あなたを4歳老けさせる「目元のクマ」を消す方法

50歳からのメンズ美容20201214/1_ルシード薬用メラノクリーム

今回は、目元のクマ対策をお伝えします。美容の意識調査によると、クマがあるだけで4歳以上も老けて見られることが分かっています。しかし、なんとかしたくても、対処法が分からないという人も少なくありません。

一口にクマといっても、種類は大きく分けて3つあり、それぞれ対処法も異なります。

1つ目は青いクマ。これは疲れや寝不足による血行不良が原因です。

目元の皮膚は薄いため、血流が滞ると皮膚の上からも青黒く見えてしまいます。睡眠はクマだけでなく、美容全般に大きく影響するため、日頃から十分な睡眠を心がけたいものです。

パソコンやスマホで目を酷使することも原因とされているので、時々は画面から離れて、目を休めることが大切です。

蒸しタオルで目元を温めると、血行が促進されます。濡らしたタオルを電子レンジで数十秒ほど温めるだけで、簡単に蒸しタオルを作ることができます。

2つ目は茶色いクマ。色素沈着が原因なので、目元をこすらないことが重要です。花粉症で目をかいたり、力を入れてマッサージをすると、シミの元であるメラニン色素が沈着してしまいます。

対策としては、シミ用の薬用化粧品がおすすめです。「ルシード 薬用 メラノクリーム」(税込み1650円)は有効成分のトラネキサム酸配合で、色素沈着を効果的に防ぎます。シミの予防もできるので、一石二鳥です。

50歳からのメンズ美容20201214/1_ルシード薬用メラノクリーム

使い方のポイントは、ソフトタッチで塗ることです。ゴシゴシすり込むように塗ると、摩擦で色素沈着を起こすので注意してください。

3つ目は黒いクマ。年齢とともに目元がたるんで影になり、黒く見えることが原因です。茶色いクマと同様に、目元をこするクセや自己流のマッサージなども原因になります。

おすすめの化粧品は「ルシード・薬用リンクルフォースクリーム」(同2200円)。

50歳からのメンズ美容20201214/2_ルシード薬用リンクルフォースクリーム1

日本初となる男性用のシワ改善クリームで、有効成分のナイアシンアミドが肌にハリを与えます。いずれの製品も、ドラッグストアで購入できます。

ただし、化粧品で劇的な変化を望むことは難しいのが実情です。クマをしっかり治したいなら、美容クリニックで治療するのが一番です。

以前は、美容クリニックというと男性にはハードルが高かったのですが、最近は男性専門のクリニックも登場しています。症状により治療方法や費用はさまざまなので、まずはネットなどで調べてみましょう。

(紹介した製品価格は販売店によって異なります)

  • はてなブックマークに追加

この記事のライター

木津利香

木津利香

メンズ美容家。1974年生まれ。独自の美容メソッドをもとに2004年から美容家として活動。セミナー実績は200件以上。中高年にも人気の「メンズ美容講座」をYouTubeで配信中。ホームページは『https://www.kizzrica.com/』(「メンズ美容講座」で検索)。


RECOMMEND

-AD-


SNSフォロー

YouTubeライブセミナー開催

ダンテス人気記事