この夏は中高年男性もメッシュの靴でおしゃれに変身

2020/07/16

モテる男の1万円服装術20200708/メンシュ・ランバンオンブルー①

梅雨が終われば、本格的な夏がやってきます。そこで、都市型リゾートに映える、ボタンが付いていないスキッパー型のポロシャツを紹介しました。首元のV字が浅く設計されているので、きちんとしたイメージを保てるのが特徴です。今回は「おしゃれは足元から」の言葉に従い、夏限定の「靴」を取り上げます。


おしゃれは足元から

リゾート気分を満喫できる「The夏!」というアイテムは様々あります。


夏らしいアイテムを新しく取り入れようと考えたとき、アロハシャツや花柄のシャツ、カラーパンツなどに挑戦するのも悪くないですが、大きな面積を占めるシャツやパンツで夏らしさを取り入れるのはかなり勇気がいります。


そんなときは、小さな面積でも効果抜群な靴で夏らしさを取り入れていくと、比較的成功しやすいでしょう。


ここでは素足やベリーショートソックスに似合うメッシュを施したデザインの靴、スリッポンやひも靴を紹介します。


メッシュの靴で夏らしい開放感を

真夏のリゾート・コーディネートでは、トップスとボトムスのみのワンツーコーディネートが基調になるため、シンプルすぎてしまう可能性が大きくなります。


そこに革靴を履いてしまうと足元が重たく感じられ、夏らしい開放感が出せません。


そこで、靴をメッシュを施したデザインのスリッポンやひも靴に替え、シンプルなコーディネートにアクセントをつけます。


すると、リゾートファッションが見違えるほど素敵になります。ショートパンツ、アンクル丈のパンツだけでなく、きれいめのスラックスにも似合う靴なので、ディナーなどにも履いていけます。


スリッポンやひも靴で上手に「外す」

カジュアル系の服に合わせてサンダルを履いていくと、お店によってはドレスコード面でNGというところもあるので注意が必要です。


白や黒のモノトーン、こげ茶、グレーなどのシックな色みのスリッポンやひも靴を準備しておくと堂々と振る舞える場面が増え、行動範囲も広がることでしょう。


ヨーロッパの男性がスーツやジャケパン(ジャケットとパンツの組み合わせ)に素足で写真のようなスリッポンやひも靴を履いている写真を見たことはありませんか。


彼らはシャツやジャケットをきちんと着る一方で、足元はスニーカーやメッシュ地のスリッポン、ひも靴で上手に「外し」ています。今年はそんな伊達男たちを目指し、夏のおしゃれを足元から取り入れてみましょう。


モテる男の1万円服装術20200708/ランバンオンブルー

シンプルなコーディネートには、メッシュ地のスリッポンやひも靴で伊達男を気取ろう。ランバンオンブルー 白レザー(税別2万円)

  • はてなブックマークに追加

この記事のライター

こうの めぐみ

こうの めぐみ

50代以上のデート・ファッションを提唱するパーソナル・スタイリスト。婚活中の人のプロフィル写真用スタイリングのほか、豪華クルーズ船に乗る人のスタイリングなども手がけている。日本元気シニア総研研究委員。

RECOMEND

-AD-