あなたは100歳まで命を何に使う?アフターコロナの仕事と働き方について考えよう

2020/06/18 男性更年期障害

コロナ禍の不況が加速しており、東証一部上場企業が破綻したことも記憶に新しい。しかし、めげてばかりもいられません。


ここで明確に言えることが1つあります。それは、私たちの人生はコロナ後も「100歳まで続く」ということ。「アフターコロナ」の人生は長いです。


リモートワークで1人になれる今だからこそ、自分と向き合い、「ライフワーク」を見つけていきましょう。ライフワークとは「自分が生涯をかけて本当にやりたいこと」「ワクワクしながら向き合えること」です。



ライフワーク中に本当に自分のやりたい仕事を考える

アフターコロナの仕事と働き方

この先も、完全にリモートワークがなくなることはないでしょう。自分と向き合う時間はこのままキープされます。


ライフワークを構築できる環境は続くことでしょう。


しかも、コロナ前から世の中は副業時代へと突入している。企業は社員に副業を容認・奨励したままです。リモート奨励に副業容認。


会社外で自分の好きなことをできる″追い風″が吹いているのではないでしょうか。この先、100歳までの自分の仕事を考える絶好のチャンスと言ってもいいと思います。



やりたい仕事・ビジネスを見つける方法


「やりたいことは何ですか?」。そう聞くと約7割の人が「わかりません」と答える。「意志を持たない群衆の集合体」が世の中の実態です。


しかし、誰の心の奥底にもやりたいことは眠っています。それを探す方法は、まず「世の中にどのような楽しいビジネスが存在するのかを知ること」です。


世の中の職業一覧などを眺めると、心が躍る職業が必ずヒットすると思います。それはおそらく複数あるはずです。


次に、その複数のやりたいこと同士をくっつけてしまう。すると「世の中でオンリーワン」の「ライフワーク」が生まれます


ありえないモノの組み合わせが新たなビジネスモデルを誕生させる。
カフェ付きのコインランドリー、オンラインお見合いサービス、爆音を聴きながらサンドバッグを叩く、クラブのような打撃系格闘技ジム。これらは、すべてありえないもの同士の組み合わせによるものです。


この科学反応を、心の羅針盤に従って、無邪気に組み立ててみましょう。あたなだからこそ、発見できる意外な面白い組み合わせが見つかるかもしれません。



新しいビジネスを見つけたら「見切り発車」が大事

名刺交換する男性

新しいことを始める時は、準備はしすぎないほうがいいでしょう。何故なら万全にしようとすると、なかなか始められないからです。シンプルにキックオフする事が大事。


まず、自分のやりたい「サービス」にネーミングをつけて、ブログやSNSなどでサービスを発信します。


2枚目の名刺を作って配りましょう
友人知人を集めてお披露目会をやってしまう。これはオンラインでもいいと思います。こうやって「見切り発車」してしまう事が大事なのです。


その後は、時間にとらわれず100歳まで楽しく気長にやればいい。


ここで大切なことを一つ覚えていただきたい。それはお金にとらわれず、本当に魂が震えることをやるということです。人生は長いから、楽しくないと続かないですよね。


ワクワクドキドキできる「持ち場」を自分で自分にプレゼントする。そこからたくさんの輪が広がるはずです。


あなたは100歳まで命を何に使いますか?今だからこそ、ライフワークについて一度考えてみませんか。

  • はてなブックマークに追加