チューブを使って胸に筋肉をつけるチェストプレス

2020/04/01 ダイエット痩身
チェストプレス筋トレには様々な方法がありますが、この連載では基本的に自宅で簡単にできるものを紹介します。その方法としては、自重によるトレーニングのほか、アイテムを用いたトレーニングもあります。ここではチューブを用いて胸の筋肉をつけるトレーニングを紹介しましょう。

チューブを使って胸の筋肉をつけるトレーニング「チェストプレス」

筋トレのアイテムといっても、決して高価なものではありません。

自重によるトレーニングは慣れてくると、どうしても刺激が単調になり、飽きてしまったり、トレーニング量に対する効果が落ちてしまう場合があります。そういう時に、アイテムはトレーニング効率を上げ、動きに変化をつけ、気持ちを飽きさせない1つのキッカケになります。筋トレのアイテムはネット通販で様々なものが入手可能ですが、T−REVOホームページからも購入できますので、この機会に準備してください。

今回はチューブを用いた胸のトレーニングのひとつ「チェストプレス」を紹介します。

胸の厚さは「モテる体」の大きなポイント

男性にとって、胸の厚さは「モテる体づくり」の大きなポイントです。胸に筋肉をつけることで、逆三角形の体型や男らしさが増します。女性にとっても、バストの引き上げやサイズアップ効果が期待できます。

チューブを使ったトレーニングの利点として、(1)簡単で安全(2)低コストで始められる(3)場所を取らない㈬踏む位置や支点により強度が調整できる(4)手軽にパンプアップ(負荷を与えて筋肉を膨らませること)ができる−などがあります。ボディビルなどの大会に出る選手たちも、舞台袖でチューブを使ってパンプアップしています。

チェストプレスのやり方

動画にチェストプレス・トレーニングのやり方をまとめています。

非常に分かりやすく解説を行っているので、チューブを使ったトレーニングに興味がある方はぜひ上記の動画をご参考ください。重要なポイントは記事でも写真付きで説明していきます。

やり方は4分ほどで理解できるので、まずは動画をチェックしてみましょう。

チューブの先端を2つ結びにして、長さを調整

では、まずチューブの先端を2つ結びにして長さを短くしましょう。

次に背中にチューブを通し、脇の下あたりに固定します。両足は肩幅に開きます。

チェストプレス背中の様子

壁を押すイメージで2秒かけてチューブを押します。

壁を押すイメージで2秒かけてチューブを押します

3秒かけて元の位置に戻しましょう。

3秒かけて元の位置に戻しましょう

押す時は息を吐きながら。戻すときは息を吸いながら、押す時よりもゆっくりと行うことがポイントです。これを20回ずつ3セット、1分間の休憩を挟みながら行います。

  • はてなブックマークに追加

この記事のライター

田島 寛規

田島 寛規

Green Room Products 代表取締役。1975年、東京都生まれ。97年、日本体育大学卒業後、整骨院、病院勤務を経て独立。千葉県柏市の「Green Room柏の葉整骨院」を中心に、Green Room 整骨院グループ、トレーニングジム「T-REVO」やデイサービス「せかんどはうす」、東京.渋谷にパーソナルボディサロン「Natural Bone Technique」、北区にフランチャイズの「王子整骨院」などを展開。

RECOMMEND

-AD-


SNSフォロー

ダンテス人気記事