セックスやマスターベーションでどのぐらいキレイになれるか?調査結果

2021/07/08

幸せおじさん2021年7月8日

「セックスをすると肌がキレイになる」という話はよく聞きますが、はたして本当なのでしょうか。セクシャルウェルネスメーカー、TENGAが20~50代の男女400人を対象に「性行為が肌に与える影響に関する意識調査」(月刊TENGA第37号から)を行いました。

それによると、性行為後の肌の調子の良さを実感している女性は、「SEX後」で64.5%、「マスターベーション後」で48.5%。男性の「SEX後」も39.5%で、「マスターベーション後」の32.5%を上回る結果となりました。

また、「SEX・マスターベーション」と「化粧水をつける」で同等の実感を持つ人は、男性で6割超(SEX=62.0%、マスターベーション=63.1%)、女性も過半数(SEX=55.8%、マスターベーション=54.6%)に。

これらの結果について、婦人科医の池下育子先生に医学的な観点から伺いました。

「男女ともに、好きな相手とSEXをしたり、マスターベーションをしたりすることで『幸せだな』と感じると、セロトニンやドーパミンといった“幸せホルモン”の分泌量が増えます」

どうなるのでしょう。

「“幸せホルモン”が増えることで、自律神経系が活発になると、肌のターンオーバーが活性化し、血流や血色が良くなり、保湿効果も高まる、といったことにつながります」

男性の場合は?

「性行為により、男性ホルモンであるテストステロンが活発に分泌されます。この男性ホルモンは筋肉・骨を作るだけでなく、前向きな気持ちも作り、それにより自信がつくため、見た目にも影響すると言えるでしょう」

セックスやマスターベーションは隠すべきものだと思われがちですが、身体にとって大いにメリットがあります。健康や美容のために…とまでは言いませんが、良いセックスをすることによってカラダに好ましい影響があるのは事実。性に関して前向きになれる気がしませんか。

  • はてなブックマークに追加

RECOMMEND

-AD-


SNSフォロー

ダンテス人気記事