コミュニケーション

男性が「男らしさ」を実感できるのはどんな時でしょうか? DANTESは女性の存在が不可欠だと考えます。恋愛やセックスの関係とは別に、周りのすべての女性に「男らしい」と感じてもらえる大人の男の魅力を追求します。

「セックス」の本当の意味を伝えられなかった私の過去

コミュニケーション
コミュニケーション

「セックス」の本当の意味を伝えられなかった私の過去

「性欲」は、人間の3大欲求の一つ。にもかかわらず、表に出しづらいテーマであるが故に、悩みを心の奥深くにしまっている人が多いと思います。特にセックスレスで苦しんでいる方はすごく多いと感じます。

大人の男が「つらさ」を打ち明けるための3つの方法とは?

コミュニケーション
コミュニケーション

大人の男が「つらさ」を打ち明けるための3つの方法とは?

「つらいとか苦しいとか、打ち明けづらい…」 こんな気持ちに心当たりはないだろうか? 人はそれぞれ、他人からは想像もつかない意外な「負の感情」を抱えているものだ。その感情を蓄積したままでは、いつか「底なしの連鎖」に見舞われるかもしれない。

「浮気を妻に堂々と告知する」という生き方に賛否両論

コミュニケーション
コミュニケーション

「浮気を妻に堂々と告知する」という生き方に賛否両論

ポリアモリー(複数恋愛)の男性が、妻の了承を得た上で浮気をしているという話を小欄で書いたところ、さまざまなご意見をいただきました。「うらやましい」「人としてあり得ない」「理性が働かない子供のようだ」…。

男性が「俺」らしく生きるため、妻を味方につける方法

コミュニケーション
コミュニケーション

男性が「俺」らしく生きるため、妻を味方につける方法

「俺活する前に家事をやってほしい!」。これは当欄の「俺活連載」スタート直後、女性読者からネット上に書き込まれたコメントだ。このコメントには多数の女性の同意が集まった。「俺活」の成功には、妻やパートナーの理解と協力が不可欠だ。今回は、妻を味方につける「俺活成功術」について紹介したい。

企業を崩壊させる「間違ったSNS対策」とは?

コミュニケーション
コミュニケーション

企業を崩壊させる「間違ったSNS対策」とは?

ツイッター、インスタグラム、ユーチューブなどSNSが幅広い年齢層に浸透してきました。 私の場合、情報収集はツイッター、素敵なカフェを調べるときはインスタグラム、休日の暇つぶしにはユーチューブ、仕事の連絡はフェイスブックなど使い分けています。

おじさんが「昔はよかった」と話すのはいけないことか?

コミュニケーション
コミュニケーション

おじさんが「昔はよかった」と話すのはいけないことか?

「昔はよかった」とため息をつき、今を嘆くだけの人は老いるのが早い。しかし「昔話」のすべてが悪いわけではない。昔話を上手に活用することで、未来を生きる知恵やエネルギーを得ることもできる。今回は「あの頃は良かった」を「未来へのエネルギー」に変える方法を紹介したい。

自分で自分をジジイにしていませんか?

コミュニケーション
コミュニケーション

自分で自分をジジイにしていませんか?

「いつまでも若々しくいたい!」は万人の願い。しかし、無意識の言動で、自らを「ジジイ」に追いやってしまう人がいる。一体どんな言動なのか、紹介しよう。

合意の上で複数のパートナーと“関係” 「ポリアモリー」という考え方とは?

コミュニケーション
コミュニケーション

合意の上で複数のパートナーと“関係” 「ポリアモリー」という考え方とは?

先日、「自分はポリアモリーで、妻のほかに彼女が数人いるんだ」という既婚男性に出会いました。ポリアモリーとは、相手との合意の上で複数のパートナーと関係を築く“複数恋愛主義”の恋愛スタイルを指します。

「50歳からのコンプレックス」を吹き飛ばす方法

コミュニケーション
コミュニケーション

「50歳からのコンプレックス」を吹き飛ばす方法

コンプレックスに心を悩ますのは若者だけではない。50歳を超えたオジサンにもコンプレックスはたくさんある。今回は「50歳からのコンプレックスを吹き飛ばす方法」をお送りしたい。長年のコンプレックスを払拭し、「50歳からの俺活」を加速しよう。

50歳からの「自己肯定感」の高め方!5つの方法をご紹介

コミュニケーション
コミュニケーション

50歳からの「自己肯定感」の高め方!5つの方法をご紹介

最近、「自己肯定感」という言葉をよく耳にする。自己肯定感の低下に悩む人が増えているためのようだ。それは50歳以上の人たちも例外ではない。役職定年や健康上の不安など、50歳以上ならではの理由で自己肯定感の低下に悩む人も少なくない。そこで今回は「50歳からの自己肯定感の高め方」について考えてみたい。

「幸せホルモン」を出すパートナーとの相互マッサージ

コミュニケーション
コミュニケーション

「幸せホルモン」を出すパートナーとの相互マッサージ

「妻は女性というよりも家族としてみている」 既婚男性からよくこんな話を聞きます。パートナーとの生活が長くなって、家族の絆が強まれば強まるほど、かえって性的なスキンシップが減る方は多いようです。

なぜ「幹事」をすると10歳若返るのか?

コミュニケーション
コミュニケーション

なぜ「幹事」をすると10歳若返るのか?

改めて説明すると、「俺活」とは「僕や私ではなく俺を主語にした主体的な行動を始める」ことを言う。趣味で俺活を表現する人もいれば、ビジネスで俺活を発揮する人もいる。

HPVワクチンで子宮頸がんが救えることを知らない世代がいます

コミュニケーション
コミュニケーション

HPVワクチンで子宮頸がんが救えることを知らない世代がいます

桜の咲く頃に、ヒトパピローマウイルス(HPV)やHPVワクチンに関する知識を伝える広告が、東京のJR渋谷駅や原宿駅などに出現して人の目を惹き付けました。

中高年男性が「本当の自分」で生きたいなら「俺」を主語で動こう

コミュニケーション
コミュニケーション

中高年男性が「本当の自分」で生きたいなら「俺」を主語で動こう

「オレが将来やりたい“俺活計画”を聞いてくれ! 30分くらい時間ないか?」 旧友が突然ズーム会議を申し込んできた。彼はいま活躍中の政治家だが、「やっぱり俺活だよな。俺活しないといけない」と熱く語った。

不妊治療の保険適用範囲拡大でも課題は山積

コミュニケーション
コミュニケーション

不妊治療の保険適用範囲拡大でも課題は山積

4月から、不妊治療の保険適用の範囲が拡大されました。それにより、「体外受精」「人工授精」「顕微授精」などの治療が原則3割負担で受けられるようになります。30歳の私にとって他人事ではありません。同世代の友人たちはすでに産んでいたり、計画を立てたりしていて、この件は話題になりました。

つらい役職定年、ワクワクの役職定年、あなたはどっち?

コミュニケーション
コミュニケーション

つらい役職定年、ワクワクの役職定年、あなたはどっち?

「ああ、もうすぐ役職定年か〜」。"役定カウントダウン”が始まった途端に、やる気を失う人は多い。「今までのキャリアは何だったんだ?と自問自答してモヤモヤする」という話もよく聞く。そこで今回は「つらい役定カウントダウン」を「ワクワクの役定準備期間」に変える方法について紹介したい。

女性の大きな悩み「PMC(月経前症候群)」の諸症状とは?

コミュニケーション
コミュニケーション

女性の大きな悩み「PMC(月経前症候群)」の諸症状とは?

私はパートナーと生理日を共有しています。「生理は隠すべきだ」という風潮もあるので、びっくりする人もいるかもしれません。しかし、私にとって、いやすべての女性にとって「生理」は毎月必ず起こる体調変化です。

50歳過ぎたら深刻になる「何のために生きているのか」問題を解決する方法

コミュニケーション
コミュニケーション

50歳過ぎたら深刻になる「何のために生きているのか」問題を解決する方法

「何のために生きてるんだろう問題、最近よく感じるよ!」と自虐的に笑ったのは、某大手企業のエリート管理職。きれいな奥さんに利発な息子さん、そして立派な家を持つ人物だ。

夫婦不仲の最大要因、「産後クライシス」の実態

コミュニケーション
コミュニケーション

夫婦不仲の最大要因、「産後クライシス」の実態

「夫婦仲があまり良くない」という女性に、いつごろから距離ができたか聞くと、「産後くらいから」という答えが、とても多いです。出産後の数年間に夫婦仲が悪化する現象のことを「産後クライシス」といいます。

出世した女性は自分が「詐欺師」に見える!?

コミュニケーション
コミュニケーション

出世した女性は自分が「詐欺師」に見える!?

3月8日は、「女性の政治的自由と平等のためにたたかう」記念の日である「国際女性デー」でした。今年のテーマは、「持続可能な明日に向けて、ジェンダー平等をいま」。