オジサンでもモテる!女性に「かわいい」と言われるユニクロの手袋

2021/01/27

モテる男の1万円服装術20210120/ヒートテックカーリーフリースグローブ

「冷えは万病のもと」。その言葉通り、身体をムダに冷やすことは健康リスクそのものです。だからこそ、真冬は手首・足首・首をガードしたいところ。つまり、「3首の露出による」着こなしテクニックは使えませんが、代わりに「女性から反応がよい防寒小物」でのファッションは工夫できます。



男性は手袋のサイズに無頓着すぎる

前回は、室内外でいろいろな役割を果たすネックウォーマーを紹介しました。首の後ろを温めることで体感温度が変わるともいいます。寒さを我慢していると、数年先の健康状態に影響が出るかもしれません。そこで今回は、手先指先の冷えから身を守りつつ、若い女性から「それ、かわいい」と言われる手袋に注目します。

男性の多くは、手袋を選ぶとき、フリーサイズという言葉を鵜呑みにしがちです。季節小物である手袋は、サイズの展開が多くはありません。その結果、手の大きさに対してブカッとした手袋を付けている男性を見かけますが、これは真冬の防寒姿をだらしなく見せる一因です。

百貨店ならサイズのバリエーション豊富

そもそもニット生地や革素材の手袋は、セーターや革靴と同じように使っているうちに伸びるもの。その観点からも、試着の段階でフィットしている手袋を選びましょう。自分のサイズがなかなか見つからない場合、百貨店の紳士手袋売り場を確認してください。百貨店ではバリエーションやサイズを幅広く扱っているからです。ただ、お値段はかさむかもしれません。

安く買うなら「女性もの」が狙い目

そこで私は、女性ものの手袋をチェックしています。男性の手袋は1サイズ展開が多いですが、女性は男性以上に手先の冷えを気にするため、ショップ側もバリエーションやサイズを豊富に取りそろえているからです。黒やグレーといったベーシックカラーでシンプルなデザインならば、女性物であっても違和感はありません。

ここでおすすめなのは、女性が思わず「かわいい」と言いたくなるモコモコした質感のタイプです。写真の手袋はユニクロTOKYO店で見つけました。オンラインショップの在庫は「売り切れ」と表示されていますが、店舗によっては値下げの状態で残っていることがあります。

フィット感ある手袋を選び、モテと健康の両立を目指しましょう。

モテる男の1万円服装術20210120/ヒートテックカーリーフリースグローブ

実は女性物。ユニクロのヒートテックカーリーフリースグローブ(税込み990円)

  • はてなブックマークに追加

この記事のライター

森井 良行

森井 良行

スタイリスト。のべ4500人を超えるビジネスマンの買い物に同行し、現在はおしゃれを学ぶコミュニティ「エレカジ大学」を主催。「日本元気シニア総研」研究委員やAll Aboutメンズファッションガイドを務める。近著は『38歳からのビジネスコーデ図鑑』(日本実業出版社)。


RECOMMEND

-AD-


SNSフォロー

YouTubeライブセミナー開催

ダンテス人気記事