夏の男の臭い対策、おじさんの加齢臭を防ぐ方法とは

夏の男の臭い対策、おじさんの加齢臭を防ぐ方法

美容は健康と一体です。今回は加齢臭などのニオイ対策の話ですが、実はニオイも健康と関係しています。

女性の「健康な男性」のニオイを嗅ぎ分けている!?

体臭は自分では気が付きにくいため、まわりに不快感を与えていないかと心配になりますよね。実際、奥様や娘さんから「臭い」と言われた人もいるでしょう。

女性の嗅覚は、男性と比べて約1.5倍鋭いというデータがあります。その鋭い嗅覚で、優秀な遺伝子をもつ「オス」のニオイを嗅ぎ分けているというのは有名な話です。

そんな男性も、40歳頃から加齢臭が始まり50代で本格化します。ところが、まだ若いうちから加齢臭がする場合、生活習慣病が隠れているケースもあるそうです。女性の嗅覚は健康な男性を嗅ぎ分けているのかもしれません。

加齢臭を防ぐお勧めシャンプーは?

加齢臭は俗に「古本屋のニオイ」や「枯草のニオイ」に例えられます。その原因物質はノネナールと特定されており、加齢にともない増加する脂肪酸と過酸化脂質が結びついて発生すると言われています。

根本的な対策は、健康的な生活習慣を身につけることです。過度のお酒や紫外線、ストレス、激しい運動、肉類の食べすぎなどが加齢臭を強めることが分かっています。

注意するのは頭や顔、わき、胸、背中など皮脂腺の多い部分。シャワーで流すだけではニオイは取れません。洗顔料やボディーソープなどでしっかり洗うことが大切です。最近は加齢臭対策用のシャンプー類がドラッグストアで手軽に購入できます。おすすめはロート製薬の「薬用デ・オウ」(税別1000円)。ほかにボディーソープなどもあります。

ロート製薬の「薬用デ・オウ」

また、ニオイは衣類にも染みつきます。下着やシャツは毎日洗濯しますが、ジャケットやコートは案外見落としがち。そんなに汗をかく時期ではないからと油断してはいけません。電車などで隣の男性の上着がクサイということはよくあります。こまめにクリーニングしましょう。

ワキガは美容クリニックで治療を

ワキガや多汗症で悩む男性も少なくありませんが、いまや治療ができる時代です。もしニオイや汗のせいで仕事や恋愛に臆病になっていたなら、美容クリニックで専門医に相談してみてください。。

ところで、若い頃からずっと同じポマードやヘアートニックを使い続けていませんか? 自分にとってはなじみのある香りでも、若い女性には「おじさん臭い」と思われているかも。爽やかな香りがする整髪料としてはギャッツビーの「ヘアジャム」(税別648円)がおすすめ。全部で5種類ありますが、髪を横分けにするなら「タイトニュアンス」という製品がベスト。ドラックストアで購入できます。

ニオイに神経質になる必要はありませんが、対策しておけば対人面で損をすることはありませんよ。

(紹介した製品価格は販売店により異なります)

  • はてなブックマークに追加

この記事のライター

木津利香

木津利香

メンズ美容家。1974年生まれ。独自の美容メソッドをもとに2004年から美容家として活動。セミナー実績は200件以上。中高年にも人気の「メンズ美容講座」をYouTubeで配信中。ホームページは『https://www.kizzrica.com/』(「メンズ美容講座」で検索)。

RECOMMEND

-AD-