コミュニケーション

男性が「男らしさ」を実感できるのはどんな時でしょうか? DANTESは女性の存在が不可欠だと考えます。恋愛やセックスの関係とは別に、周りのすべての女性に「男らしい」と感じてもらえる大人の男の魅力を追求します。

「イクメン」という言葉に「なんだかなー」と疑問の女性多し

コミュニケーション
コミュニケーション

「イクメン」という言葉に「なんだかなー」と疑問の女性多し

2015年国勢調査によると、夫婦共働きの世帯は64.6%。今はもっと増えているかもしれません。ひと昔前は「家事・育児は女性の仕事」という価値観を持つ方が多かったそうですね。いまは男女で仕事を分けるのではなく、お互いにできることをして助け合いながらパートナーシップを築く方が増えています。

「性的嗜好をパートナーに話せない」悩みの解決法は?

コミュニケーション
コミュニケーション

「性的嗜好をパートナーに話せない」悩みの解決法は?

「自分の性的嗜好をパートナーに話せない…」。そんな悩みを抱えた人が、たまにいます。「パートナーのどこのパーツが好き?」などのフェチの話ならまだしも、具体的な好きなシチュエーションやちょっと変わったものが好きな場合、話しづらい人もいるのではないでしょうか。

今年こそ自分らしさを取り戻したい人にそのコツを伝授

コミュニケーション
コミュニケーション

今年こそ自分らしさを取り戻したい人にそのコツを伝授

「今年こそは後悔のない1年を歩みたい!」。そんな決意をしたなら、「好きで得意なことへの没頭時間を増やす」のが一番だ。リモートワークや副業時代の今、会社外での活躍の場は大きく開かれている。副業が禁止されているなら、報酬をもらわなければいい。いますぐ実行し、本来の自分らしさを取り戻そう。

「今ここ、これでいいのだ」と思える幸せのつかみ方

コミュニケーション
コミュニケーション

「今ここ、これでいいのだ」と思える幸せのつかみ方

正月休みで、幸福感を感じた人も多いことだろう。しかし別に正月でなくても、「今ここ、これでいいのだ」と思うだけで私たちはいつでもどこでも幸せな気持ちになれる。「今ここ、これでいいのだ」は禅の考え方である。その心境へはどのようにたどり着けるのか。今回はこのテーマについてお届けしたい。

同性カップルの権利、どの程度認められているかご存じですか?

コミュニケーション
コミュニケーション

同性カップルの権利、どの程度認められているかご存じですか?

俳優の西島秀俊さんと内野聖陽さんがカップルを演じる「劇場版 きのう何食べた」が評判を呼んでいますね。私は、テレビ東京系の連続ドラマを配信でイッキ見しました。お二人の仲の良さにキュンキュンしながら、改めて同性カップルについて考える機会になりました。

「お金で買えない幸せ」を買うコツ

コミュニケーション
コミュニケーション

「お金で買えない幸せ」を買うコツ

「将来、お金持ちになったら、家を買って、車を買って…」。誰もが若い頃に「将来お金ができたら手に入れたいもの」を想像する。しかし、、時を経てそれらが手に入ると、今度は若い頃に当たり前に転がっていた「お金のかからない、他愛もない日常」が欲しくなる。

役職定年が「つらい人」「逆にやりがいを感じる人」とは?

コミュニケーション
コミュニケーション

役職定年が「つらい人」「逆にやりがいを感じる人」とは?

最近、筆者の周りで役職定年を迎える人が増えている。出世の道がなくなり、収入も減少したことで、やりがいや居場所を失ったという嘆きをよく聞く。

フランス発セックス指南の大ベストセラーを読む

コミュニケーション
コミュニケーション

フランス発セックス指南の大ベストセラーを読む

読書はお好きですか? 私は、あまり本を読む方ではありませんでした。合わない本だと頭に文字が入ってこなくて、ただ文字をたどるだけ、みたいな状況に陥ってしまうのです。

今日の決定が1年後を決める!

コミュニケーション
コミュニケーション

今日の決定が1年後を決める!

「ごめん! 忙しくて次回の同窓会は参加できないよ」 30-40代のころは、そんな言葉が飛び交っていた。しかし、50代になると、一番忙しかった当人が「今度の金曜日、7時くらいから集まらないか?」と号令をかける。

「しつこい落ち込み」にサヨナラ!「幸福度」を上げる方法

コミュニケーション
コミュニケーション

「しつこい落ち込み」にサヨナラ!「幸福度」を上げる方法

「未来に希望を持てない」「何をしても憂鬱だ」「このまま朽ち果てていくのか…」。そんなふうに後ろ向きな気持ちになることがある。人生の下り坂を実感し始める50代以降の男性が抱きがちな感情のひとつだ。

年末年始にぜひ見てもらいたい「セックス・エデュケーション」

コミュニケーション
コミュニケーション

年末年始にぜひ見てもらいたい「セックス・エデュケーション」

2021年ももうすぐ終わりですね。私は先日、おせちを注文しました。週末は大掃除を行い、年越し準備を着々と進めています。年末年始はゆっくり家で、テレビを見て過ごす作戦です。

人付き合いが苦手な人が自分を取り戻す「極意」

コミュニケーション
コミュニケーション

人付き合いが苦手な人が自分を取り戻す「極意」

講演などで「会社と家以外の場所で、好きで得意なことをする俺活(おれかつ)を実践しましょう。そして仲間を増やしましょう」と話すと、「いまさら人付き合いは面倒くさい」という声が返ってくる。

50歳からの「居場所」と「肩書」を自分でつくる方法

コミュニケーション
コミュニケーション

50歳からの「居場所」と「肩書」を自分でつくる方法

「役職定年で、やる気とプライドがなくなってしまった」。50代のビジネスマンから、そんな声が聞こえてくる。「会社が唯一の自己表現の場所だった」という人には危機的状況だ。しかし、諦めてはいけない。「居場所」と「肩書き」は、まだ作れる。その方法を紹介したい。

渋谷の「バイブバー」で女性に大人気のアイテムとは?

コミュニケーション
コミュニケーション

渋谷の「バイブバー」で女性に大人気のアイテムとは?

先日、東京・渋谷の道玄坂にある「ザ バイブバー ワイルドワン」(通称・バイブバー)に友人と行きました。名前からお察しの通り、バイブが置いてあるバーで、コンセプトは「見て、触れて、動かして…」。合計350本のバイブが展示してあり、それらのバイブを自由に手に取ることができるのです。

50代男性が20-30代の若者と楽しく遊ぶための6つのコツ

コミュニケーション
コミュニケーション

50代男性が20-30代の若者と楽しく遊ぶための6つのコツ

「若者とは話が合わない」と構え始めたら、老化の始まり。全世代と屈託なく楽しめることは「若々しい俺」を維持する重要なポイントだ。では、若者に媚びるのではなく、自然体で楽しむにはどうしたらいいのか?  筆者は長年、ヨットなどのマリンレジャーやイベントを通じて20〜30代の若者と交流を重ねている。その現場で垣間見た「20〜30代と付き合い上手の50代男性」の特徴を紹介しよう。

地方に残る「保守的なジェンダー思想」、移住の障害にも?

コミュニケーション
コミュニケーション

地方に残る「保守的なジェンダー思想」、移住の障害にも?

知り合いが住む、ある地方の町で2週間過ごしてきました。ワクチンを打って、やっと会いたかった人に会いに行ける! と喜びつつ、飛行機を予約。感染症の影響で、遠くの人との接触を控えていたので、念願の旅でした。

パートナーからのセックスの誘いを断るときに大切なこととは?

コミュニケーション
コミュニケーション

パートナーからのセックスの誘いを断るときに大切なこととは?

自分がしたくない時に、パートナーからセックスを誘われることって、ありませんか。たとえカップル関係であっても、セックスを断る権利はあります。

「本当の俺」を思い出させてくれるのは「昔の女友達」だ

コミュニケーション
コミュニケーション

「本当の俺」を思い出させてくれるのは「昔の女友達」だ

「昔の女友達と一杯飲みに行くと、いいコトがある!」 今回は、まず第一声として、このことを声高らかに叫びたい。「いいコト」とはいったい何か? それは「失った自分らしさを取り戻せる」ということだ。

50代男性が私や僕ではなく「俺」で生きる方法

コミュニケーション
コミュニケーション

50代男性が私や僕ではなく「俺」で生きる方法

私たちは、社会人になってから「私」あるいは「僕」という言葉を日常のように使い続けてきた。「“俺”を使った日のことなど思い出せない」。そんな人もいるだろう。

コロナで変化した「夫婦関係」、その中身は?

コミュニケーション
コミュニケーション

コロナで変化した「夫婦関係」、その中身は?

11月22日は「いい夫婦の日」でした。 みなさん、パートナーとの関係はいかがでしょうか。改めて向き合い方について考えてみましょう。