テストステロンは一体どこから分泌されるのか?

2021/02/22 男性更年期障害

テストステロンは一体どこから分泌されるのか?

「男性ホルモンの代表格」「心身の健康に影響する」と言われるのが「テストステロン」。このホルモンは一体どこから分泌されているのでしょうか。また、女性の体内でも分泌されているのか、その量は男性と女性で違うのかなど、気になることが多いですよね。

テストステロンが分泌される仕組みの大元は、脳にあります。脳から放出されるホルモンが、テストステロンの生成に関わっているのです。この記事では「テストステロンの分泌」にフォーカスして、さまざまな疑問について考えてみます。

テストステロンの分泌場所

テストステロンは男性だけでなく、女性の体内でも分泌されているホルモンです。役割について詳しく知りたい方は【さまざまな効果があるテストステロン(男性ホルモン)とは】をご覧ください。

分泌部位に関しては副腎をはじめとして、複数箇所にあります。テストステロンが「男女それぞれどこから分泌されているのか」「量はどれくらいなのか」について解説しましょう。

男性のテストステロン分泌

男性の体では、テストステロンは睾丸と副腎の2カ所で分泌されています。そのうち最も分泌量の多い場所が睾丸です。男性のテストステロンは全体の95%が睾丸で分泌されています。

残りの5%は副腎で作られています。副腎は腎臓の上に位置する器官で、テストステロンのほかにもアドレナリンなどのホルモン分泌を担っている場所です。睾丸と副腎、この2つがテストステロンの作られる場所です。

女性は副腎などから分泌がある

テストステロンの分泌場所

「テストステロンは男性ホルモンなのに、女性でも分泌されているの?」と疑問に思う人もいるでしょう。しかし女性の体でも、テストステロンは重要な役割を担っているのです。

女性の体では、テストステロンは酵素「アロマターゼ」により女性ホルモン「エストラジオール」に変換されるなどして使われています。もちろん、「骨や筋肉を作る」といったテストステロンの基本的な作用にも使われています。

テストステロンが作られる場所は副腎や卵巣です。しかし、その分泌量は少なく、男性の分泌量のわずか5~10%に留まります。

テストステロンの分泌部位とその流れ

テストステロンの分泌部位とその流れ

副腎や睾丸、卵巣などで分泌されているテストステロンですが、分泌までにはどのような過程を経ているのでしょうか。その分泌過程について、はじめから追っていきましょう。

性腺刺激ホルモンが脳から分泌される

テストステロンの分泌過程は、脳が始まりです。脳にある視床下部から下垂体へ、バトンリレーのようにホルモン分泌が起きます。

はじめに、本能行動を司る中枢である「視床下部」から、GuRHという性腺刺激ホルモンが分泌されます。視床下部から分泌されたGuRHが、その下にある「下垂体」と呼ばれる部位に到達・働きかけるのです。

分泌されたGuRHを受け取った下垂体は、LHという黄体化ホルモン(黄体形成ホルモン)を分泌します。ここまでが、脳で行われる工程です。

ライディッヒ細胞で分泌が行われる

下垂体から放出されたLH。このホルモンが次に到達するのは、睾丸にあるライディッヒ細胞というところです。ライディッヒ細胞は睾丸の精細管の間にあり、テストステロンの分泌を行うための細胞です。

このライディッヒ細胞はLHを受け取ると、原材料であるコレステロールをテストステロンへと変えていきます。脳からライディッヒ細胞まで、ホルモンがそれぞれ正しく分泌・伝達されて初めてテストステロンができるのです。

分泌された後のテストステロン

精巣(睾丸)で分泌されたテストステロンは、その後、血流に乗って全身に循環していきます。テストステロンの機能は、性機能だけにとどまらず全身に及んでいるのです。

例えば、筋肉や骨を作る、免疫を維持する、やる気が向上するといった働きがあります。分泌されたテストステロンは、心身の健康を守る役割を果たしているといってもよいでしょう。

まとめ

テストステロンは、男性は睾丸と副腎から、女性は卵巣と副腎からそれぞれ分泌されています。男性の場合、その生成の流れは、

  • 1.脳の視床下部からホルモンGuRHが分泌
  • 2.GuRHを受けた下垂体がホルモンLHを分泌
  • 3.LHを受けたライディッヒ細胞が、コレステロールからテストステロンを生成する

となります。女性はテストステロンをもとに女性ホルモン「エストラジオール」の分泌も行っており、男女ともに重要なホルモンです。【テストステロンの男女差は15倍?働きの違いは?】のページでテストステロンの「男女差」について、いろいろな角度から解説しているので、合わせてご覧ください。

テストステロンは、私たちの体に欠かせないホルモンです。適切に理解を深め、心身の健康に役立てていきましょう。

  • 参考文献
    ・大東製薬工業株式会社 https://www.daito-p.co.jp/
    ・medicommi https://medicommi.jp/
    ・DIAMOND https://diamond.jp/
    ・看護roo! https://www.kango-roo.com/
    ・哺乳類における11-ケトテストステロン産生と機能 https://www.jstage.jst.go.jp/article/nl2008jsce/43/161/43_65/_pdf/-char/ja
    ・Dクリニック東京メンズ https://kounenki.menshealth-tokyo.com/
    ・北村クリニック https://kitamura-health.com/
  • はてなブックマークに追加

RECOMMEND

-AD-


SNSフォロー

YouTubeライブセミナー開催

ダンテス人気記事