男は知らない「生理用ショーツ」のレベルアップ

2021/01/22

幸せおじさん2021年1月23日生理

先日、パートナーから「吸水型パンツ」をプレゼントされました。


吸水型パンツとは、生理期間中にナプキンを使用せずにそのまま使えるパンツです。多重構造により漏れの心配なく血液を吸水してくれ、さらに吸湿や消臭まで期待できるスグレモノ。




私は毎回彼に、ソフィさんのショーツ型のナプキン「超熟睡ショーツ」について「パンツに血がつかなくて快適すぎる!」と大絶賛していたので、パンツタイプの生理用品を見つけた時に買ってきてくれたそうです。


私がもらったものは「Period.(ピリオド)」というブランドのもので、30ミリリットル吸水できるタイプ。すぐに吸収してくれるので着心地もよく漏れや匂いもまったく気にならず感動しました。


それから吸水パンツの虜(とりこ)になって、「Nagi(ナギ)」というブランドの吸水ショーツも購入しました。こちらは速乾シート、吸水シート、防臭シート、防水シートが4枚重なった構造で、吸水力と防臭力も素晴らしかったです。


吸水パンツがスグレモノ過ぎて、今では「なぜパンツとナプキンはバラバラだったのだろう?」と疑問に思うほど。血液が下着についたら、本当にテンションが下がるんですもの…。


男性読者は、生理用品のことをあまりご存じないと思いますが、近年フェムテック(=女性が抱える健康問題をテクノロジーで解決できる分野)が注目され、新しい生理用アイテムが続々と発売されています。特に、吸水型ショーツは見かける機会が増えてきました。


日本人女性のほとんどが紙ナプキンを使用していますが、人によっては紙ナプキンでかぶれたりすることもあるので、自分に合う生理用品を見つけることはとても大切なんです。プレゼントはハードルが高いかもしれませんが、女性の生活を快適にするアイテムの一つとして覚えていただけると、とてもうれしいです。もし、パートナーがお風呂場で吸水ショーツをつけ置きしていても、嫌がらないでいただきたいのです。

  • はてなブックマークに追加

この記事のライター

工藤 まおり

工藤 まおり

フリーランスライター。津田塾大学数学科卒。大手人材会社を経て、セクシュアルウェルネスメーカー、TENGAの広報に転職。女性向けセルフプレジャー・アイテムブランドirohaのPRなどに携わった後、この春フリーランスに。PR業務、恋愛・性・キャリアに関するコラムを執筆。


RECOMMEND

-AD-


SNSフォロー

YouTubeライブセミナー開催

ダンテス人気記事