「モテる副業」で男性フェロモンを強化する!

2020/10/02

男性力アップ術20200228/バーテンダー副業

週末の「大人の魅力男談義」の最中、女性が突然切り出した。「最近の世の中、副業、副業って言ってるけど、“暗いお小遣い稼ぎ”ブームみたいでイヤだわ」。

40歳を超えて色気がある人は「大好き」な副業と出合っている

たしかに、「副業」というと、まだ後ろめたい印象がまとわりつく。しかし時代は動き、「モテる副業」で社外にパラダイスをつくり、イキイキと暮らす中年男性が増え始めている。

ここでいう「モテ」とは何も「恋愛」に限ったことではない。男でも女でも、面白がって集まってくる人気(ひとけ)のある人物のこと。以下に紹介するのは、実際に「モテる副業」を実践する人々の例である。

月1回、独身向け合コンイベントを開催するIT企業社員(46歳)▽隔月に1回、1日だけのバー店長をする金融系会社員(40歳)▽特技を生かして講師をする食品メーカー勤務者(40歳)▽ヨガとキックボクシングを合わせた男女のスポーツイベントを開催する福祉介護系団体職員(43歳)▽船舶免許を取得してレンタルボートでクルーズイベントを主催する営業職(42歳)▽クラブでDJをする社団法人職員(46歳)。

彼らははつらつとプライベートを過ごし、今時のオシャレ女子たちを含め、「社外の新しい出会い」をどんどん広げ、お金を稼いでいる。



「好きで得意な副業」×「魅力人と出会える副業」がテストステロンを増幅する

副業と「男の色気」には何も関係がなさそうだが、実は副業は男の魅力に大きく関与している。

「モテる副業」を始めて、男からも女からも慕われ、40歳を超えて魅力仲間をガンガン増やしている人には共通点がある。色気があるという点だ。「好きなこと」をすることで脳内にドーパミンが分泌される。会社とは異なる「好きな人」や「魅力人」と関わることでも同様だ。興奮や刺激が得られ、男性力のバロメーターであるテストステロンが分泌され色気が増強される。

だから、独身男性は婚活をするより「副業恋愛」をすべしと言いたい。会社外で、大好きで得意な活動や仕事をすることで出会いの量と質が向上し、恋が生まれる確率は上昇する。副業を通じて、自分と世界観やセンスが近い人と「出会える場所」に行くことになるからだ。

結婚相手が欲しい、彼女が欲しいと血眼になるより急がば回れ。社外で本当に自分の大好きな副業を始め、その中で「無尽蔵な出会い・良質な出会い」を、一気に獲得していく方が効果的と言える。


「モテ副業」が少子化も食い止める



ハロウィンはもともと宗教行事だったが、いつの間にか「コスプレ祭り」へと変化した。ブームはいつも「熱量の高い小集団」から徐々に火が付き定着する。そして今、まさに副業が同じ熱量を帯び始めている。

好きで得意なことを社外の仕事と定め、個人レベルで「ライフワーク起業」する人々は、ロマンと色気に満ちた人生の時を刻む。世の中が副業時代に移行する中、「大好きで得意で出合える副業・社外活動」が日本の恋愛の活性化、そして少子化ストップのツールになるとも確信する。あなたはどんな自分を副業で表現するか?

  • はてなブックマークに追加

この記事のライター

潮凪 洋介

潮凪 洋介

エッセイスト・作家。著書累計70冊、168万部。「男の色気のつくり方」「もういい人になるのはやめなさい」「バカになれる男の魅力」「アナザーパラダイスの見つけ方」「自分の壁の壊し方」など。大人の海辺の社交場「芝浦ハーバーラウンジ」をプロデュース、累計7800人が参加。ライフワーククリエイト協会を設立、「会社でも家でもない”サードプレイス“で好きなことでライフワーク起業しよう」をテーマに講座を実施。

RECOMMEND

-AD-