ヘルスケア

「男の活力」の源である男性ホルモン(テストステロン)。その減少に伴って生じる中高年男性特有の症状・病気について、原因や兆候、治療法や予防法を専門医と専門家に解説してもらいます。

テストステロンを増やしたい!コンビニの食べ物ならなにを選ぶべき?

ヘルスケア
ヘルスケア

テストステロンを増やしたい!コンビニの食べ物ならなにを選ぶべき?

「テストステロンを増やしたいけど、いつもランチはコンビニ食だし……」とお悩みの人も多いのではないでしょうか。実は、どの栄養・食材が必要なのかさえ把握すればコンビニランチでもテストステロンを増やす食事にできます。この記事では、テストステロンを増やすために有効な栄養・食品と、昼食の置き換え例をご紹介します。

日本人におけるテストステロンの日内変動について

ヘルスケア
ヘルスケア

日本人におけるテストステロンの日内変動について

テストステロンの分泌にリズムがあることをご存じでしょうか?テストステロンの分泌リズムを知ることで、分泌が低下している場合の対策が可能なこともあります。今回はテストステロンの日内変動と対策についてご紹介します。

テストステロンとお酒(アルコール)の関係は?

ヘルスケア
ヘルスケア

テストステロンとお酒(アルコール)の関係は?

「飲酒はテストステロンを減らす」「飲酒はテストステロンの分泌に効果的」。正反対にも聞こえる情報を耳にして、混乱してしまう人もいるのではないでしょうか。そこで、本記事では「お酒とテストステロンの関係」「テストステロンの分泌に影響しない酒量」について、論文や公的機関の見解をもとに紹介します。

テストステロンが増えるウォーキング術-外出不足の今こそ歩こう

ヘルスケア
ヘルスケア

テストステロンが増えるウォーキング術-外出不足の今こそ歩こう

コロナ禍によって働き方やライフスタイルは大きく変わり、リモートワークや巣ごもり生活も定着しました。運動量が減り、外出しないことによるストレスも加わって、知らず知らずのうちにテストステロンが減りやすい環境になっているとも言えるでしょう。そこで本記事では、「テストステロンを増やす」ことにも着目して、ウォーキングによる健康効果について掘り下げていきます。

テストステロンとフェロモンはどう関係しているのか?

ヘルスケア
ヘルスケア

テストステロンとフェロモンはどう関係しているのか?

1959年にカールソンとブテナントという学者がラテン語の「pherein(運ぶ)」と「hormao(刺激する)」を合わせた「pheromone(刺激を運ぶもの)」という語を作り出しました。

1年の目標を完遂できる「SMARTの法則」とは?

ヘルスケア
ヘルスケア

1年の目標を完遂できる「SMARTの法則」とは?

この時期には新年の目標を立てる人が多いと思います。テストステロンは「狩猟のホルモン」ですが、狩猟時代の「獲物」を現代のビジネスシーンに置き換えると、「仕事や私生活における目標」でしょう。実際、目標の立て方や達成に向けた行動は、テストステロンにも大きく影響を与えます。 目標設定にはコツがあります。ここでは5つの切り口で目標を設定する「SMARTの法則」を紹介します。

新年から始めたい「16時間ファスティング」のススメ

ヘルスケア
ヘルスケア

新年から始めたい「16時間ファスティング」のススメ

腸内の多様な善玉菌の種類と数を増やし、悪玉菌を減らす「腸活」はテストステロン値を向上させるのにも有効です。腸内環境を整える方法としては「ファスティング」がお勧めです。

男性にとって最も大切な「睾丸」を元気に保つ方法

ヘルスケア
ヘルスケア

男性にとって最も大切な「睾丸」を元気に保つ方法

睾丸は副腎という臓器から指令を受けてテストステロンと精子を作ります。この睾丸が正常に働くことが男性にとって大切であることは言うまでもありません。

ザクロジュースはテストステロンに影響があるのか?

ヘルスケア
ヘルスケア

ザクロジュースはテストステロンに影響があるのか?

ザクロジュースを飲むと、テストステロンに良い効果があるという話を聞いたことはありますか?本記事では各種論文を参考に、ザクロジュース効果をまとめました。ザクロジュースには素晴らしい効果がたくさんあります。ザクロジュースとテストステロンの関係性を把握して、あなたの生活に役立ててみてください。

テストステロンを上げるため、「良質な睡眠」をとる方法

ヘルスケア
ヘルスケア

テストステロンを上げるため、「良質な睡眠」をとる方法

テストステロンは夜寝ている間に作られ、翌日の活動に備えられます。そのため、良質な睡眠がテストステロンアップには大変重要です。 良質な睡眠のポイントは、(1)寝つきが良いこと(2)深い眠りであること(3)スッキリと目覚められることです。質の良い睡眠を手に入れるにはいくつかのコツがあります。

遅咲きの偉人たちは、やっぱりテストステロンが高かった!

ヘルスケア
ヘルスケア

遅咲きの偉人たちは、やっぱりテストステロンが高かった!

「冒険」や「狩猟」、そして「社会性」のホルモンであるテストステロンは、特に起業家や経営者には必須のホルモンです。男性は20代をピークに徐々に低下していく傾向にありますが、実際、著名経営者の多くは20代で起業しています。  一方で、年齢を重ねてから起業し、成功を収めた人も多く存在します。今回はそんな“遅咲き”の起業家のテストステロンについて考えてみます。

季節性うつの原因はビタミンD不足!補う美味料理とは?

ヘルスケア
ヘルスケア

季節性うつの原因はビタミンD不足!補う美味料理とは?

季節性鬱の詳しい原因は分かっていませんが、主に日照時間不足と考えられています。日照が減ると脳内のセロトニン分泌が減り、やる気が低下してしまうという理論です。実際、季節性鬱になりやすい人として、若い女性や高緯度に住む人が挙げられます。

テストステロンが高く生殖能力がずば抜けている有名人や歴史上の人物

ヘルスケア
ヘルスケア

テストステロンが高く生殖能力がずば抜けている有名人や歴史上の人物

医療分野に目を向けると、男性機能を維持向上するテストステロンを上げることが生殖能力を高め、少子化を改善する一助になるとも考えられます。そこで今回は、テストステロンが高く生殖能力がずば抜けていると思われる著名人や歴史上の偉人を、エピソードとともに紹介します。

「悪口」で憂さ晴らし、ドーパミン放出は危険!

ヘルスケア
ヘルスケア

「悪口」で憂さ晴らし、ドーパミン放出は危険!

報酬系の働きによる快楽を手軽に得られる方法もあります。ギャンブルやアルコール、過食、買い物などが代表的ですが、実は他人の悪口を言うことでも報酬系ホルモンの「ドーパミン」が放出されます。

発見!テストステロン、男性ホルモンは腸内細菌をも変える

ヘルスケア
ヘルスケア

発見!テストステロン、男性ホルモンは腸内細菌をも変える

実は腸内細菌はテストステロンにも関連があることが分かってきています。順天堂大学大学院医学研究科泌尿器外科学と慶應義塾大学先端生命科学研究所の共同研究で、前立腺がんの治療で男性ホルモンをブロックした男性の腸内細菌は種類が変わり、多様性が失われていることがわかりました。

テストステロンをアップする「睡眠法」

ヘルスケア
ヘルスケア

テストステロンをアップする「睡眠法」

良質な睡眠をとることがテストステロンアップには大変重要です。 良質な睡眠のポイントは、寝つきが良いこと、深い眠りであること、スッキリと目覚められること—の3つです。そうした質の良い睡眠を手に入れるには、いくつかのコツがあります。

男女の褒め方には違いアリ!効果的な褒め方を伝授

ヘルスケア
ヘルスケア

男女の褒め方には違いアリ!効果的な褒め方を伝授

褒め方には男女別に少し違いがあります。男性は、「君が一番!」「すごい!」「それは知らなかった!」など、他人より優れていることを褒められると喜びます。「ナンバーワン」であることを伝えてあげるのです。

テストステロンとEDの「深い関係」

ヘルスケア
ヘルスケア

テストステロンとEDの「深い関係」

EDは英語でErectile Dysfunctionの略で勃起機能の低下を意味します。症状の定義としては、満足な性交為を行うのに十分な勃起が得られない、または維持できない状態が持続または再発する症状を指します。

男性更年期障害に対する「意識の低さ」が浮き彫りに

ヘルスケア
ヘルスケア

男性更年期障害に対する「意識の低さ」が浮き彫りに

2022年3月、厚生労働省は「更年期症状・障害に関する意識調査」を発表しました。調査の目的は更年期における健康課題や疾患の予防・健康づくりを支援するためで、更年期症状の実態やリテラシー、受診状況や日常生活への影響、支援ニーズなどについて調査しました。

「男の声」高低がテストステロンや生殖能力と関係!?

ヘルスケア
ヘルスケア

「男の声」高低がテストステロンや生殖能力と関係!?

男性が身なりに無頓着になるのは、テストステロン低下のサインかもしれません。テストステロンは男性のさまざまな生活の場面に影響しています。今回は男性の外見についてのお話です。