年末年始太り解消のために「空腹を抑えるコツ」

2021/01/26 ダイエット痩身

モテる体をつくる20210120/写真③

コロナ自粛もあり、「年末年始太り」をした人が急増しているようです。「年末年始太り解消のダイエット方法」について調べると、「食事制限」が87%と最多で、「筋トレ」の43%や「有酸素運動」の36%を大きく上回りました。



食事制限が本末転倒に

ただ、食事制限について詳しく見ると、「空腹をつらく感じたことがある」と答えた人が91%で、「食欲が我慢できなかったことがある」は95%、「反動でドカ食いをしたことがある」が84%と本末転倒な結果になった人も多くいました。

そこで今回は、空腹を抑えられるコツを紹介したいと思います。まず、お腹が空いているなと感じた時、お腹の中では脂肪が燃焼していると思ってみてください。ここで、我慢せずにエネルギーを摂取してしまうと、いつまでたっても痩せていきません。

空腹を抑えるコツとは

空腹感を紛らわす際は、いま感じている空腹感が本当なのかをまずは見極めること。おいしそうなものを目にすると、お腹が空いたような感じがして食べたくなりますよね。実はこれ、本当の空腹感ではなく、視覚や嗅覚が刺激されて起こる感覚的な食欲なのです。

 身近にお菓子などがあると、つい食べたくなるので、デスク周りや家の中にはできるだけ置かないようにしましょう。また、歯磨きや、食べ物をしっかり噛む行為も、心理的作用や満腹中枢への刺激になり有効的です。

 さらに、軽い運動をして空腹感を紛らわすのもおすすめです。運動することでアドレナリンという神経伝達物質が分泌され、肝臓に蓄えられたブドウ糖を使って血液中の糖を補い、空腹感に「待った」をかけてくれます。

年末年始太り解消「ドロップ サイド ランジ」のやり方

 いかがですか? ちょっとした工夫で空腹は抑えることができるのです。

 それでは、「年末年始太り解消編」2つめの「ドロップ サイド ランジ」を始めます。

 まずは、立ち姿で足幅を広く開きます。

モテる体をつくる20210120/写真①

次に、片足を大きく前方に上げます。

モテる体をつくる20210120/写真②

そこから四股を踏むように、上げた側の脚に体重をかけながらしゃがみ込みます。その際、逆脚はしっかり伸ばして内転筋のストレッチをしましょう。

モテる体をつくる20210120/写真③

この時、曲げた膝がつま先よりも前に出たり、曲げた足のかかとが浮いたりしないように注意してください。

モテる体をつくる20210120/写真④

そこから、また②の姿勢に戻ります。この動作を左右20回、間に休憩を1分入れて2セットずつ行います。

  • はてなブックマークに追加

この記事のライター

田島 寛規

田島 寛規

Green Room Products 代表取締役。1975年、東京都生まれ。97年、日本体育大学卒業後、整骨院、病院勤務を経て独立。千葉県柏市の「Green Room柏の葉整骨院」を中心に、Green Room 整骨院グループ、トレーニングジム「T-REVO」やデイサービス「せかんどはうす」、東京.渋谷にパーソナルボディサロン「Natural Bone Technique」、北区にフランチャイズの「王子整骨院」などを展開。


RECOMMEND

-AD-


SNSフォロー

YouTubeライブセミナー開催

ダンテス人気記事