ヘルスケア

「男の活力」の源である男性ホルモン(テストステロン)。その減少に伴って生じる中高年男性特有の症状・病気について、原因や兆候、治療法や予防法を専門医と専門家に解説してもらいます。

うつ病の裏にLOH症候群が隠れているかも?テストステロンアップで吹き飛ばそう

ヘルスケア
ヘルスケア

うつ病の裏にLOH症候群が隠れているかも?テストステロンアップで吹き飛ばそう

現代の日本では就労者の3%がうつ、さらに1%の人が休職しているそうです。これだけでも大変な数字ですが、ストレスの強い職種ではもっと多くの人が休職しているのではないでしょうか。

マグネシウム+トレーニングでテストステロンを顕著にアップの研究結果

ヘルスケア
ヘルスケア

マグネシウム+トレーニングでテストステロンを顕著にアップの研究結果

日本人は亜鉛に加えてマグネシウムが不足していると言われています。これは日本人の食習慣が欧米化したことで引き起こされたと考えられています。

ランニングはテストステロンを増やす?減らす?「ほどほどに」走るのが肝心

ヘルスケア
ヘルスケア

ランニングはテストステロンを増やす?減らす?「ほどほどに」走るのが肝心

運動不足の解消や健康維持のため、ランニングを始めようという人のなかには、テストステロンのアップが目的の人もいるかもしれません。テストステロンにとっての大敵は運動不足やストレスです。しかし、ランニングは良いことばかりではありません。走り方によっては、テストステロンが減少してしまう可能性もあります。本記事ではそうした注意点も含め、ランニングとテストステロンの関係について掘り下げていきます。

驚きの研究結果、テストステロン高い人は「ウソがつけない」

ヘルスケア
ヘルスケア

驚きの研究結果、テストステロン高い人は「ウソがつけない」

テストステロンはウソがつけないホルモンと呼ばれています。どういうことなのか、説明しましょう。ドイツのボン大学で行われた研究に興味深いものがあります。91人の若い男性をほぼ半分に分け、ひとつのグループにはテストステロンの塗り薬、もうひとつのグループにはプラセボ薬(偽薬)を塗って実験を行いました。

寝ながらテストステロンアップ!?高強度トレーニング「HIIT」法

ヘルスケア
ヘルスケア

寝ながらテストステロンアップ!?高強度トレーニング「HIIT」法

前回に引き続き「HIIT」(高強度インターバルトレーニング)のメニューを紹介します。今回は寝た姿勢でできる運動です。寝ている姿勢では主に上半身のメニューが多くなります、前回紹介した太腿上げなども組み合わせて、全身を鍛えていきましょう。

テストステロンをアップするための高強度トレーニング「HIIT」

ヘルスケア
ヘルスケア

テストステロンをアップするための高強度トレーニング「HIIT」

今回はHIIT(高強度インターバルトレーニング)のメニューの一例を紹介します。ここでは45秒間に高強度運動を行い、10秒間のインターバルを挟み、すぐに運動を再開、このルーティーンを6〜8回繰り返すHIITを取り上げます。

テストステロンアップに最適な運動法「HIIT」

ヘルスケア
ヘルスケア

テストステロンアップに最適な運動法「HIIT」

中高年男性の活力を左右する男性ホルモン「テストステロン」を増やすのに最適な方法のひとつが「運動」です。筋トレだけでなく、運動全般がテストステロンにとっては非常に良いものです。

新感覚の精力メシ「ラムのキンタマフライ」お味は?

ヘルスケア
ヘルスケア

新感覚の精力メシ「ラムのキンタマフライ」お味は?

公園の木々が紅葉し始めてきましたね。この季節をお腹からも感じようと秋刀魚や栗やカボチャのスイーツをついつい買い求めてしまいます。 そんな食欲の秋にふさわしいのかどうか分かりませんが、ちょっと新しい「食」の情報をお届けします。

水風呂・冷水シャワーでテストステロンが増える?論文をもとに解説

ヘルスケア
ヘルスケア

水風呂・冷水シャワーでテストステロンが増える?論文をもとに解説

冷水浴や温冷交換浴に関する健康法は数多く紹介されていますが、テストステロン分泌にとっては残念ながら効果がないようです。それどころか、テストステロン値はむしろ減ってしまうことが確認されています。それでは、テストステロンにとって好ましい温度はあるのでしょうか。数多く行われている研究の論文をもとにご紹介していきますので、参考にしてみてください。

【実名入り】テストステロン減少で体力・気力低下のときにオススメの漢方薬

ヘルスケア
ヘルスケア

【実名入り】テストステロン減少で体力・気力低下のときにオススメの漢方薬

東洋医学では、中高年男性に元気がなくなる現象を「腎虚」と呼んでいます。この腎虚に東洋医学がどのように対応しているのか紹介しましょう。 風邪やインフルエンザなどで数日寝込んで体力が衰えているときに、「力をつけよう!」と、いきなりステーキなどを食べる人はあまりいないでしょう。

活力アップへ「ネギ食」のススメ テストステロン増加にも期待

ヘルスケア
ヘルスケア

活力アップへ「ネギ食」のススメ テストステロン増加にも期待

鍋のシーズンが到来すると、よく見かけるのが白菜。そして、次ぐ人気を誇っているのが「長ネギ」。このほか、ニラも主役級の具材になります。この「ネギ」と「ニラ」ですが、同じネギ類というほかにも共通点があります。それは、テストステロンの分泌にとって効果的な働きを持っていることです。

「ハーブを楽しみながら生活に活力を」テストステロンを増やすハーブもある?

ヘルスケア
ヘルスケア

「ハーブを楽しみながら生活に活力を」テストステロンを増やすハーブもある?

テストステロンを増やしたいと願う人にとっても、ハーブは有益なことをもたらす存在になってくれるのでしょうか。本記事では、ハーブとテストステロンの関係について紹介していきますので、参考にしてみてください。

驚愕!ストレス抱えた妊婦の男子はEDや鬱の可能性高い

ヘルスケア
ヘルスケア

驚愕!ストレス抱えた妊婦の男子はEDや鬱の可能性高い

過度な緊張や精神的ストレスはテストステロン生成の大敵です。 男性の場合、テストステロンは主に精巣で作られますが、精巣に「作れ」と命令するのは脳の下垂体です。下垂体の上に視床下部という器官があります。これは感情や知覚など、さまざまな情報が集まってくる脳の中でも非常に重要な器官です。

果物でテストステロンを効果的に増やす!調理いらず、すぐにでも実践できる

ヘルスケア
ヘルスケア

果物でテストステロンを効果的に増やす!調理いらず、すぐにでも実践できる

テストステロンの働きについての認識が広まった昨今、分泌を促すための食生活にも注目が集まっています。テストステロンの分泌にとって効果的な果物は意外と多くある一方で、食べると逆効果のフルーツも存在します。そこで本記事では、テストステロンと果物の関係について紹介していきます。

テストステロン量はストレスに影響されるって本当?

ヘルスケア
ヘルスケア

テストステロン量はストレスに影響されるって本当?

テストステロンの分泌を増やすため、良かれと思ってしているその生活は、かえってテストステロン分泌を妨げている可能性があります。本記事では、性ホルモンであるテストステロンがなぜストレスの影響を受けるのか、日ごろから注意すべき点は何かについてご紹介します。

テストステロン最強の戦国武将たちが茶の湯にハマったワケ

ヘルスケア
ヘルスケア

テストステロン最強の戦国武将たちが茶の湯にハマったワケ

前回も解説しましたが、テストステロンは狩猟や縄張り争いをつかさどるホルモンです。日本における「縄張り争い」で有名なのは戦国時代です。その中でも織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の3人は戦国武将の代表格。彼らのテストステロンがものすごく高かったことは、その言動や縄張り意識の高さからも推測できます。

【真相究明】テストステロンは「家庭」と「子供」で低下するのか

ヘルスケア
ヘルスケア

【真相究明】テストステロンは「家庭」と「子供」で低下するのか

男性の活力源のひとつであるテストステロンは、女性がいるコミュニティに参加したり、女性と何らかの形でふれあうことで上がるということを前々回に紹介しました。テストステロンは代表的な男性ホルモンだけあって、女性の存在から大きな影響を受けます。しかし、女性が関わる場でもテストステロンが下がってしまう以下のようなケースもあります。

米国人はもうやっている!テストステロン補充療法の本当の効果とは?

ヘルスケア
ヘルスケア

米国人はもうやっている!テストステロン補充療法の本当の効果とは?

男性にとってテストステロンがいかに大事か、日常生活の中でどのようにテストステロン値を自力で上げていくかを考えるのが当欄のテーマですが、今回は医療としての男性ホルモン(テストステロン)補充療法について紹介しましょう。

テストステロンにも効果あり?「栄養の宝庫」ローヤルゼリーの働きとは

ヘルスケア
ヘルスケア

テストステロンにも効果あり?「栄養の宝庫」ローヤルゼリーの働きとは

ローヤルゼリーには数多くの健康増進効果があると報告されていますが、実はテストステロンの分泌にも無関係ではないというのです。美容効果も抜群といわれるローヤルゼリーですが、男性にも有用なのでしょうか。

ヴィーガン男子はテストステロン値が高い?肉を食べなくても男らしく

ヘルスケア
ヘルスケア

ヴィーガン男子はテストステロン値が高い?肉を食べなくても男らしく

テストステロンを増やすためには菜食がいいような感じがしますが、一方で「肉食=男らしい」というイメージも根強いですよね。肉食と菜食を比べた場合、テストステロン値が高いのはいったいどちらなのでしょうか。そこで本記事では海外で発表されている研究結果などを交えて紹介していきます。