50代男性でもクリーム1本で大変身!怖がらずに「メンズメイク」やってみよう

50歳からのメンズ美容20201116/BBクリームの色味の合わせ方2

今回はメンズメイク(化粧)を紹介します。メイクは女性のもの、というのは昔の話で、今や男性もメイクをする時代です。「若く見える」「健康的に見える」と50代の会社員にも人気があります。


私たちは年齢とともに血色が悪くなり、シミやクマなども目立つようになります。そんな肌を若々しく見せてくれるのが、メンズメイクの代表格「BBクリーム」です。これはファンデーションの一種で、肌の難点を隠すカバー力に優れており、いろいろなメーカーから発売されています。

イチ推しは「フィトグラムBBクリーム」(税込み2420円)。

50歳からのメンズ美容20201116/フィトグラムBBクリーム

老舗メーカー、メイコー化粧品の男性用ブランドで、Amazonや東急ハンズなどで購入できます。

日本人の肌に合う3色がそろっており、色白の人は「ライト」、色黒の人は「ダーク」、中間の人は「ミディアム」を選ぶとよいでしょう。

例えば色黒の人がライトを塗ると、顔と首の色に差が生じて違和感が出ます。周りの人に塗っていることがバレてしまうので、色選びは慎重に行いましょう。確実に合う色を選ぶなら、売り場で試し塗りをするのが一番です。その際は顔の輪郭部分に塗ってみて、首と合う色を購入してください。

50歳からのメンズ美容20201116/BBクリームの色味の合わせ方2

塗り方のポイントは3つあります。

1つ目はシミやクマ、青ヒゲなど、カバーしたい部分にしっかり塗ることです。保湿クリームを塗るような感じで、まずは顔全体に薄く塗り、気になる部分だけ重ね塗りすればバランスが整います。ただし、目元に厚塗りすると、小じわに入り込み不自然な印象になるので注意してください。

2つ目は、境目をぼかすことです。髪の生え際や顔の輪郭部分はごく薄く塗り、その他の部分となじませれば、自然な仕上がりになります。

 3つ目は、慣れです。日頃から塗ってみて、徐々に慣れていくと、ちょうどよい加減が分かってきます。プロフィール写真撮影やプレゼン、デートなど、ここぞという時のために練習しておくことが大切です。

フィトグラムBBクリームは余分な皮脂を吸着するパウダー配合でサラッとした仕上がりですが、国産の保湿成分が10種類も配合されているので、乾燥肌の人も安心して使えます。

また、メイクをすると専用のクレンジング剤が必要になりますが、これは通常の洗顔料で落とすことができます。

メンズメイクを一度試せば、流行している理由が実感できます。見違えるほど若い肌を手に入れて、人生をより楽しんでください。

  • はてなブックマークに追加

この記事のライター

木津利香

木津利香

メンズ美容家。1974年生まれ。独自の美容メソッドをもとに2004年から美容家として活動。セミナー実績は200件以上。中高年にも人気の「メンズ美容講座」をYouTubeで配信中。ホームページは『https://www.kizzrica.com/』(「メンズ美容講座」で検索)。


RECOMMEND

-AD-


SNSフォロー

ダンテス人気記事