薄毛の人は必読!自分に似合う髪形の作り方3つの秘訣

2020/07/15 薄毛・AGA治療

50歳からのメンズ美容20200511/5

今回はヘアスタイルについてお伝えします。髪は顔の額縁だと言われます。顔を引き立たせるのも、野暮ったい印象を与えてしまうのも髪型次第です。もしも髪型のせいで取引先や女性社員から「パッとしない人」だと思われていたら? そうならないために、髪型をブラッシュアップさせる3つの秘訣を紹介します。


「似合う髪形」を見つけよう

1つ目のポイントは、似合う髪型について、理容師に相談することです。例えば学生の頃、「お坊ちゃま風」に前髪を下ろし、それが似合っていたとします。その髪型が好きだからといって、中高年になっても続けていたら、どうでしょうか。


年齢とともに、髪質や顔の輪郭、体形などは変化します。なのに、髪型だけ昔のままでは、「とっちゃん坊や」のようになってしまいますよね。


自分が好きな髪型と、似合う髪型は違います。自分に似合う髪型はどんなものか、理容師に相談することが大切です。


また、理髪店へは、必ずおしゃれをして行きましょう。理容師はあなたがどんな人か知らないため、服装などの見た目に合わせてカットします。休日だからといって、ヨレヨレの服や無精ヒゲで行くと、髪型にもそれが反映されるので注意してください。


薄毛の人が避けるべき髪形とは?

2つめのポイントは、薄毛の人が避けるべき髪型について。

薄毛になり始めたら、頭頂部の髪を伸ばしてはいけません。髪が薄くなると、それを隠すために頭頂部の髪を伸ばしがちですが、細くなった髪は重さに負けてしまいます。すると髪が側頭部にたまり、上はペタっと、横はモワッと広がり、間の抜けた感じの髪型になります。薄毛が気になる人こそ、勇気をもって頭頂部が短い髪型にチャレンジしましょう。


効果的な白髪染めの方法

3つ目のポイントは白髪染めについて。

 

白髪を気にする男性は多いですが、私は白髪は大人の男性の魅力だと感じます。染める場合は真っ黒にするより、白髪をぼかしていくやり方がおすすめです。


白髪が出はじめ、とりあえず目立たなくしたい人には「メンズビゲンのカラーリンス」(税別880円)が便利。シャンプーのついでに徐々に染めていくことができます。


また、白髪が黒髪より多い人は「メンズビゲンのグレーヘア」(同980円)をおすすめします。こちらは白髪を生かした自然な仕上がりになります。どちらもドラッグストアで購入できます。


ぜひ髪型をブラッシュアップし、より魅力的な男性になってください。次回は眉毛やヒゲなどの手入れについてお伝えします。


(紹介した製品価格は販売店により異なります)

  • はてなブックマークに追加

この記事のライター

木津利香

木津利香

メンズ美容家。1974年生まれ。独自の美容メソッドをもとに2004年から美容家として活動。セミナー実績は200件以上。中高年にも人気の「メンズ美容講座」をYouTubeで配信中。ホームページは『https://www.kizzrica.com/』(「メンズ美容講座」で検索)。

RECOMEND

-AD-