390円のソックスで「夏のイメチェン」が簡単にできる

2020/08/07

モテる男の1万円服装術20200729/ウラパイルベリーショートソックス1

「この夏は素足で靴を履いてみたい!」と要望してきた50代男性。これまでスーツ一辺倒だったサラリーマン生活の「卒業」を見据え、私服の充実に挑戦したいというのが理由でした。

夏はイメチェンに最適な季節


意外と知られていませんが、夏はイメチェンに最適です。


身につけるアイテムが絞られるため、簡単に小物を取り入れられます。


前回は、女性から「かわいい」と言われやすいハットについて紹介しました。


Tシャツにサマーカーディガンを羽織るだけで着こなせるハット。ですが、見慣れぬハット姿に戸惑う男性も多いのではないでしょうか。


そこで今回は、「小物のハードルを下げるコツ」についてお伝えします。


ファッション小物のハードルを下げるコツ


平日はスーツ、週末はゴルフウエアで過ごしてきた世代にとって、ファッション小物はそもそもハードルが高いのかもしれません。


これまで私服を着る機会が少なかった人は、小物を取り入れるという発想自体が浮かばない可能性もあります。


そこでまず、この夏のリゾートスタイルとしてお勧めしたい工夫が「見えないソックス」。


素足で靴を履くと足のニオイが心配ですが、今回紹介する「ベリーショートソックス」は、その不安を解消してくれます。


ベリーショートソックスで「こなれ感」を出す


素足で靴を履いているように見えることで、全身がこなれて見えます。


これは女性ファッション誌で登場する「3首理論」そのものです。


手首・足首・首という身体の細いパーツを露出させると、全身に「こなれ感」が生まれます。この雰囲気が小物をなじませ、取り入れるハードルを下げてくれるのです。


このとき、パンツの丈は短めに合わせましょう。


目安は、立っている状態でくるぶしが半分隠れる程度。靴とパンツの間に隙間ができるので足首が見える状態です。


パンツを短めにカットすることが不安な人はロールアップでもかまいません。


小物に苦手意識がある人は、足首を見せた状態でハットやブレスレットを試着してみてください。


本当にちょっとしたことですが、たったこれだけの工夫で夏小物に対する違和感がグッと減るはずです。


スーツ一辺倒の卒業を見据え、この夏はイメチェンに挑戦してみてはいかがでしょうか。



モテる男の1万円服装術20200729/ウラパイルベリーショートソックス2

ユニクロのウラパイルベリーショートソックス(税別390円)
。脱げにくいよう施されたかかとのゴム

  • はてなブックマークに追加

この記事のライター

森井 良行

森井 良行

スタイリスト。のべ4500人を超えるビジネスマンの買い物に同行し、現在はおしゃれを学ぶコミュニティ「エレカジ大学」を主催。「日本元気シニア総研」研究委員やAll Aboutメンズファッションガイドを務める。近著は『38歳からのビジネスコーデ図鑑』(日本実業出版社)。

RECOMEND

-AD-