人生で最も大切な「睡眠」とメンズ美容の深い関係

2021/07/26

50歳からのメンズ美容20210215/リフランスパジャマ_メンズ_ストーンブルー (2)

今回は、美容と睡眠の関係についてお伝えします。

「寝不足が続いたら肌荒れした」「吹出物ができた」という経験はありませんか? 最新の研究では、睡眠6時間の日が5日間続いた場合、8時間寝た場合に比べてシワが45%、シミが13%増えることが分かっています。つまり、健やかで若々しい肌をキープするには、十分な睡眠が欠かせないということです。

睡眠は、免疫力とも深く関係しています。睡眠6時間と7時間の人では、風邪にかかる確率が4倍、インフルエンザで2倍違うというデータがあります。6時間未満と9時間以上の睡眠はがんのリスクが上がるというデータも多いため、7〜8時間が目安です。

しっかり寝たいけれど若い頃に比べて眠れなくなったという人も少なくありません。これは40歳ごろから“睡眠の老化”が始まるためです。意識的に、睡眠の質を上げる工夫をすることが大切です。

ポイントは3つあります。

1つ目は、朝日を浴びながらウオーキングすること。朝のうちに15分ぐらい歩くと、幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」が分泌され、前向きな気持ちで1日を過ごすことができます。セロトニンは、睡眠ホルモン「メラトニン」の材料なので、夜はぐっすり眠れるというわけです。

2つ目は、歯磨きは寝る30分前までに済ませること。ブラッシングの歯茎への刺激で、睡眠ホルモンのメラトニンが減少することが分かっています。

3つ目は、寝る直前までスマホやパソコンを見ないこと。ブルーライトの強い光で、睡眠ホルモンのメラトニンが抑制されるほか、電磁波でメラトニンが破壊されるともいわれています。

最近は、着用するだけで安眠や疲労回復できる「リカバリーウエア」が注目されています。HLコーポレーションが販売するパジャマ「リフランス」(税別2万3000円)=写真上=は、シリカやトルマリンなど数種類の天然鉱石を生地に使用。遠赤外線のパワーでカラダを温める、一般医療機器のパジャマです。「着るだけで安眠できる」「疲れが取れる」と評判です。

同シリーズに、快眠アイマスク「スリープマスク」(同4500円)もあります。

50歳からのメンズ美容20210215/スリープマスク

これも一般医療機器で温熱治療作用があり、「パソコンで疲れやすい目が休まる」「血行がよくなって、目の下のクマが薄くなる」と人気です。いずれも、公式サイトや東急ハンズで購入できます。

十分な睡眠をとって、美と健康を手に入れてください。

  • はてなブックマークに追加

この記事のライター

木津利香

木津利香

メンズ美容家。1974年生まれ。独自の美容メソッドをもとに2004年から美容家として活動。セミナー実績は200件以上。中高年にも人気の「メンズ美容講座」をYouTubeで配信中。ホームページは『https://www.kizzrica.com/』(「メンズ美容講座」で検索)。


RECOMMEND

-AD-


SNSフォロー

ダンテス人気記事