自毛植毛の料金は?維持費は?メンテナンスの必要性なども解説

2021/07/19 自毛植毛

自毛植毛の料金は?維持費は?メンテナンスの必要性なども解説

自毛植毛を検討する際、気になるのは費用。施術費のほかに維持費は必要なのか、かかるとしたらどの程度なのでしょうか? 

また、維持費やメンテナンスが必要になる人工毛植毛との料金差や、将来的な金銭的負担がどれくらいになるのかも気になるでしょう。

施術費は、自毛植毛は人工毛植毛の2倍かかると言われていますが、維持費も含めた負担はどうなのでしょうか。

本記事では、自毛植毛の料金はどのくらいなのか、維持費の合計金額について紹介します。

自毛植毛の料金と人工毛植毛との違いは?

自毛植毛の施術料金は人工毛植毛のおよそ2倍と言われています。

人工毛植毛の場合、移植するための毛髪を確保する施術がないので、自毛植毛と比べて費用は少なくなります。ただ、施術以外にかかる費用もあるので、その分も含めた値段を確認する必要があります。

自毛植毛と人工毛植毛の費用の違い

自毛植毛の料金相場は、30万〜77万円とされています。一方、人工毛植毛の料金相場は26万〜39万円です。

料金は、どのくらいの本数を植毛するのか、どの部位に植毛するのかによって大幅に変わります。相場以上に高くなることもありますし、後々のメンテナンスも含めた総額のことを考えれば、人工毛植毛の方が高くなる可能性もあります。

また、施術料金はクリニックによって違うため、クリニックがどの程度の植毛をしてくれるのかを把握しておく必要があります。施術後も納得できる髪型にするには、自分に合った自毛植毛を行ってくれるクリニックを選びましょう。

自毛植毛は男女ともに受けられますが、施術費は男性の方が高額になることが多いようです。女性は男性ほど抜け毛が多くなく、一方男性は薄毛部分に広く植毛するケースが多いため、値段も当然変わってくるというわけです。

施術以外にかかる費用

自毛植毛では施術料金以外にかかる費用があります。

まず、施術前後の診察費や血液検査、処方せん代といった費用がかかります。診察費は診察内容によって変わりますが、3000円から5000円が多いようです。

血液検査には1万円程度かかることもあります。自毛植毛の料金に加えて、こうした費用がかかることも知っておきましょう。

自毛植毛の費用を抑えるには?

自毛植毛の費用を少しでも抑える方法はあるのでしょうか。

節約したい人は、無料頭髪診断や無料カウンセリングが受けられるAGA専門クリニックの受診がおすすめです。

無料でカウンセリング等を受けることによって、自毛植毛の費用がわかるだけでなくクリニック比較検討材料も集められます。

他にもモニターとして施術を受ける方法【モニター募集している自毛植毛クリニックとその割引率をご紹介】や海外で施術を受ける方法もあります。海外の中では韓国【自毛植毛を韓国で受ける人が多い理由とは?】が人気です。

自毛植毛後の維持費とメンテナンスは必要性について

自毛植毛後の維持費とメンテナンスは必要性について

自毛植毛後の維持費やメンテナンスの必要性も気になりますよね。高額な費用をかけて自毛植毛した後で、さらに維持費も必要なら、その出費も準備しておかねばなりません。

自毛植毛は基本的に維持費はかからない

結論から言うと、自毛植毛で髪が定着すればメンテナンスも維持費も不要です。

フサフサな後頭部や側頭部の毛髪を薄毛部分に毛包ごと移植するため、定着さえすれば髪が生え変わる性質も維持されます。気になる薄毛部分に自毛植毛をすることで再び髪が生えてくるようになれば、再度自毛植毛を行う必要もありません。

一方、人工毛植毛はメンテナンスが必要です。維持費もずっとかかります。人工の毛を植毛するため、いずれは抜け落ちてしまうのが最大のデメリットになります。

自毛植毛は最初こそ料金が高いと感じるかもしれませんが、人工毛植毛と比較するとメンテナンスが不要なことが期待される分、維持費も含めた総額で考えると自毛植毛の方が費用を抑えられそうです。

人工毛植毛の維持費は?

人工毛植毛の維持費には自毛植毛の88割程度がかかるとも言われますされているため、。長い目で見れば自毛植毛の方が圧倒的にお得だと言えるでしょう。

実際、植毛した人工毛は徐々に抜け落ちるため、その都度つど植毛するのもは大変です。

抜け落ちてしまった部分にもう一度、人工毛を植毛する場合、植毛する本数によって費用がは変わりますが、1本あたりの料金は基本的に最初に施術を行った時と同じです。

人工毛は半年から11年ほどで88割が抜け落ちてしまうと言われているため、維持費も相当かかりそうでするでしょう。

まとめ

薄毛をチェックする男性

自毛植毛と人工毛植毛は決定的な違いがあります。自分の毛を移植して定着させる自毛植毛に対して、人工毛植毛はあくまで人工の毛です。

初期の料金は自毛植毛の方が人工毛植毛よりも高いため、人工毛植毛を検討する人もいるかもしれません。しかし、メンテナンスの必要性や維持費の面から見ると、自毛植毛に大きなメリットがあります。

毛根が定着すれば抜けても生え変わる自毛植毛に対して、人工毛植毛は次第に抜け落ちてしまうため、半永久的に維持費がかかってしまいます。

長い目で見れば自毛植毛の方が費用を抑えられると言えます。

  • 参考文献
    ・アイランドタワークリニック https://www.ilandtower-cl.com/
    ・紀尾井町クリニック https://www.nhtjapan.com/
  • はてなブックマークに追加

RECOMMEND

-AD-


SNSフォロー

ダンテス人気記事