ダンテス記事

テストステロンが減少すると美容面でも大問題

ビューティー
ビューティー

テストステロンが減少すると美容面でも大問題

今回は、「テストステロンと美容」の関係についてお伝えします。 テストステロンは男性ホルモンの代表で、いわゆる「男らしさ」を構成する性ホルモンです。このテストステロンが減少すると、肌や髪のツヤがなくなり、目力も失せて、老いた印象になるそうです。

「セックス」の本当の意味を伝えられなかった私の過去

コミュニケーション
コミュニケーション

「セックス」の本当の意味を伝えられなかった私の過去

「性欲」は、人間の3大欲求の一つ。にもかかわらず、表に出しづらいテーマであるが故に、悩みを心の奥深くにしまっている人が多いと思います。特にセックスレスで苦しんでいる方はすごく多いと感じます。

中高年男性がカラフルなユニクロのシャツを着こなすワザ

ファッション
ファッション

中高年男性がカラフルなユニクロのシャツを着こなすワザ

おしゃれな女性は反射的に街ゆく人をチェックしています。その対象は男性にまで及んでいます。久しぶりに出かけた会合で、参加している女性から「そのシャツ色、キレイですね」と声をかけられたらうれしいですよね。感情が動くと「脳からドーパミンが分泌される」と言われます。ほめられるほど若返る、という考え方もできそうです。

あの将棋の第一人者はなぜテストステロンが高いのか?

ヘルスケア
ヘルスケア

あの将棋の第一人者はなぜテストステロンが高いのか?

実は将棋で勝つためにもテストステロンは欠かせないものです。長時間の対局でも集中力を切らさず、勝つために何手も先を読む執着心にはテストステロンが大きく関わっています。今回は伝説的な2人の棋士の名言や逸話から、テストステロンとの関係性を考察します。

大人の男が「つらさ」を打ち明けるための3つの方法とは?

コミュニケーション
コミュニケーション

大人の男が「つらさ」を打ち明けるための3つの方法とは?

「つらいとか苦しいとか、打ち明けづらい…」 こんな気持ちに心当たりはないだろうか? 人はそれぞれ、他人からは想像もつかない意外な「負の感情」を抱えているものだ。その感情を蓄積したままでは、いつか「底なしの連鎖」に見舞われるかもしれない。

薄着でモテる工夫!男の下着はベージュに統一を

ファッション
ファッション

薄着でモテる工夫!男の下着はベージュに統一を

蒸し暑い日が増えてきました。いよいよ夏服の出番ですが、季節に関係なくトップス(=上に着る服)の色でみなさんが必ず持っていると思われる色。それは「白」ではないでしょうか。

女性にモテる「香り」をかもし出すシャンプー

ビューティー
ビューティー

女性にモテる「香り」をかもし出すシャンプー

今回は、「モテる香り」について考えてみましょう。 女性は男性に比べて、嗅覚が約1・5倍鋭いそうです。加齢臭などの体臭をすぐに感じ取りますが、同じように良い香りにも敏感だということです。

「浮気を妻に堂々と告知する」という生き方に賛否両論

コミュニケーション
コミュニケーション

「浮気を妻に堂々と告知する」という生き方に賛否両論

ポリアモリー(複数恋愛)の男性が、妻の了承を得た上で浮気をしているという話を小欄で書いたところ、さまざまなご意見をいただきました。「うらやましい」「人としてあり得ない」「理性が働かない子供のようだ」…。

男性が「俺」らしく生きるため、妻を味方につける方法

コミュニケーション
コミュニケーション

男性が「俺」らしく生きるため、妻を味方につける方法

「俺活する前に家事をやってほしい!」。これは当欄の「俺活連載」スタート直後、女性読者からネット上に書き込まれたコメントだ。このコメントには多数の女性の同意が集まった。「俺活」の成功には、妻やパートナーの理解と協力が不可欠だ。今回は、妻を味方につける「俺活成功術」について紹介したい。

大渋滞への対応、テストステロン量で分かれることが判明

ヘルスケア
ヘルスケア

大渋滞への対応、テストステロン量で分かれることが判明

今年のゴールデンウイークは久々に行動制限がなかったことや晴天だったこともあり、東京都内から郊外に出かけた人たちはかなり多かったようです。そのため、大渋滞に遭遇した人も多いでしょう。その大渋滞と戦った男性2人のエピソードを、テストステロンを切り口に分析してみました。

中高年男性もご用心、紫外線によるシミ・シワ対策法

ビューティー
ビューティー

中高年男性もご用心、紫外線によるシミ・シワ対策法

今回は、紫外線対策についてお伝えします。 ゴルフやスキーなど、スポーツが趣味という人も多いでしょうが、その際に紫外線対策をしていますか? 紫外線は、シミやシワなどの大きな原因になります。若々しい見た目をキープするなら、紫外線対策は不可欠です。

企業を崩壊させる「間違ったSNS対策」とは?

コミュニケーション
コミュニケーション

企業を崩壊させる「間違ったSNS対策」とは?

ツイッター、インスタグラム、ユーチューブなどSNSが幅広い年齢層に浸透してきました。 私の場合、情報収集はツイッター、素敵なカフェを調べるときはインスタグラム、休日の暇つぶしにはユーチューブ、仕事の連絡はフェイスブックなど使い分けています。

馬肉でテストステロンをアップ!絶品の「ローストホース」つくり方

ヘルスケア
ヘルスケア

馬肉でテストステロンをアップ!絶品の「ローストホース」つくり方

テストステロンを上げるための食材の代表格は赤身肉や貝類です。今回は赤身の馬肉をつかった男の料理レシピを紹介します。

自毛植毛、夏に受けても大丈夫?施術効果と季節の関係とは

ビューティー
ビューティー

自毛植毛、夏に受けても大丈夫?施術効果と季節の関係とは

「自毛植毛の施術に適した季節はあるのだろうか」。薄毛に悩み「施術を受けるべきか」「受けるならいつごろがベストか」と検討しているうちに、そんな疑問が思い浮かんだ人もいるかもしれません。暑くなる時期が近づいてくると、多量の汗をかくことによって、自毛植毛に影響を及ぼさないか気になります。そこで本記事では、自毛植毛と季節の関係について紹介します。

おじさんが「昔はよかった」と話すのはいけないことか?

コミュニケーション
コミュニケーション

おじさんが「昔はよかった」と話すのはいけないことか?

「昔はよかった」とため息をつき、今を嘆くだけの人は老いるのが早い。しかし「昔話」のすべてが悪いわけではない。昔話を上手に活用することで、未来を生きる知恵やエネルギーを得ることもできる。今回は「あの頃は良かった」を「未来へのエネルギー」に変える方法を紹介したい。

中高年男性が手軽に「クールで知的にイメージチェンジ」できるメガネ

ビューティー
ビューティー

中高年男性が手軽に「クールで知的にイメージチェンジ」できるメガネ

今回は、イメージチェンジについてお伝えします。 例えば、「優しそうな人」から「クールで知的な男」にイメージチェンジなんて、できるのでしょうか?

ノーネクタイの薄着で個性を出せるイチオシ小物がこれ

ファッション
ファッション

ノーネクタイの薄着で個性を出せるイチオシ小物がこれ

5月からクールビズが始まった職場も多いことでしょう。薄着の着こなしは間延びしやすいため、前回は「細部にデザインがあるシャツを選ぼう」という工夫をお伝えしました。

「男性医学の父」熊本悦明先生を悼む

ヘルスケア
ヘルスケア

「男性医学の父」熊本悦明先生を悼む

札幌医科大学名誉教授で日本メンズヘルス医学会ファウンダー・名誉理事長の熊本悦明氏が5月4日、死去した。92歳だった。東京大学医学部卒の熊本氏は39歳で札幌医科大学泌尿器科学講座教授に就任し、それまで未知だった「男性医学」の分野を開拓。テストステロンについて数多くの研究や著書を発表し、「男性医学の父」と呼ばれた。熊本氏の後を継いでメンズヘルス医学会の理事長を務める順天堂大学の堀江重郎教授が熊本氏の偉大な功績を振り返った。

自分で自分をジジイにしていませんか?

コミュニケーション
コミュニケーション

自分で自分をジジイにしていませんか?

「いつまでも若々しくいたい!」は万人の願い。しかし、無意識の言動で、自らを「ジジイ」に追いやってしまう人がいる。一体どんな言動なのか、紹介しよう。

薄着でもモテること間違いなし!清潔感あふれるサッカー地の白シャツ

ファッション
ファッション

薄着でもモテること間違いなし!清潔感あふれるサッカー地の白シャツ

5月は上旬と下旬での寒暖差が激しく、環境の変化も大きい季節です。下旬になると、早くもクールビズが始める企業も出てきます。