なぜ服を変えただけで男の色気は増し年収も上がるのか

2020/06/11 男性更年期障害

男性力アップ術20200221/イメージ


「男は服で人生が変わる」は本当だった?! 服をオーダーメイドスーツにしたり、スタイリストをつけてオシャレに変えただけで、1年以内に収入が上がる人が続出。最大では1年間で1億6000万円の収入増の個人事業主もいた、というホントの話です。



    服を変えただけで再婚し、1億円以上稼いだ

    「男は服で人生変わるわよね」。いつもの「大人の魅力男談義」の最中に、女友達が唐突に口走った。彼女には以前、ある調査で協力してもらったことがある。「男のモテと成功に、服はどのような影響を与えるのか?」という調査だった。そのデータは拙書『服を変えれば人生が変わる』(CCCメディアハウス)でも紹介したが驚きの結果だった。

    男性力アップ術20200221/潮凪洋介著書


    服をオーダーメイドスーツにしたり、スタイリストをつけてオシャレに変えただけで、調査対象の男性はみんな1年以内にことごとく収入が上がり、最大では1年間で1億6000万円の収入増の個人事業主もいた。


    女性にもモテるようになり、バツイチ独身が再婚したり、独身貴族のままモテモテライフが始まった人もいた。服を変える前と後の写真では、自信や色気がことごとく変化している様子が私でもわかった。


    鏡の中の「変身した姿」でテストステロンが高まった

    とくに、それまで服に無頓着であった人ほど伸びしろは大きい。生まれ変わった姿を鏡に映した瞬間、未知の自分に興奮し、闘争本能のスイッチが入り、ライフスタイルが180度変わる。


    「服を変えたら、人に会いたくなった。自分を見せたくなり、異性ともっと出会いたくなった」(34歳・内装業)、「行動範囲が変わりました。より敷居の高い店に行けるようになった」(37歳・保険営業)、「地位のある人やきれいな女性にも臆せず食事に誘えるようになった」(41歳・自営業)、「仕事で初対面の人とも自信満々に接することができるようになった」(36歳・広告関連)。


    服を変えた直後のセルフイメージ変化により興奮し、テストステロン(男性ホルモン)が高まり、果敢な行動が促され、成功体験を重ねて自信がつき、さらにテストステロンが高まるーーそんなスパイラルを彼らは自然に作り上げたのだ。


    彼らは仕事でも恋愛でも自分を高く売ることに成功したが、これは「制服レバレッジ効果」に似ている。警察官も航空機のクルーも看護師も、制服を着た瞬間にバリッと背筋が伸び、仕事のスイッチが入り、その制服どおりの人間に内面も発言も物腰も行動も変身する。


    イケメン金持ちじゃなくても「服」が「色気」を醸し出す

    「男性って得よね。服がオシャレなだけで、多少太っていても、身長が低くても、イケメンじゃなくても、お金持ちじゃなくても、人生が豊かに見えちゃう」と冒頭の女性は言う。


    彼女の言う「人生の豊かさ」とは「仕事もうまくいっていて、プライベートも楽しんでいて、一緒にいると楽しい」と思わせるエッセンスだ。無理してダイエットしなくても、金持ちになるまで頑張らなくても、布切れを2〜3枚を変えるだけで第一印象の魅力が変わり、内面も行動も言動も勝手に変わるのだから、いいことづくめである。


    仕事もプライベートも“ノッている状態”を象徴するファッションが、男の色気も増大させる。悪いことは言わない。この週末にショップに行き、店員に服を上下選んでもらうだけで、あなたの人生は確実に変わってゆく。

    • はてなブックマークに追加

    この記事のライター

    潮凪 洋介

    潮凪 洋介

    エッセイスト・作家。著書累計70冊、168万部。「男の色気のつくり方」「もういい人になるのはやめなさい」「バカになれる男の魅力」「アナザーパラダイスの見つけ方」「自分の壁の壊し方」など。大人の海辺の社交場「芝浦ハーバーラウンジ」をプロデュース、累計7800人が参加。ライフワーククリエイト協会を設立、「会社でも家でもない”サードプレイス“で好きなことでライフワーク起業しよう」をテーマに講座を実施。