コミュニケーション

男性が「男らしさ」を実感できるのはどんな時でしょうか? DANTESは女性の存在が不可欠だと考えます。恋愛やセックスの関係とは別に、周りのすべての女性に「男らしい」と感じてもらえる大人の男の魅力を追求します。

中高年男性必読 50歳からの友達のつくり方

コミュニケーション
コミュニケーション

中高年男性必読 50歳からの友達のつくり方

充実した人生を歩むには「自分軸」が大切だ。加えて、その自分を理解してくれる友達がいれば、幸福感は倍増する。今回は50歳からの人生を楽しく過ごすための「友達づくりのコツ」を紹介したい。「大人になってから心を許せる友達をつくるのは難しい」と言われるが、逆に50歳を超えているからこその「友達作りの妙味」もある。

日曜の夜に思い起こしたい 今のモヤモヤをぶっ壊す8つの衝動アクション

コミュニケーション
コミュニケーション

日曜の夜に思い起こしたい 今のモヤモヤをぶっ壊す8つの衝動アクション

何をやっていてもモヤモヤする…。そんな時がないだろうか? できることなら1秒たりともムダにせず、人生の時間を有意義に楽しく過ごしたいものだ。そこで今回は、心の不協和音をすっきりと取り除く「衝動アクション」について紹介したい。これを実践することで、自分らしい充実した時間を得ることができるはずだ。

彼女に「痛い」と言われたあなた!潤滑ゼリーとローションを混同していませんか?

コミュニケーション
コミュニケーション

彼女に「痛い」と言われたあなた!潤滑ゼリーとローションを混同していませんか?

セックス時に「痛い」と女性から言われたことはありますか? 性の大規模実態調査(【ジェクス】ジャパン・セックスサーベイ2020)の調査結果によると、「セックス(性交渉)の時に痛みを感じることがありますか」という質問に対し、女性の62.5%が「痛い」と回答しています。その中の一つが「膣の潤い」が足りないこと。

おしゃれに「性」表現したい人のためのTシャツ発売

コミュニケーション
コミュニケーション

おしゃれに「性」表現したい人のためのTシャツ発売

「性を表通りに、誰もが楽しめるものに変えていく」をビジョンに掲げるTENGAが、アーティストとともにアパレル・雑貨などのプロダクトを制作するプロジェクト「TXA-TENGA by Artist|」を10月25日からスタートさせました。

サラリーマンが50歳から自分の新しい居場所「サードプレイス」を作る方法

コミュニケーション
コミュニケーション

サラリーマンが50歳から自分の新しい居場所「サードプレイス」を作る方法

「サードプレイス」という言葉をご存じだろうか? 自宅や職場とは隔離された、心地のよい「第3の居場所」を指す言葉だ。会社と家の往復生活で第3の場所を持たなかった人も、50歳からは積極的にサードプレイスを得ることをオススメしたい。

50歳から始める「若返り」のためのアクティブプレジャーとは?

コミュニケーション
コミュニケーション

50歳から始める「若返り」のためのアクティブプレジャーとは?

「もう新しいこと始める年じゃないから…」が口癖になっていないだろうか? 新しい趣味やレジャー、スポーツを始めるのに遅すぎるということはない。あえて若者がやっていることに挑戦し、自分を若返らせるという考え方もある。

彼女がセックスレスになったきっかけ

コミュニケーション
コミュニケーション

彼女がセックスレスになったきっかけ

「セックスレスで悩んでいます」という女性がいる一方で、「もう、したくない」と私に相談する女性もいます。 先日、とある女性から「前はセックスがしたかったのに、彼に対して性欲がわかなくなった」という話を聞きました。

50歳からプライドを復活させる方法

コミュニケーション
コミュニケーション

50歳からプライドを復活させる方法

プライドが「老害」の原因をつくる。50代以上の多くの人がそのことに気づいている。「無駄なプライドは捨ててしまえ」という考え方もあるが、なかなか難しい。老害は「プライドの使い方を間違う」ことで生まれるが、逆にうまく使えば他人も自分も幸せにできる。

「タクシーハラスメント」の恐怖!

コミュニケーション
コミュニケーション

「タクシーハラスメント」の恐怖!

最近「タクシーハラスメント」という言葉をよく聞くようになりました。タクシーの運転手と乗客間で発生する、セクハラ・モラハラ・パワハラなどのハラスメント行為のことを指す言葉のようです。

生き方に迷う「50歳」からの「最高の居場所」の見つけ方

コミュニケーション
コミュニケーション

生き方に迷う「50歳」からの「最高の居場所」の見つけ方

今、生き方に迷っているのは若者だけではない。50歳を過ぎて役職定年や早期退職を迎える人も同様だ。 「自分の居場所」を見つけている人には、そこは「あって当然」の場所だ。しかし「見つからない人」にとっては雲をつかむような話。そこで「俺活(おれかつ)」というキーワードを意識してみてほしい。

あなたのLINE、女の子をイラ立たせる「おじさん構文」になっていませんか?

コミュニケーション
コミュニケーション

あなたのLINE、女の子をイラ立たせる「おじさん構文」になっていませんか?

「おじさん構文」という言葉をご存じでしょうか。中高年の男性がメッセンジャーやLINEなどで、円滑なコミュニケーションを意識しすぎて逆に痛い人だと思われてしまう文章のことを言います。

55歳から「人生の主役」に返り咲くたったひとつの方法とは?

コミュニケーション
コミュニケーション

55歳から「人生の主役」に返り咲くたったひとつの方法とは?

「元部下に従うだけの日々に耐えられない…」。役職定年を迎えた大手企業の元部長(58)が噛み締めるようにこぼした。彼らにとって役職定年は大きなストレスのようだ。今回は「55歳から“人生の主役”に返り咲く、たった一つの方法」について紹介したい。

中高年の性生活の実態調査公表

コミュニケーション
コミュニケーション

中高年の性生活の実態調査公表

「徐々に性欲がなくなってきた」「全然濡れなくなっちゃった」…年齢に応じ性の悩みが出てくる方も多いと思います。 ミドルエイジ以降の性生活の実態や意識の調査(35〜79歳の男女500人、TENGA調べ)の結果に基づいて、男女の性が年齢に応じてどう変わるのか見てみましょう。

会社や家庭で肩身の狭い中高年が「居場所」を見つけるたったひとつの考え方

コミュニケーション
コミュニケーション

会社や家庭で肩身の狭い中高年が「居場所」を見つけるたったひとつの考え方

最近、「居場所」に困っている40〜50代男性が目につく。コロナで会社には行けず、行けたとしてもコロナ直撃による業績低迷で会社の雰囲気は悪い。在宅勤務にも慣れず、家にも居づらい…。

ネット上に蔓延するプライベート流出動画、いったん拡散したら消えない

コミュニケーション
コミュニケーション

ネット上に蔓延するプライベート流出動画、いったん拡散したら消えない

アダルト動画をよく見ている女友達から「最近はTwitter上で流れたSEX動画を見ている」という話を聞きました。気になってTwitterで検索してみたところ、いくつか動画がヒット。年齢制限を設けることなく、動画が拡散されていました。

収入は安定、なのに「生きがい喪失」の50代男性が続発中

コミュニケーション
コミュニケーション

収入は安定、なのに「生きがい喪失」の50代男性が続発中

最近、50代の知人・友人からこんな愚痴をよく聞く。「生活は安定してるんだけど、何のために生きてるか分からない」「早期退職で数千万円のお金をもらった。子供も大きくなったし、何とか暮らしていける。でも、やる気が出ない」「役職定年で年収は半分になった。暮らしてはいけるが、生き甲斐がなくなった」。

おじさんの感覚と大きく違う「Z世代の性知識」、その中身は?

コミュニケーション
コミュニケーション

おじさんの感覚と大きく違う「Z世代の性知識」、その中身は?

生まれた頃からインターネットが身近にあるデジタルネイティブの中でも28-24歳の「Z世代」は、少しだけ恋愛や性について価値観が違うように思います。

50歳で枯れた男にならないための「居場所」をつくりました

コミュニケーション
コミュニケーション

50歳で枯れた男にならないための「居場所」をつくりました

50歳を超えて同世代の仲間と会うと、あることに気づく。「イキイキとしている人」と「枯れている人」がはっきり分かれるということだ。 私なりに分析した結果、イキイキしている人は「好きで得意なことをしている」「友愛のある良好な人間関係の中で生きている」「最低限のお金に困っていない」の3つの要素を兼ね備えている。 イキイキと活動している人と枯れた生活をしている人。あなたはどちらの人だろうか?

妊娠や卵子凍結について若いうちに知らないと大変なことに…

コミュニケーション
コミュニケーション

妊娠や卵子凍結について若いうちに知らないと大変なことに…

30歳手前になったからか、未婚の女性同士で集まるとき、仕事の話をしつつも最終的には「婦人科検診行った?」「私、いつまで子供産めるんだろう…」といった話題で持ちきりになります。

AV購入代金が直接、女優本人に還元されるサイトがオープン

コミュニケーション
コミュニケーション

AV購入代金が直接、女優本人に還元されるサイトがオープン

購入代金がAV女優本人に還元され、感謝の気持ちが伝わるAVサイト「HerHers(ハーハーズ)」(β版)が8月30日、オープンしました。 本サイトでは、気に入った作品を購入するだけで、自動的に出演女優に売り上げの一部が還元され、「ありがとう」という気持ちを伝えることができるそうです。