? という問いに、1位の答えが「体の関係を持つ」(74%)、2位「キスをする」(64%)、3位「外泊する」(60%)、4位「好きと言う」(54%)、5位「手をつなぐ」(50%)、6位「2人きりで出掛ける」(44%)でした。

この先10年の「生き方」をリノベーションする方法

コミュニケーション
コミュニケーション

この先10年の「生き方」をリノベーションする方法

「元気に動き回れるのはこの先10年くらいかな…」。人生100年時代とは言え、現役時代と同等に心身が動く期間はやはり限られる。そこで今回は、「この先10年の生き方リノベーション」と題し、“悔いのない人生の送り方”について考えてみたい。

「私には偏見がありません」と言う人の心の中にある「偏見」

コミュニケーション
コミュニケーション

「私には偏見がありません」と言う人の心の中にある「偏見」

なぜあえて「偏見はない」という言葉を発するのでしょうか。裏を返すと、「一般的には偏見があるかもしれないが、私はあなたをそんな目で見ませんよ」と聞こえます。

会社や上司からのプレッシャー「職場のトラウマ」克服法

コミュニケーション
コミュニケーション

会社や上司からのプレッシャー「職場のトラウマ」克服法

人間は洗脳されやすい。とくに、与えられた環境の中だけ生きてきた「環境受動型」の人は危ない。職場のトラウマは、職場を離れた瞬間に引きはがしたい。以下に紹介する「職場トラウマ克服法」を実践して自分の時間を取り戻してほしい。

知ってました? 男性向けの「デリケートゾーン」処理アイテムも続々登場

コミュニケーション
コミュニケーション

知ってました? 男性向けの「デリケートゾーン」処理アイテムも続々登場

メンズコスメ市場が伸びているということを先日ご紹介しました。中でも男性向けにデリケートゾーンのケアアイテムが続々と誕生しています。

出世競争や役職定年で「翼をもがれる」前に男がやっておくこと、とは?

コミュニケーション
コミュニケーション

出世競争や役職定年で「翼をもがれる」前に男がやっておくこと、とは?

40代後半からの男性は「自分の翼を持つ人」と「翼をもがれた人」に分かれる。自分の翼を持つ男とは、役職定年や定年退職を迎えても自分が生き生きワクワクできる対象を持つ人のこと。その逆に、翼をもがれた人は定年後にやりたい仕事や活動がない人をいう。

パートナーと「性」の会話をする方法は?

コミュニケーション
コミュニケーション

パートナーと「性」の会話をする方法は?

同棲しているパートナーと、性についての話をした経験はありますか? 性の話は、カップル間であってもうまく伝えられない人が多いと思います。

男性メイクが簡単にできるアイテムが続々登場

コミュニケーション
コミュニケーション

男性メイクが簡単にできるアイテムが続々登場

化粧品のショップには男性用化粧水から、男性向けファンデーション、メンズに特化した化粧品がとても多く、女性の私も感激しました。あまりメイク慣れをしていない男性向けに、簡単にできるようなアイテムが非常に多かったです。

命を何に使うか? もう一度考えてみる

コミュニケーション
コミュニケーション

命を何に使うか? もう一度考えてみる

命は儚い。今、そのことを改めて実感している人も多いはずだ。生まれた瞬間から人間の時間は有限。残りの人生をいかに生きるか? 何を残すか? どう自分が納得するか? 今回は、「命を何に使うか」について考えてみたい。

「忍耐労働」はオヤジの勲章だ

コミュニケーション
コミュニケーション

「忍耐労働」はオヤジの勲章だ

この連載は「僕」や「私」ではなく「俺」を主語にした生き方を取り戻そう、との思いでスタートした。その反響は大きく、前回の記事掲載後も、配信先のヤフーニュースで読者の意見が飛び交った。その中で筆者の心をえぐったのが「家族を養うために10年間、会社で文句を言わず奴隷になっている」という書き込みだった。

月経カップ、性交痛緩和・腟トレーニングアイテム…フェムテックブームは本物か?

コミュニケーション
コミュニケーション

月経カップ、性交痛緩和・腟トレーニングアイテム…フェムテックブームは本物か?

東京の伊勢丹新宿店本館1階で2022年7月20日から8月2日まで大規模なフェムテックイベントが開かれました。「センシュアル・ライフ〜自分らしさにつながるフェムテック produced by WOMB LABO」では、60ブランド、アイテム数約200点が一堂に会し、過去最大級だったそうです。

自己肯定感は「書く」だけで高まる!

コミュニケーション
コミュニケーション

自己肯定感は「書く」だけで高まる!

「自尊心が傷ついた」「軽く扱われているみたいで、みじめだ」。降格や左遷、役職定年などで、このような感情を抱く会社員も少なくない。そんな時こそ、「書いて発信」がおすすめだ。書いて発信することで自己肯定感は確実に高まる。それを継続することで、自分が完全に支配できる「夢の世界」をつくることも可能だ。