猛暑で「老化」危機、若さを奪う紫外線への4つの対抗方法

50歳からのメンズ美容20200601/紫外線対策2

前回は、清潔感を与えるメンズスキンケアをご紹介しました。今回は、若さの決め手となる紫外線対策についてお伝えします。


「肌老化」原因の8割が紫外線

お肌のシミやシワ、気になりませんか? 年齢のせいだと諦めがちですが、肌老化の原因のうち、80%が光老化(紫外線などの光線)だと分かっています。


つまり、お肌を若く保つには、紫外線対策が有効なのです。


紫外線というと真夏のイメージですが、実は1年中、降り注いでいます。


ところが、1年を通して紫外線対策をしている男性は、わずか7%だという統計があります。これではシミやシワができて当たり前ですね。


でも、逆に言うとチャンスです。他の男性を尻目に対策をすれば、同世代の男性より若く見られるかもしれません。


おすすめの男性向け日焼け止めスプレー


紫外線対策の方法は4つあります。


1つ目は、日焼け止めの使用。しかし、男性は日焼け止めを嫌う傾向にあります。


その理由は、面倒くさい、手が汚れる、ベタベタして気持ち悪い、というものです。


そんな男性にピッタリの日焼け止めが、石澤研究所の「紫外線予報・透明UVスプレー」(Amazonで税込み2035円)。

50歳からのメンズ美容20200601/紫外線対策1


お顔や体にスプレーするだけなので、とにかく楽。汗や皮脂にも強く、屋外での仕事やスポーツなどに最適です。


紫外線から身を守る様々な方法


2つ目はサングラス。紫外線は光の中でもエネルギーが強いため、目が紫外線を受けると、脳はカラダを守るために指令を出します。


その時に発動するのが、シミの元であるメラニン色素なのです。目に刺激を与えないためにサングラス、特に「UVカット加工」と表示されているものを選びましょう。


3つ目は、日傘。近年では「日傘男子」という言葉が生まれるほど、日傘をさす男性が増えています。日傘をさすと体感温度が下がり、涼しく感じるため、「熱中症対策にもよい」と人気があります。


また、日陰に入ることも有効です。通勤途中には、なるべく街路樹の下を歩いたり、信号待ちでビルの影に入れば、直射日光を避けることができます。


4つ目は、肌の露出を防ぐこと。顔だけでなく、カラダも紫外線から守ることが大切です。


夏場でも薄手のカーディガンを羽織るといった工夫をして、お肌を紫外線にさらさないことが大切です。


ちなみに、紫外線の透過率は、色によって違います。白色は紫外線を通しやすく、黒色が通しにくい性質なので、黒っぽい衣服を着るとより効果的です。


紫外線はシミやシワを作るだけでなく、皮膚がんなどの原因になるといわれます。


環境省も、昼間の外出時は紫外線対策を呼びかけています。きちんと紫外線対策をして、美と健康を手に入れてください。

  • はてなブックマークに追加

この記事のライター

木津利香

木津利香

メンズ美容家。1974年生まれ。独自の美容メソッドをもとに2004年から美容家として活動。セミナー実績は200件以上。中高年にも人気の「メンズ美容講座」をYouTubeで配信中。ホームページは『https://www.kizzrica.com/』(「メンズ美容講座」で検索)。

RECOMMEND

-AD-