この秋の流行を先取り!長袖カラーシャツの選び方

2020/09/09

モテる男の1万円服装術20200902/ネイビーカラーシャツ

今年は春以降、コロナ渦でリモートワークが中心になり、さらに真夏の暑さのなか、クールビズを超えて、かなりカジュアルな装いで仕事をしていた人も多いことでしょう。今年はスーツ系量販店や百貨店で販売されているビジネスシャツを着る機会もすっかり減ってしまった夏だったと思います。とはいえ、さすがに自宅で仕事する日は、休日のように襟のないTシャツは選ばなかった人が多いと思います。

長袖のカラーシャツを選んでみる

さて、猛暑のなかにも少しずつ秋の気配が感じられるようになると、シンプルな定番の長袖シャツに袖を通したくなりませんか。今回から数回にわたり、「長袖のカラーシャツ」について考えてみたいと思います。


通常、定番の長袖シャツといえば白ですが、今秋は写真のようなネイビーカラーのシャツに着目してみました。


この手のシャツの第一印象は「しっとりした雰囲気」です。肌触りが心地よく、生地がさらりと腕に優しくまとわりつく感じです。いわゆるYシャツのような、パリッとしたビジネスシャツとは一線を画しています。


これから先、服装のイメージのチャンネルをいくつか持っていると、1日のスタートを切るとき、何を着ればよいのかが、いち早く分かるようになります。


つまり、営業用に明るくパリッとした感じを出していこう、とか、今日は企画会議なので、よりクリエイティブな感じを出していこう、などと考えをめぐらすことができるようになるのです。


服装のチャンネルを増やす

自分の仕事で、今回の写真のようなシャツを着られるか否かを考えることは、将来の自分の服装のチャンネルを増やせるかどうかを考えることにつながります。


このシャツをよく見ると、ネイビー単色ではなく裾のほうに向かってグラデーション(色調のぼかし、濃淡度、色調の段階)になっています。そのため、「ビジネスシャツとして成立しない」と考える人もいると思います。


一方で、カジュアルさはあるものの、定番色であるネイビーは誠実さを表現でき、素材の美しさと相まって“上品カジュアル”な装いとなるので、「ビジネスシャツとして成立する」と判断する人もいると思います。


実は、このシャツを仕事で着ることはありか、なしか、を考える余地があるデザインや色使いであることが、大人の男性にぴったりのアイテムである理由です。


秋は落ち着いたネイビーブルーで

夏は海のような薄いブルーが映えますが、秋はしっとりと落ち着いたネイビーブルーのシャツで大人の男性を表現するのがおすすめです。


細身の人はジャストサイズで着るとより知的に見えますし、骨格がしっかりしている人は少し大きめサイズを選んで、きちんと感とおしゃれ感を両立させましょう。


女性はネイビー色のグラデーション効果にきっと気付いてくれます。おしゃれなんて面倒だ、などと言っていられなくなりますよ。


【写真は、COMME CA MEN(コム サ メン)、税別1万900円】

  • はてなブックマークに追加

この記事のライター

こうの めぐみ

こうの めぐみ

50代以上のデート・ファッションを提唱するパーソナル・スタイリスト。婚活中の人のプロフィル写真用スタイリングのほか、豪華クルーズ船に乗る人のスタイリングなども手がけている。日本元気シニア総研研究委員。

RECOMEND

-AD-