マスク着用で「おやじ、口が臭い!」と言われないための秘策

2021/08/04 歯科

50歳からのメンズ美容20210301/マスク男性イメージ

今回は、マスク着用時の口臭ケアをご紹介します。

マスクをすると、自分の口臭が気になりませんか? 爽やかな息も美容の分野です。口臭ケアをすれば気分よく過ごすことができ、コミュニケーションにも自信が持てます。

対策は「オーラルケア」が基本となります。オーラルケアとは、むし歯や歯周病を予防するために口内を清潔に保つことです。ケアが不十分な口内は、便の菌濃度より高いことが分かっています。これでは臭うのも当然です。

ケアのポイントは3つあります。

1つ目は歯間ブラシやデンタルフロスを使用すること。

通常の歯磨きだけでは、汚れは6割程度しか落とせないそうです。歯間ブラシなどを使用して、食べカスや歯垢を隅々まで落とせば、口臭予防になります。

細菌の塊である歯垢が固くなって歯石になりますが、それが増えると口臭も悪化し、歯周病へと進んでいきます。50歳以上の8割が歯周病にかかっているといわれますが、重症化すると歯を失う可能性もあるので注意してください。

2つ目は、歯科医院にかかること。痛みがなくても、定期的に歯石の除去や歯周病チェックをしてもらうことが重要です。むし歯を放置しているという人もいますが、むし歯には特有の臭いがあるので、早めに治療しましょう。

3つ目は腸内環境を整えること。便通が悪くなると、本来は排泄されるべき腐敗物質が血液を駆け巡り、口臭や体臭の原因になることが分かっています。野菜や海藻、きのこ類といった「食物繊維」を多く含む食べ物や、ぬか漬けや納豆などの「発酵食品」は便通をよくします。

マスクが日常化した今、口臭対策用のサプリメントも注目されています。

フェヴリナが販売する「ビービーイグジット」(税込み4500円)は、ヒト由来の乳酸菌「クリスパタス菌」のほか、消臭成分として知られる「柿渋エキス」や「緑茶のカテキン」などが配合されたサプリです。

50歳からのメンズ美容20210301/BB EXIT03

ミント味で息が爽やかになるだけでなく、腸内環境にまでアプローチします。一般的な清涼菓子は、一時的に口の中がスッとするだけですが、これは「時間がたっても臭わない」「マスクの中が爽やか」と評判です。噛んで食べるタイプなので、外出先でも手軽に摂取できます。公式サイトで購入できます。

爽やかな息で、マスク生活を気分よく過ごしてください。

  • はてなブックマークに追加

この記事のライター

木津利香

木津利香

メンズ美容家。1974年生まれ。独自の美容メソッドをもとに2004年から美容家として活動。セミナー実績は200件以上。中高年にも人気の「メンズ美容講座」をYouTubeで配信中。ホームページは『https://www.kizzrica.com/』(「メンズ美容講座」で検索)。


RECOMMEND

-AD-


SNSフォロー

ダンテス人気記事