育毛メソセラピーとは?どんな治療?効果はある?

2020/10/16 自毛植毛
育毛メソセラピーとは

育毛メソセラピーをご存じでしょうか?

薄毛を気にされている人は、クリニックのホームページなどで目にしたことがあるのではないでしょうか。


育毛メソセラピーは最近注目を集めている治療方法で、専門クリニックでしか受けられない新しい薄毛治療法です。


本記事では、育毛メソセラピーとはどんな治療法なのか、気になる効果と副作用も合わせて詳しく解説していきます。

育毛メソセラピーとはどんな治療?


育毛メソセラピーとは、体内にあるタンパク質のグロースファクターという成長因子の生成を促進させる成分を、注射器やダーマローラー針、炭酸ガスレーザーなどを使って直接頭皮に入れていく治療法です。


使用する成分や方法はクリニックによって異なりますが、有効成分を頭皮に注入し、補完する内容は変わりません。


細胞間を広げて、そこに発毛の有効成分を注入することで、頭皮の奥深く、深層部にまで有効成分を浸透させることができ、薄毛改善の効果がより実感できるようになります。


注射を頭皮にする治療だと痛みに関して不安になる人もいますが、注射器やダーマローラーの針の太さは0.5mm~2.0mmほどです。


そのため、実際の痛みはほとんど感じることはありません。頭皮へのダメージもなく、治療時間は数分から数十分程度です。


育毛メソセラピーの最大の特徴は、男性の薄毛の原因であるAGAだけでなく、女性の薄毛の原因である「びまん性脱毛症」にも効果が期待できることです。


女性は、ミノキシジルやプロぺシアといった薄毛に効果がある外用薬や内用薬を使うことができず、これまでは育毛剤の使用が主な治療法でした。


しかし、育毛メソセラピーは女性の薄毛にも効果が見込めることから、男性だけでなく女性の来院者がとても増えています。


日本だけでなく全世界で注目を集めている薄毛治療で、安全性にも期待できます。


育毛メソセラピーで注入する有効成分は大きく分けて3種類です。 

成長因子

まずは、前述した成長因子。


これは、細胞や分化を促すタンパク質の一種で、髪の毛を作り出すための機能を取り戻す効果が期待できます。


育毛メソセラピーだけでなく、女性のお肌の若返りも助ける効果があると注目を集めている成分です。


脱毛抑制剤や発毛剤

ミノキシジルやフィナステリドなどを混ぜてオリジナルの薬液を作っているクリニックもあります。


外用薬や内服薬で薄毛治療をしていくことと同じ作用を持っている成分を直接注入していきます。


そのため、外用薬として頭皮につけるだけよりも効果が上がります。


髪が生えるために必要な栄養素


抜け毛の原因はAGAだけでなく、普段の生活習慣の乱れや食生活の乱れによっても起こることがあります。


そのため、頭皮や髪を健康にするために必要な栄養素の「亜鉛」「ビタミン」「ミネラル」などが配合された有効成分を頭皮に入れて栄養を補完します。


育毛メソセラピーの効果は?

育毛メソセラピーは、どのくらい抜け毛や薄毛に有効なのでしょうか?


育毛メソセラピーは外用薬のように頭皮の外側から染み込ませるのではなく、注射器などで直接頭皮に栄養を送り込むので、内服薬や外用薬よりも早期に効果が実感でできている人が多いようです。


医療機関で公表されているデータでも、内服薬だけで治療したときよりも数倍の薄毛改善効果や発毛効果があることが分かっています


薄毛が気になっている人は、一刻も早く治したいと思っているでしょう。

そういう人はこれらを併用することで、短期間で効果を実感できるうれしい薄毛治療法といえます。しかし、中には育毛メソセラピーの治療を受けたけど、効果がないという人がいるのも事実です。


実際、育毛メソセラピーの治療を受けた人全員が100%の効果を得られるわけではありません。

育毛メソセラピーは、継続しなければ効果は約半年ほどで元通りになってしまうことがあります。1回だけでも髪が多くなったかな?という感じは得られますが、これは永久的なものではありません。


そのままずっと持続してくれればうれしいですが、実際のところ効果は徐々に薄れていってしまうのです。


そのため、定期的に治療を受ける必要があるといえます。また、AGAが進行している人は、育毛メソセラピーをしても徐々に薄毛が悪化してきてしまいます。


AGAを専門にしているクリニックでは、この治療と併用して内服薬を処方しているところが多いでしょう。


プロペシアやミノキシジルを併用することで、AGAの進行を遅らせることができます。


内服薬や外用薬ミノキシジルの効能については【自毛植毛とプロペシア、併用はできるの?効果はどうなの?】ページに詳しくまとめております。


そうしなければ一時的に抜け毛が減り、髪が増えたと感じても、AGAが進行して元の薄毛に戻ってしまうからです。

育毛メソセラピーは早めに効果を実感できますが、1回やったからといって、フサフサになり、永久的に効果が持続していくわけではないことを覚えておいてください。


育毛メソセラピーの治療費は?

育毛メソセラピーの治療費

育毛メソセラピーの値段は、クリニックによって多少の差があります。


1回2万~10万円前後です。

効果が実感できる分、決して安い値段設定ではありません。ホームページに記載されている値段は、1回分の場合と6~12回のコースの値段設定になっていることが多くあります。


また、カウンセリング料がかかるところや、事前検査、頭皮の状態などを確認するためにスコープで検査をするところもあり、これらの料金がかかるクリニックもあります。


育毛メソセラピーが安くてもトータルで考えたら高くなることも考えられますので、しっかりとチェックしてから予約をとるようにしてください。


値段だけを見るのではなく、注入方法が注射器、ダーマローラー針、炭酸ガスレーザーのどの方法なのか、実際注入する成分が何になるのかもしっかりと確認しましょう。


育毛メソセラピーの副作用は?

育毛メソセラピーは、ダウンタイム(肌が元の状態に戻る期間の長さ)や副作用が他の薄毛治療よりも比較的少ないといえます。


ただし、一切ないわけではありません。

稀ではありますが、下記の副作用が確認されています。


注入した部分から出血してしまう

有効成分を注入した部分が出血してしまうことがあります。


そのため、治療をした当日は、激しい運動やアルコールの摂取、湯船に浸かる、サウナに行くなどの血行が良くなることは避けましょう。


また、シャンプーの際に傷がついてさらに出血が悪化してしまうことがありますので、当日はシャンプーも控えましょう。


頭皮のかゆみや腫れ

育毛メソセラピーの治療後に、稀に腫れやかゆみがあらわれる場合があります。


細かい針で有効成分を注入するので、お肌の敏感な人は、一時的に腫れやかゆみを感じることがあります。

多くは数日でおさまりますが、数日間続く場合は放置せず、治療したクリニックに相談するようにしましょう。


個人の判断で薬を使うことは避けましょう。


立ちくらみ、むくみ、動悸、息切れ

これらは、ミノキシジルを育毛メソセラピーに使用した場合に起こる副作用です。


ミノキシジルは、もともと高血圧の治療として開発された薬のため、副作用として立ちくらみ、息切れ、動機などがあらわれる場合があります。


効果が実感できる分、直接ミノキシジルを注入していくので副作用があらわれることがあるのです。

また、ミノキシジルは頭皮の血行を良くさせる作用があるため、かゆみが出たりかぶれたりすることがあります。


注入成分にミノキシジルを使用してこれらの症状があらわれたら医師に相談しましょう。


副作用を理解して育毛メソセラピーを選択しよう

育毛メソセラピーは、外用薬や内服薬だけで改善させるよりも、薄毛改善の効果が得られる施術です。


ダウンタイムや副作用が稀にあらわれることはありますが、基本的には他の治療に比べて少ないといえます。

早く髪の毛を増やしたい、だけど副作用が怖い、誰にも気づかれずに薄毛改善したい人にはとてもおすすめの治療方法です。

AGA専門クリニックや、美容クリニックでも施術を受けることができますので、興味のある人はぜひ調べてみてください。

  • 参考文献
    ・AGAスキンクリニック https://www.agaskin.net/
    ・クリカク https://www.prestospace.org/
  • はてなブックマークに追加

RECOMMEND

-AD-